キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト・BanG Dream!(バンドリ!)のバンド・RAISE A SUILEN(レイズ ア スイレン)が、2020年8月22日(土)に 富士急ハイランド・コニファーフォレストで単独ライブを開催した。

左から倉知玲鳳(Key.パレオ役)、夏芽(Dr.マスキング役)、Raychell(Ba.&Vo.レイヤ役)、紡木吏佐(DJチュチュ役)、小原莉子(Gt.ロック役)

 RAISE A SUILEN(以下、RAS)はRaychell(Ba.&Vo.レイヤ役)、小原莉子(Gt.ロック役)、夏芽(Dr.マスキング役)、倉知玲鳳(Key.パレオ役)、紡木吏佐(DJチュチュ役)の5人で2018年に結成されたガールズバンド。エレクトロニックサウンドとラウドなバンドサウンドが融合した強く鋭い音楽と、激しいステージングで多くのファンを魅了する。

 17時40分。雷鳴も遠く聞こえる屋外ステージに現れた5人は、いきなり「Invincible Fighter」と「A DECLARATION OF ×××」2曲を演奏。今年6月にスマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)』にRASが登場した際のイラスト衣装を身にまとった5人は、圧倒的な音圧でライブとしては「Craziness」以来約半年ぶりにオーディエンスをステージへ出迎える。

 今回は1st Album『ERA』が発売されて初のライブとあって、ライブセットリストも『ERA』をステージ上で再現するといった趣に。

 前半戦はRaychellの歌声とメンバーのコーラスが力強く融合するアルバム新録曲「SOUL SOLDIER」を皮切りに、各メンバーのテクニックが光る「UNSTOPPABLE」「HELL! or HELL?」、劇中でのRASメンバーの結束を思い起こさせる、「Beautiful Birthday」(アニメ「BanG Dream! 3rd Season」#11,13挿入歌)、RAS流のロックバラード「Takin’ my Heart」と畳み掛け、会場のボルテージをこれでもかと高めていく。

 RASは昨年夏に初の単独ライブ「Heaven and Earth」を成功させてから、大型アニソンライブへの参加をはじめ、ロックフェスティバルへの出演、Roselia(ロゼリア)との合同ライブなど常に挑戦を続け、“新しい強さ”を次々と手に入れてきた。今回のステージで5人に見えるのは、さまざまな挑戦を経て得た自分たちのサウンドに対する自信と、優雅ささえ感じさせる立ち居振る舞いだ。中盤から終盤戦には、RASの“新しい強さ”がより発揮されていく。

 カバー楽曲のセットでは「激動」に続いて、初披露の「恋しさと せつなさと 心強さと」とライブでは2回目の「DEPARTURES」をプレイ。

 RaychellもこれまでのRASではあえて多く見せてこなかった甘く切ないボーカルで、オーディエンスの心をガッチリと捉える。

 続けてRASは、「ガルパ」でのプレイが待ち遠しいアッパーチューン「!NVADE SHOW!」や、大胆なサビの構成が強いグルーヴを生み出すライブ初披露の新曲「Sacred world」(アニメ『アサルトリリィ BOUQUET』オープニング曲)で新境地を見せつつ、7月に上演された舞台『We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~』の描き下ろし曲「REIGNING」では、RASのこれまでの軌跡をオーバーラップさせたサウンドを思いいっぱいに披露し、会場の雰囲気はついに最高潮に。

 そして最後は満を持してのキラーチューン「EXPOSE ‘Burn out!!!’」「R・I・O・T」でフィニッシュ。アンコールなし。小雨降りしきる中での怒涛のライブセットを会場全員で駆け抜けた。

 「BanG Dream! 8th☆LIVE」夏の野外3DAYSは、新型コロナウイルス感染防止の観点から、客席間でのソーシャルディスタンスの確保や、全曲を通じて声を出してのレスポンスの禁止など、万全の対策が施されている。

 今回オーディエンスがRASへの思いを伝えるために、声援の代わりにライブ中に常に送っていたのは万雷の拍手だった。イントロのコール&レスポンスが特徴的な「DRIVE US CRAZY」でもやはり声を出すことはできなかったが、みんなが力いっぱい手を叩き、ステージ上のメンバーの思いに心で応える。RASの音楽を全力で受け止めるため、何よりこの空間をこれからも全員で守っていくために。

 そんな姿にRaychellが一瞬顔を緩ませ、ふと漏らした「ありがとう。待たせてごめんね」という言葉――RASとオーディエンスとの間に絆がある限り、RASの時代はこれからも力強く続いていくだろう。

(Sponsored)

◆公演概要

「BanG Dream! 8th☆LIVE」夏の野外3DAYS  DAY2:RAISE A SUILEN「THE DEPTHS」

会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト
日程:2020年8月22日(土)
出演:RAISE A SUILEN(Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐)

【セットリスト】
1.Invincible Fighter
2.A DECLARATION OF ×××
3.SOUL SOLDIER
4.UNSTOPPABLE
5.HELL! or HELL? 
6.Beautiful Birthday 
7.Takin’ my Heart
8.激動
9.恋しさと せつなさと 心強さと
10.DEPARTURES
11.DRIVE US CRAZY
12.!NVADE SHOW!
13.Sacred world
14.REIGNING
15.EXPOSE ‘Burn out!!!’
16.R・I・O・T

▼各音楽配信サイトにてプレイリスト配信中

 音楽配信サイトApple Music、LINE MUSIC、 ANiUTa(アニュータ)、Spotifyにて、「BanG Dream! 8th☆LIVE」ライブセットリストをプレイリストにて配信中! ※一部楽曲を除く

DAY2:RAISE A SUILEN「THE DEPTHS」

https://lnk.to/bang8th_thedepthspr

▼動員数報告

 8月22日(土)開催DAY2「THE DEPTHS」では、本会場、ライブ・ビューイング(国内・海外)で、延べ11,597名を動員した。

 内訳は下記の通り。

<DAY2「THE DEPTHS」>

本会場動員数:4,269
ライブ・ビューイング(国内):5,817
ライブ・ビューイング(海外):1,507(台湾、韓国、タイ合計)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

Photo 福岡 諒祠、畑 聡

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事