BS日テレにて、 9 4 日(金)1900~教科書に登場する偉人たちの意外な弱点や失敗を紹介し人生を学ぶ歴史教育バラエティ「偉人だって人間だもの。」が放送される。

 番組では最新技術を駆使したAI()織田信長や土方歳三がスタジオに登場し、時代を超えて偉人たちとトークが展開される。

 さらに、彼らがとった行動を元に偉人たちの性格を科学的に分析。自分との共通点を探り、同じような失敗をしないための生き方が学べる。

 番組MCは、好きな偉人は「ジョン万次郎」というビビる大木さんと、推しメンは「土方歳三」と いう小宮有紗さん。

 小宮さんは今回MCに初挑戦。歴史学者の本郷和人先生がわかりやすい解説を加え番組を進行していく。そんなお三方から番組収録に参加されてのコメントが到着した。

(Sponsored)

MC:ビビる大木さんからのコメント

今日はいっぱい勉強をしました(笑)。偉人はバイタリティがあるんで必ず異性との問題があるのだというのを感じましたね…。

織田信長の話もたっぷり聞きましたけど、印象が変わりましたね。事実とされてるものを教えてもらい、聞かせてもらいましたけど、今まで持ってた織田信長のイメージが変わった!

ドラマ、映画の影響もあったせいか、ちょっと怖い人だな、冷酷に家臣とか誰かを殺してしまうようなイメージがあったけど、意外とお人好しで、裏切られても好きな人をとことん信じちゃうんだ…みたいな、そんな一面があったり…。

この番組はお父さん、お母さん、お子さんとご家族全員で見て頂ける、そして歴史初心者の方にもってこいの番組です!

“歴史にはこういう事もあるよね”というのを楽しく学べると思います。

歴史とは人間であるというのを改めて実感しながらご覧頂けたらと思います!宜しくお願いします。

(Sponsored)

MC:小宮有紗さんからのコメント

元々歴史が好きで、歴史に関係するお仕事をしたいと思っていたので、お話を頂いた時は“ついに来た!”という思いで、凄く嬉しかったです!

そして、今回、初 MCをやらせて頂きました!とても緊張していましたが、ビビるさんや出演者の皆さんが、本当に歴史に詳しい頼れる方々だったので、リラックスして臨むことが出来ました。

今回、登場した土方歳三は元々好きで知っていましたが、葛飾北斎がどういう人かという詳しいことは知らなくて…。

この番組で、結構だらしないとか、本当に絵にしか興味がないというのを聞いて、私も好きなことに「ガッ」と集中するタイプなので、ちょっとだけ共感出来る部分もあったりして、とても面白かったです。

視聴者の皆さんにも番組を楽しみながら、SNSなどにも沢山感想をつぶやいて頂けたら嬉しいです。

また第2弾も出来るよう私も頑張りますので、応援よろしくお願いします!

(Sponsored)

番組解説:本郷和人さん(歴史学者)からのコメント

いわゆる歴史的な人物というのは、その人がやった凄いとこばっかりを取り上げるのが当たり前なんですが、そこだけなんですよね。

だけど、完璧な人間なんてどこにもいないわけで、どんな凄い人でも絶対に悩みはあるし、失敗したことだってある。

そういう所に光を当てているこの番組はきっと面白くなるんじゃないかなと思いました。

番組はすごく作り込まれていて、AI(風)信長だったり、北斎だったりがリアルに出てくる。

色んな所に取材もしていて、面白い事に全部裏をとっているんですよ(笑)。

そして、大木さんをはじめとして出演されている皆さんがやっぱり芸達者だなと…。

こういう番組を見ながら、授業は面白くなかったけど「こういう人だったんだ」って、腹抱えて笑えてもらえれば、これに勝る喜びはない。

歴史研究に従事してる人間としてはそういう風に思います。

(Sponsored)

番組概要

教科書に登場する偉人たちの意外な弱点や失敗を紹介!最新技術を駆使したAI(風)織田信長や土方歳三がスタジオに登場!時代を超えて偉人たちとトークを展開します。彼らがとった行動を元に偉人たちの性格を科学的に分析!心理学の研究家が導き出した偉人たちの性格とは?!そして、信長に女装趣味?葛飾北斎は○○が大好物だった?など偉人の意外な素顔も!さらに、偉人の中から3大女ったらしを決定!

■放送日時:2020年9月4 日(金)19:00~20:54

■出演:MC:ビビる大木、小宮有紗 番組解説:本郷和人(歴史学者)

居島一平(米粒写経)、れきしクン、金子拓(日本史学者)、

晴香葉子(心理学・コミュニケーション研究家)

岡田サリオ、茜結、雨蘭咲木子(ナレーター)

■番組HP:https://www.bs4.jp/ijin

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

日テレ

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事