<この記事には、テレビアニメ「ちいかわ」と原作マンガ『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』のネタバレが含まれます。ご注意ください>

 労働の鎧さんに大声で絡むモモンガや、みんな同じようにほっぺにご飯粒を付けて「無限白米湧きドコロ」のご飯をもぐもぐ食べているシーンにキュンキュンした第68話。いつもとは少し違ったうさぎの「ハァ〜?」に、たくさんのファンが愛おしさを感じたハズ。

 また、モモンガが大声で労働の鎧さんに「とあるもの」をねだるシーンでは「うさぎと同じくモモンガもフリーダムすぎて好き」「想像以上にモモンガの声量が大きかった」といったようなコメントをファンはYouTubeに残していました。

◆「厚かましくほしがる」モモンガが愛おしくて憎めない!

©ナガノ/ちいかわ製作委員会

<画像引用元:『ちいかわ』アニメ公式Twitter(@anime_chiikawa)より ©ナガノ/ちいかわ製作委員会>

⇒写真をもっと見る

 両方のほっぺにご飯粒をつけながら、おにぎりにかぶりついているモモンガ。先日、うさぎに「無限白米湧きドコロ」を横取りされたとき、うさぎがおにぎりを作っていたことから真似をしたくなったのかもしれません。

 まだ、おにぎりを食べている途中なのに「食後のデザートがほしいな……」と、モモンガはひとりごとを呟きます。すると、何かを見つけた様子のモモンガは「ォ?」という驚きの声に出すと、迷うことなく全力で「甘いものが食べたいんだよーーーッ!」と、急に大声で叫ぶのでした。

 そんなモモンガの大声を聞いたことで両手で耳を塞ぎ「うッ……うるさッ」と、言ったのは労働の鎧さんでした。そう、モモンガが見つけた人は……労働の鎧さんだったのです。

 労働の鎧さんの「うるさッ」という言葉を気にすることなく「食べたいんだよッ」と、再び甘いものを求めて大声で叫んだモモンガ。しかし、甘いものをもらうことができず労働の鎧さんに「そのお米も噛めば甘いんだよ」と、言われてしまったのです。

 そんな労働の鎧さんの言葉にモモンガは「イーヤヤダヤダッ」と、かわいさをアピールするかのようにお尻をフリフリしていました。

 労働の鎧さん相手だと特にわがままになるモモンガにYouTubeでは、

「モモンガの『甘いものがたべたいんだよー!』が想像よりも勢いがありすぎてびっくりした」

「『甘いものがたべたいんだよー!』が想像以上に迫力あって笑った」

「モモンガ渾身の『甘いものが食べたいんだよー!』が好きすぎる」

「モモンガの『甘いものが食べたいんだよーっ!』が全力すぎて好き」

「うさぎに大声で威嚇されたからか早速取り入れてるモモンガ小賢しくて好き」

 モモンガの全力の大声について、ファンはコメントを残していました。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.