8月上旬、大人気マンガ『チェンソーマン』(「週刊少年ジャンプ」連載中)の発行部数が累計300万部を突破しました。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 そんな『チェンソーマン』ですが、気になるのはアニメ化するのかということではないでしょうか?

 そこで今回は、『チェンソーマン』のアニメ化の可能性について考察していきます。

(Sponsored)

◆単行本の刊行ペースが速い

チェンソーマン かっこいい 画像<画像引用元:https://www.shonenjump.com/j/rensai/chainsaw.html より引用掲載 © SHUEISHA Inc. All rights reserved.>

 『チェンソーマン』は、20193月にコミック1巻が発売されて以来、2ヶ月または3ヶ月に1冊のペースで刊行されています。

 『チェンソーマン』は現在8巻まで刊行。このままの刊行ペースを保てば、年末までに10巻に到達すると推測できます。

 よって、後述する「ジャンプフェスタ2021」でのアニメ発表のタイミングとピッタリ重なります。

 ちなみに、「ジャンプ」で比較的最近アニメ化された『鬼滅の刃』はコミック11巻、『約束のネバーランド』は9巻の時点でアニメ化が発表されました。

(Sponsored)

◆担当編集の意気込み

  『チェンソーマン』の編集担当の林士平(りんしへい)氏は、自身のTwitterで次のように述べています。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

  『ファイアパンチ』は、『チェンソーマン』の藤本タツキ先生の前作です。また、林氏は『青の祓魔師』や『怪物事変』、『この音とまれ!』などのアニメ化された多くの作品に関わっています。

 このことを踏まえると、担当編集の林氏の意気込みがある=アニメ化の可能性が高まる、と考えてもいいのではないでしょうか。

(Sponsored)

◆発表時期はいつ頃?

 ここまでの考察を踏まえると、『チェンソーマン』のアニメ化の可能性は高そうです。

 では気になる発表時期は?

 2020年8月下旬の時点で最も発表の可能性があるのは、2020年冬開催予定の「ジェンプフェスタ2021です。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 なぜなら、例年の「ジャンプフェスタ」では翌年以降アニメ化される「ジャンプ」作品が発表されているからです。

 去年は同イベントで、『呪術廻戦』(「週刊少年ジャンプ」連載中)や、『怪物事変』(「ジャンプスクエア」連載中)などのアニメ化が発表されました。

 したがって、「ジャンプフェスタ2021」で『チェンソーマン』のアニメ化が発表されるのではないでしょうか。

 

 ――「ジャンプ」らしからぬダークな雰囲気でありながら、多くのファンを魅了している『チェンソーマン』。

 果たしてここで述べたように、近いうちに本作のアニメ化発表はあるのか?

 『チェンソーマン』の今後の動きにも注目です!

Text/シモヤマコウキ Edit/ミルキィホームレスのピンク)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事