12月にSKE48を卒業する江籠裕奈さんの写真集『限りなく、恋だと思う』から、3種類の裏表紙が公開された。

<通常版 裏表紙>

⇒写真をもっと見る(全6枚)

 メインの通常版の裏表紙に選ばれたのは、“萌え袖”がとってもキュートなカット。頬に手を添えながら覗き込むように向けられる彼女のまっすぐな瞳に思わずドキッとする。

 HMV 限定版は伊豆下田の砂浜で撮影されたもの。薄いブルーの水着の上にシースルーワンピを纏い、光に包まれた彼女の姿はまさに“天使”という名にふさわしい。

 セブンネット版はプールサイドに体を預け、ひと休みする 1 枚が選ばれた。ほっと一息つきながら、不意にあった視線に一気にそれまでの疲れも吹き飛びそうだ。

 秋元康氏はこの写真集について、

「いつの間にか、江籠裕奈の姿を視線が追っていた君は、恋をしたんじゃないかな。始まりがわからないのが、恋なんだ」 

 と、帯コメントを寄せている。

 また、江籠さんも、

「1 冊目の写真集に続き、今回も素敵な帯コメントを頂けてとても嬉しいです。わたしの SKE48 人生を見守って来てくださった全ての方に届けたい一冊です! 」

 と、喜びを語っている。

 アイドルとしての集大成となるこの写真集は「王道アイドルの姿」をイメージの軸にして、グラビアパートでは「卒業旅行」をテーマに撮影が行われた。

 伊豆下田の砂浜での水着姿や温泉旅館でのランジェリーカットなども収録される。また、お気に入りのステージ衣装での撮り下ろしパートや、グループデビューを果たした名古屋国際会議場センチュリーホールでのライブに紐づくパートなど、さまざまな角度から彼女の容姿が収められている。

 SKE48の5期生のメンバーとして11歳で加入し、“天使”と称され愛され続け、2022年にはソロ写真集も発売された。選抜メンバーとしてグループを支えるほか、ソロライブも行うなど、最強アイドルとして約12年の時をかけぬけてきた彼女の集大成を、目に焼き付けてほしい。

◆写真集情報

  • 書名:SKE48・江籠裕奈卒業写真集『限りなく、恋だと思う』
  • 撮影:青山裕企・尾藤能暢
  • 発売日:12月20日(水)
  • 定価:2,800円(税込)
  • 判型:A4
  • 内容:128ページ
  • 特典:初版限定特典 特製ポストカード1枚封入(全6種類)
  • 発行:扶桑社
  • ISBN:978-4-594-09649-6

 

江籠裕奈/撮影:青山裕企(扶桑社刊)

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.