<PR>

TVアニメ『アストロノート』

 明日6月16日(金) 日本全国ロードショーの映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』から、約4分の本編映像が公開された。

⇒写真をもっと見る

 この度公開されたのは、先代魔法帝・コンラートが、現魔法帝のユリウスをはじめ、魔法騎士団員のヤミ、ノゼル、フエゴレオンら数十名の団員によって封印された時の、激しいバトルシーン。

 フエゴレオンの炎魔法、ノゼルの水銀魔法など、歴代の魔法騎士団員らが各々の魔法を使って先代魔法帝・コンラートの拘束を試みる激しい戦いが映される。「なぜだ!? なぜ邪魔をするんだユリウス!?」と抵抗するコンラートに対し、ユリウスが「君のしようとしていることが、間違っているからだよ、コンラート」と諭すと、「間違っているのは、お前たちだっ!!」とコンラートは激昂する。

 コンラートは自らの命を削り魔力を増幅させ、魔法騎士団員らの強力な魔法を次々と打破。さらには、クローバー王国の国宝である“帝剣”から光を放つとともに膨大な魔力を放出し、自らの信念を否定する魔法騎士団らの攻撃を一網打尽にしようと剣を振るう。

 たった一人で十数人の魔法騎士団の精鋭と対峙し、圧倒的強さを示すコンラートが余裕の笑みを浮かべると、すかさず背後からユリウスが登場。「君の目指す先に、未来はないからさ」とユリウスは言い放ち、コンラートは拘束される。「諦めないのが、オレのーー」と言い残して封印されたコンラート。悲しげな表情のユリウス、脱力し立ち尽くすヤミやフエゴレオンら魔法騎士団員の姿が映し出され過去の戦闘は幕を閉じる。

 先代魔法帝・コンラートが命をかけてまで思い描いた理想とは――。そして、復活を果たしたコンラートは未来の魔法帝を目指す主人公アスタとどのように関わっていくのか。原作では明かされなかった歴代魔法帝のストーリーへの期待が高まる映像となっている。

 本作は全編の約7割がアクションシーンとなっており、本シーン以外にも迫力の魔法バトルが目白押しなので、ぜひ期待してほしい。

◆舞台挨拶 情報

映画公開を記念して、主人公・アスタ役の梶原岳人さんとマグナ役の室元気さんが登壇する舞台挨拶「マグナ先輩と行く!舞台挨拶任務」の開催が決定!

6月24日(土)に新宿ピカデリー、MOVIXさいたまにて、対決、Twitterからの質問回答、長年の絆を試したりと、各回で2人が舞台挨拶任務を盛り上げる。

■映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』マグナ先輩と行く!舞台挨拶任務

▼登壇者(敬称略)

  • 梶原岳人(アスタ役)
  • 室元気(マグナ役)

▼日時・場所

6月24日(土)

  1. 新宿ピカデリー 12時25分の回 上映後舞台挨拶(任務1 洗礼の儀任務)
  2. 新宿ピカデリー 15時40分の回 上映前舞台挨拶(任務2 10問10答任務)
  3. MOVIXさいたま 16時の回 上映後舞台挨拶(任務3 10問10答任務)
  4. MOVIXさいたま 18時55分の回 上映前舞台挨拶(任務4 絆を示せ任務)

▼チケット購入情報など詳しい情報はこちら

https://bclover-movie.jp/theater/greeting/detail.php?id=1101153&c=media

◆映画情報

映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』(読み:まほうていのけん)

6月16日(金) 日本全国ロードショー、Netflix全世界配信

▼イントロダクション

『週刊少年ジャンプ』連載 心震わす魔法バトルアクション――
原作者・田畠裕基自らが総監修! 原作では明かされなかった「魔法帝」の物語を映画化!

『ブラッククローバー』は、魔法が全ての世界で、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、逆境を超え己の力を証明するため、そして友との誓いを守るため、魔道士の頂点「魔法帝」を目指す、白熱の王道魔法バトルアクション。

制作は『BLEACH 千年血戦篇』『NARUTO -ナルト-』『幽☆遊☆白書』など、『週刊少年ジャンプ』の大ヒットアニメ作品を多数手がけて来たstudioぴえろ。TVシリーズを手掛け、『ブラクロ』の世界を切り拓いてきたスタッフ陣が、満を持して劇場版の制作に臨む。

映画で描かれるのは原作では明かされなかった魔法帝の物語。

アスタたちの前に突如として現れた先代魔法帝コンラート。「帝剣」を手にする彼の目的とは。
先代魔法帝の登場をきっかけに、アスタたちは新たな戦いの渦に巻き込まれる―。

夢へと突き進み、決して諦めない姿が、観る者の心を震わせる。
『ブラッククローバー』の全てがここに!

▼ストーリー

魔法帝を夢見るアスタの前に立ちはだかるのは、歴代魔法帝――
魔法が全て世界で、生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、逆境を超え己の力を証明するため、ライバルのユノと共に魔道士の頂点「魔法帝」を目指し数々の強敵と戦ってきた。
実績を積み重ね、魔法帝への道を歩むアスタの前に現れたのは、最凶と恐れられ封印されていた先代魔法帝コンラートと3人の歴代魔法帝。
「帝剣」と共に復活した彼らの目的はクローバー王国の殲滅。
「魔法帝を夢見る少年」VS「歴代魔法帝」
魔法帝を巡り、全魔法騎士団を巻き込んだ激闘が開始された。

▼キャスト

  • アスタ:梶原岳人
  • ユノ:島﨑信長
  • ヤミ:諏訪部順一
  • ノエル:優木かな
  • ユリウス:森川智之
  • コンラート:関 俊彦
  • エドワード:大塚芳忠
  • プリンシア:沢城みゆき
  • ジェスター:高橋文哉
  • ミリー:飯豊まりえ

▼スタッフ

  • 原作・総監修・キャラクター原案:田畠裕基(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
  • 監督:種村綾隆
  • キャラクターデザイン:竹田逸子
  • サブキャラクターデザイン:徳永久美子 プロップデザイン:髙橋恒星
  • 美術監督:前田有紀 色彩設計:篠原愛子
  • 撮影監督:國井智行 編集:奥田浩史 音響監督:髙桑
  • 音楽:関 美奈子
  • 脚本:ジョニー音田 折井 愛
  • 制作:studioぴえろ(『BLEACH 千年血戦篇』『NARUTO -ナルト-』『幽☆遊☆白書』)
  • 製作:映画ブラッククローバー製作委員会
  • 配給:松竹ODS事業室
  • 主題歌:TREASURE「Here I Stand」

    ▼公式サイト

    https://bclover-movie.jp

    ▼公式Twitter

    https://twitter.com/bclover_PR

     

    ©2023「映画ブラッククローバー」製作委員会 ©田畠裕基/集英社

    ※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

    ※無断複写・転載を禁止します

    ※Reproduction is prohibited.

    ※禁止私自轉載、加工

    ※무단 전재는 금지입니다.