6月23日(水)グランドシネマサンシャイン 池袋にて、劇場版『BanG Dream! Episode of Roselia Ⅱ : Song I am.』(25日公開)の先行上映会が開催された。

 また、同時に舞台挨拶も実施され、Roseliaメンバー(相羽あいな(湊友希那役) /工藤晴香(氷川紗夜役)/中島由貴(今井リサ役)/櫻川めぐ(宇田川あこ役)/志崎樺音(白金燐子役))と、柿本広大総監督、三村厚史監督が登壇。本映画の見どころや、制作秘話が語られた。

 舞台挨拶は、Roseliaの結成を描いた前作『BanG Dream! Episode of Roselia I:約束』(以下、『約束』)の反響についてという話題から始まり、三村監督は「毎日、エゴサしていて良い反響ばかりでありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。

 また、相羽さんは「北海道に母がいまして、母が劇場へ行った時は、親子連れ、カップル、お一人様といったように、本当にいろいろな方々がいらっしゃっていて感動しておりました」と、地方の劇場の様子について語った。

 そして話題は、今作『Song I am.』の話に移り、登壇者各々の見どころが語られる。

「『約束』の方は、けっこうRoseliaメインで描かれていたんですけど、今回の『Song I am.』は他のバンドのメンバーとも絡んだりもしていて、Roseliaの違った一面が見れるんじゃないかなと思います」と話すのは工藤さん。

 一方、中島さんは、『Song I am.』では、自身の演じる今井リサの成長が大きく感じられたという。また「みんなとの距離感とかも、少しずつ変わっていると思うので、ぜひそこもチェックしていただければなと思っています」と、今作におけるRoseliaメンバーの変化についても注目してほしいと語っていた。

 さらに、柿本総監督は、『約束』がRoseliaだけにフォーカスして彼女たちの内面を描きだそうという感じで作っていたのに対して、『Song I am.』は、一層Roseliaメンバーの内面を表現するために、他のバンドメンバーを登場させたと話す。そして「『約束』が例えばドキュメンタリーだったとしたら、『Song I am.』はライブムービーのように、もっと楽しく観られるように、『約束』との差みたいなところもちょっと意識して観てもらえると楽しめるのかなと思っています」と続けた。

 そして話題はアフレコの話に。

 アフレコはメンバー全員で行われず、相羽さん、工藤さん、中島さんの3人と、櫻川さんと志崎さんの2人に別れて行われたという。また、相羽さんによると、普段のバンドリハーサル等で使用している専門用語をアフレコ時に加えてもらったそうだ。櫻川さんは、アフレコ時に新たに加わった用語は、ナチュラルに劇中でキャラクターが口にし、言われなければどこがその部分なのか分からないと話していた。

 その後、主題歌の話や、『Song I am.』におけるRoseliaの変化した部分についての話になり、Roseliaメンバーの変化について、柿本総監督は「『約束』ではお互いの抱えているものとかをぶつけ合って、Roseliaになっていくのですが、『Song I am.』はRoseliaになった各人のかわいいところだけでなく、意外とポンコツなところとかもメンバーに出せるようになるなど、信頼感が増したなっていう感じが出ていていいよな」と思ったという。

 また、志崎さんは「本当に燐子はすごく内向的だったし、自分の内をさらけ出すっていうのが今まであまりなかったと思うのですけど、今回の『Song I am.』では、『え! そんなこともしちゃうの!?』みたいなことをします」と、自身の演じる燐子の成長が今作の驚いた部分だと語る。

 そして、今作の見どころでもあるライブシーンの制作について柿本総監督は「前回(『約束』)は、CiRCLEというライブハウスで演奏するという感じだったのですが、今回はけっこう大きいところで何度も演奏するので、カメラワークとかを広めにしたり、そういった部分に工夫しました」と話す。

 また、音響については、劇中の会場ごとに5.1chで調整をし、様々な音色を作ったと言う。

 さらに、キャラクターの表情に関して三村監督は「お互い意識しているなって感じに見えるように、カメラのレンズやカメラワークを工夫しました」と語っている。

 そしてイベントは、最後に登壇者が一言メッセージを残し、相羽さんの「エンディング曲の『Singing “OURS”』を聴くだけで、涙がなぜか出てくるというか、ライブを思い出すというか、みんなと過ごしてきた時間を思い出すような、本当にエンディングがフラッシュバックのように出てきてしまって、本当に『バンドリ!』に出会えたこと、友希那に出会えたこと、友希那自身もやはりRoseliaに出会えたということで、それぞれが成長している物語、そしてそれをより感じられる映画になっています。なので、これからもRoseliaを、そして『バンドリ!』を大切にしていきたいと思いますし、この宝物の『Song I am.』をぜひ、たくさんの人に観ていただけたらなと思います」という言葉で締めくくられた。

 劇場版『BanG Dream! Episode of Roselia Ⅱ : Song I am.』は6月25日(金)から公開される。

〈取材・文・撮影 /水野ウバ高輝〉

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

【関連する記事】


©BanG Dream! Project ©BanG Dream! FILM LIVE Project ©bushiroad All Rights Reserved.

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード