(Sponsored)

2018年1月から放送スタートした、『Fate/EXTRA Last Encore』

その『Fate/EXTRA Last Encore』ですが、アニメの内容が全く理解できない玉藻いないけど何か伏線っぽいの物が張られていて怪しい……など、SNSを始め、ちらほらそういった意見を目にすることが多いと感じます。

果たして本作は、今後どのようなストーリーをたどるのか、気になりますよね!

そこで今回は、セイバー顔でおなじみのメインヒロイン、薔薇の皇帝、ネロ・クラウディウスの性格や衣装、そして、もし彼女がアルトリアと戦ったらなど、彼女のアピールポイントをとことん追求していきます。

(Sponsored)

ネロの魅力、三拍子

『Fate』で数いるサーヴァントの中でも一際目立つのが、ネロ・クラウディウス

身長は150cmで、胸は83cm。ロリ巨乳にギリギリ入りそうなラインがかわいいですよね。

さらに、マスターに懐っこく慕ってくる人懐こさ、一緒に居ると楽しくなれそうな高テンション、最後に我らがローマ! という、三拍子揃いです。

バリエーション豊富な衣装

◆通常衣装

まずは、通常衣装。男装っぽさもあります。肩の膨らみや、腰部分のデザインは高貴な男装らしさがあるものの、そのドレススカートの中身は何ですか!? その胸元は、どう見ても男を誘ってるだろ! と突っ込まずにはいられません。

前側から見ても、男の劣情を煽るというのに、後ろからも・・・。

『Fate』ファンの中には、「ネロさん!? それ見えてますよ!?」って、鼻血出しながら心の中で注意している方もいるハズ!

ま、まあ、この衣装について語りだすと、個人的に暴走してしまうので、少し落ち着きましょう。リラックスです(笑)。

◆ネロ・ブライド

次に、ネロ・ブライド

ネロ・クラウディウス ブライド

画像引用元:Fate ネロ・クラウディウス プレイマット販売元:ムービック

純白の花嫁衣装でございますね、嫁に迎えたいな・・・ボソッ。

首元に付いている、南京錠(?)が魅力的です。

何故かといえば、鍵=拘束。つまり、「余をガッチリロックせよ!!」というニュアンスの装飾なのです。筆者同様、本当に嫁に迎えたくなった『Fate』ファンの方も多いのではないでしょうか?

◆キャスター衣装

お次は、『FGO』初出のキャスター衣装

個人的にガッと心掴まされたのが、ハーフアップの髪型ですね。

ハーフアップって、可愛いにプラスして美しさが追加されるんですよ!

ネロの可愛さと元からある美貌に、ハーフアップ。ネロに「大人っぽさ」という属性が足されるってことです。

私個人の話ですが、ガチャで出なかったのもあって、キャスター・ネロには強い思い入れがあります。

さらにキャスターだと、“深紅の現代衣装”も見られますし、所持している方がとても羨ましいです!

◆体操服

最後は、記憶に新しい体操服ですね。これもまた男の劣情を煽る、学生の青春そのものです!

筆者には、青春なんてなかったなぁ。一度、ネロの脱ぎたて体操服を存分に吸い込みたい……。

大人になってから分かることって多いんですよ。そのひとつが、まさに体操服です。

青春の汗、美しい脚、見える胸の膨らみ、とても魅力的ですね!

もし、ネロとアルトリアが戦ったらどうなる!?

ネロの魅力を語ったところで、ここで本題です。

ネロ・クラウディウスとアルトリア・ペンドラゴン。

真面目に聖杯戦争で戦いあったらどうなるのか?

同じセイバー顔でセイバーですから気になるところです。

『EXTELLA』で、ネロVSアルトリアは出来ますけど、無双系のゲームなので実際の戦闘とは大分違うと思います。

ステータス的には、凛などの魔術師による召喚であればアルトリアが勝利するのではないでしょうか?

アルトリアは士郎じゃなく、凛の場合、ステータスだけなら高水準ですから。

ネロのステータスは、高ランクな部分もありますが、所々で低めなランクになっています。だから、全体的に高めのアルトリアに引けをとりますかね。

 

――このような疑問や妄想を生み出してくれるところも、『Fate』シリーズの面白いところ。

『Fate/EXTRA Last Encore』もそろそろ終盤に差し掛かります。物語終盤のネロの活躍も要チェックです!

Text/フリーマン田中 Edit/水野高輝)

【今この記事も読まれています】

◆CHECK!!

2018年冬アニメ記事


TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』公式サイト
©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事