<この記事には原作・TVアニメ『僕の心のヤバいやつ』のネタバレが含まれます。ご注意ください。>

 TVアニメ『僕の心のヤバイやつ』2期は、両片思いの市川と山田の姿が描かれていますが、実はほかにも1期の頃から変化した「とある関係」が描かれています。

 1期と比べ、どのような関係が変化したのでしょうか。

1期は市川と山田を中心に関係の変化を描いていた

 まずは、どんな関係が変化したのかより分かるように、1期の内容を振り返っていきましょう。

 1期では主に市川と山田の関係の変化を描いています。

 市川は山田に殺意を抱いているところから始まり、彼は「【karte3】僕は抱きしめたい」で彼女へ抱いていた殺意が好意であることに気づきました。

 一方、山田は飲みたいと言っていたミルクティーを市川からもらったことで彼を意識し始め、明確にいつかは分かりませんが、好意を抱くようになります。

 おたがいへの好意を自覚した後は、お見舞いやクリスマス、お正月などのイベントを終え、2人は距離を縮めていきました。

 このように1期は2人の関係の変化を中心に描いており、まさにラブコメのジャンルにふさわしいテイストだったでしょう。

 しかし、1期「【karte11】僕らは少し似ている」では、とある関係の変化の片鱗がうかがえます。

 この話では市川が山田をナンパした南条ことナンパイに会い、ファミレスに連れて行かれました。

 そこには山田の友人である萌子がいましたが、彼女は市川と同じクラスなのにも関わらず他人のフリをします。

 ナンパイは市川と2人きりになったところで、山田のLINEを教えてほしいと言いますが、市川はこれを拒否。

created by Rinker
¥1,386 (2024/07/14 22:14:09時点 Amazon調べ-詳細)

 ナンパイから理由を聞かれると、彼は「ありません。俺が嫌だからです」と、毅然と答えました。そこへ陰から様子を見ていた萌子が登場し、市川へ送ってほしいとお願いします。

 ナンパイは自分が行こうかと言いますが、彼女は断って「うちら友達なんで」と、市川を友達だと言ったのです。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.