『キャプテン翼』には、ぶっ飛んだ選手が多く登場しますが、中には試合中に命を落とすかもしれない危険なプレイをする人物もいます。

 現実のサッカーで、竹串をくわえながら試合に出る選手はいるでしょうか? もし、転倒したら竹串が喉に突き刺さって命を落とすかもしれません。下手したら失明することも……。

 次の4人は命知らずなプレイをした選手で、連載が終了してかなりの時間が経つにもかかわらず、多くの読者にインパクトを残しています。

◆危険なプレイで反則になる? 立花兄弟のスカイラブハリケーン

 立花政夫と立花和夫の双子の兄弟が繰り出す合体技、スカイラブハリケーンは、一歩間違えれば命を落とす危険があります。

 この技は、1人がジャンプ台の役目となって、もう1人が空中へ高く飛んでシュートを放つというものですが、実際のサッカーでは足を頭の高さにまで上げるのは危険なプレイで反則になりますし着地も危ないです。

 着地に失敗すればケガをしたり、打ちどころが悪ければ命を落としたりする危険があります。

 また、スカイラブハリケーンは中学生編から登場しますが、中学生が芝のピッチで試合をすることは珍しく、普通は土のグラウンドです。

 土のグラウンドだと上手く着地してもヒザへの負担はかなりのものですし、態勢を崩せばケガをすることは間違いないでしょう。

 命がけの技ですが、日本代表での試合では巨漢のDF次藤洋をジャンプ台に、立花兄弟が飛んでツインシュートを放つ発展技が生まれます。

 このような危険をおかしてまでゴールを奪いにいくのは、それだけ立花兄弟の勝利への執念がすさまじいということでしょう。

created by Rinker
¥669 (2024/07/14 23:21:10時点 Amazon調べ-詳細)

◆どうして出場できてるの? 竹串をくわえてプレイしているカルツ

 ドイツのハンブルガーSVに所属するヘルマン・カルツは、いつも口に竹串をくわえてプレイしていますが、ピッチに倒れたり選手と接触したりすることで、竹が口の中に突き刺さる可能性がありとても危険です。

 ちなみにこの竹串の長さはシーンによって短くなって、楊枝のようになることもあります。しかし、プレイにまったく関係なく凶器でしかありませんし、下手に接触プレイにいけば目に刺さりそうです。

 実際のサッカーではプレイをする際に、指輪やチョーカーなどのアクセサリーを着けることも認められていません。そのため、どうしてカルツが竹串をくわえてプレイできているのか不思議でなりません。自分にも危険性が高い凶器をピッチに持ち込む、狂気の行動といえるでしょう。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.