(Sponsored)

アニメキャラクターまでもバーチャルYoutuberに!

 現在、キズナアイはBSテレビで冠番組を持ったほか、電脳少女シロはテレビ東京の番組「マツコ監禁」に出演した経歴を持つなど、インターネットを超えた活動が注目されるバーチャルYoutuberです。


 非現実のキャラクターという特徴を活かすことが出来るのはバーチャルYoutuberの大きな特徴であり、リアルの人間では表せないであろうキャラクターを演じることができたり、逆に自分自身をバーチャル化させたりと、様々な表現ができます。

 そのおかげか、やはりバーチャルYoutuberはアニメや漫画などのオタク層の人気が高いことが伺えます。

 特にニコニコ動画では、生放送にバーチャルYoutuberを呼んで特別番組を組んだり、「バーチャルYoutuber百ッカソン」と銘打ってニコニコ大百科の充実化を図り、ニコニコ超会議では超バーチャルYouTu”BAR”というイベントでファンとのリアルの交流イベントを企画し、大盛況となりました。

 これも上記のファン層との噛み合いがあったからこそではないかと考えられます。

超バーチャルYouTu”BAR"

 そして実は、アニメ界隈にもバーチャルYoutuberの波がやってきています。

 現在放送中の『ウマ娘 プリティーダービー』では「ぱかチューブっ!」というチャンネルを開設。メインキャラクターの1人(1匹?)のゴールドシップが3Dモデルとなって、アニメの宣伝をしているようでしていない活動を繰り広げています。

ぱかチューブっ!

 また現在アニメ化の話は出ていませんが、ニコニコ静画らから商業漫画化された『ニー子はつらいよ』でも、漫画1巻の発売を祝して主役のニー子が「Vチューバーデビューしてみた」というタイトルでYoutubeに登場。現時点ではまだ下記の動画しか投稿はありませんが、今後は宣伝などもしていくのではないかと予想されます。

【動画引用元】

ニートがVチューバーデビューしてみた

配信元:KADOKAWAanime

バーチャルYouTuberの可能性は無限大!

 このほかにも「ゲーム部プロジェクト」のようにガチゲーマーによるゲーム実況や「.LIVE(ドットライブ)」によるバーチャルアイドルの育成、鳩羽つぐのような都市伝説かのようなキャラクターの登場など、バーチャルYoutuberには様々な可能性を秘めたコンテンツとなってきています。

 従来のYoutuberとは一味違った活動は、まさに動画コンテンツの大きな進歩と言えるでしょう。バーチャルYoutuberの人気はどんどん続いていくものと予想されます。

 また新しいエンターテイメントが生み出されていくのかと思うと、ちょいちょいとバーチャルYoutuberを追っている身としては期待で溢れています! 無限大の可能性を誇るバーチャルYoutuberのこれからを、私はずっと追い続けていきたいと思います!

(Edit&Text/頭皮ぱっしょん)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】


◆参考記事

*1バーチャルYouTuberが3000人を突破 増加ペースも加速  - ねとらぼ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/28/news089.html

*2バーチャルYouTuberキズナアイ、大躍進を語る「“バーチャル”は不利だけど、武器でもある」 - オリコンニュース

https://www.oricon.co.jp/special/50778/

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事