(Sponsored)

 2017年3月、まだまだ気温も低く大気汚染が問題視される中国。

 先日まで、生活の拠点を中国に置いていたワタクシ……帰国を目前にしていたにもかかわらず、中国の“メイド喫茶”へ行ってまいりました!

 その時のことが非常に衝撃的でしたので、本記事ではワタクシが体験したその仰天エピソードを皆さんにご紹介していきます。

四川省・成都という都市

 私が住んでいたのは内陸部の都市、“成都”(せいと)。三国志時代、蜀の都として栄えた都市です。

<写真を見て分かるように中国の大気汚染はPM2.5などでかなり深刻>

 上海など中国でも発展している沿岸部と比べた際、やや遅れて都市開発が行われている地域です。ですが、ここ数年で急成長しているのも事実。これからの中国を盛り上げていく重要拠点になる予感もします。

 緯度は大体九州地方と同じぐらい。周囲を山に囲まれて、“一年のほとんどが曇り”というような変わった気候の特徴を持っています。

「そんな、どんよりした成都市のメイド喫茶は果たしてどんな場所なのか!?」実際に行って確かめてまいりました!

(Sponsored)

いざメイド喫茶へ!

私が来たのは成都市の栅子街というところ。

成都市の中央にある人民広場から北西辺りの地域です。

ここに「魂喵屋女仆咖啡(うぇんみゃおう)」というメイド喫茶があるとのことでやってきました。

 のですが・・・

 どこにあるのかわかりません!!

 おそらくこの建物のどこかにあるんですが、うろうろしていたら、門番らしきおじさんに“不審者”(笑)と思われ止められてしまいました。

「カフェ行くんです」

 と伝えると、普通に通してくれましたが、焦りました……(「チュー、カーフェー」って言えるようにしておけば中国語できないキミもきっと大丈夫!)。

 それから店舗に電話確認してみると、場所はこの建物の3階とのこと。

 なんだか普通のアパートの一室に見えます。

 ・・・っていうか、実際アパートの一室です! ここまで初っ端から面食らうとは思いませんでした。

 恐る恐るチャイムを鳴らしてみる・・・。すると、

「オカエリナサイマセー♡」

 日本語でメイドさんがお出迎え! 良かった! 本当にメイド喫茶はありました!

 入口こそアパートでしたが中は普通のメイド喫茶のようで安心。、思わせといて本当の驚きはここからでした・・・。

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事