日常系アニメはほのぼとしたイメージがありますが、ヤンキー漫画も目じゃないとんでもない教師が多いです。居眠りやズボラはかわいいもので、生徒の自転車を奪う泥棒教師から女子高生好きの変態教師までいます。

 次の5人はリアルの世界なら、炎上間違いなしの問題教師たちです。

◆トラブルメーカーと変態教師に苦労させられる学校──『あずまんが大王』

画像引用元:Amazon.co.jpより

<画像引用元:Amazonより>

⇒写真をもっと見る

 英語教師の谷崎ゆかりは、通勤途中にチェーンがはずれて立ち往生すると、新学期初日から遅刻したら教頭の小言を聞かされるとイラだって自転車を蹴りまくります。しかも、助けに入った生徒の大山将明の自転車を奪って、1人で先に行ってしまうとんでもない教師です。

 性格はズボラでマイペースなうえ身勝手な行動が多く、生徒からは「黙っていればいい線いっている美人」と評価されています。間違って隣のクラスに入ったり、聞かれてもいないのに「3サイズは秘密よ」とのたまわったり、おっちょこちょいでお調子者のトラブルメーカーです。

 しかし、彼女以上にヤバイのが木村という古文担当の教師。細身でやつれた顔をしており、口を開けて意味不明なうめき声をあげている陰キャのため、見た目はまるでゾンビです。

 内面はさらにヤバく、教師になった理由は女子高生が好きだから。歩道で急に「着替えが見たい」と叫んだり、女子の水泳の授業には無理やり参加したり問題行動が多いです。

 体育祭が近づくと急に黒板に女子生徒の絵を描いて、「体操服はブルマの中に入れるほうがよいと思う」と自分の好みを解説します。「男子は体操服を入れるのと出すのどっちがいいですか?」と質問されると、「何をいっとんだ君は。授業中に」と返答する始末。

 さらに、文化祭の水泳部の出店では店員が水着姿でないのがおかしいと文句をつけ、女子生徒が入ったプールの水を注文。いくら日常系ギャグ漫画といっても、女子生徒からすれば恐怖でしかなく、ドン引きしてしまう人もいるでしょう。

 「若いときの苦労は買ってでもしろ」という教訓があります。ゆかりや木村を反面教師として、3年間苦労させられたら生徒たちは立派に育つのかもしれません。

◆なまはげの授業しかしない、ことなかれ教師──『ヒナまつり』

画像引用元:Amazon.co.jpより

<画像引用元:Amazonより>

 ヒナが通う中学校で担任をしている男性教師、松谷翼は授業でなまはげのことしか教えていません。授業中にする生徒への質問も「大みそかに秋田県の一部で行われている民俗行事は?」など、答えがなまはげになるものばかりです。

 『ヒナまつり』の舞台は東京都豊島区ですが、なまはげ病院が登場するなどなぜか秋田県のなまはげ推しとなっています。松谷以外の教師もなまはげに関する授業しかしておらず、数学の平面図形の移動では、三角形や半円などの図形を組み合わせて黒板になまはげの顔が描かれていました。

 そんなおかしな学校の中でも、松谷は特にヤバイ教師でことなかれ主義。生徒である三嶋瞳が行きつけのバーでバーテンダーをしているのを見つけても、自分の責任問題になることを恐れて見てみぬフリをします。中学生にこんなうまいカクテルが作れるはずがないという理由で、見た目そっくりで同姓同名であることを知りながら「三嶋によく似た瞳さん」と結論付けました。

 ヒナがバーに来ていたときも「新田さんによく似たフリーター」ということにします。また、ヒナがいじめをしていると勘違いした場面でも、「新田にいじめをする能力はない」としてスルーしました。

 学年主任に昇進する話があるため、何か問題があっても自分の都合の良いように解釈して見て見ぬフリをする、ことなかれ主義の教師です。松谷はマザコンでもあり、教え子である相沢さよは彼のことを「まともそうでまともじゃない」と評価しています。

 大きな問題とならず無事にヒナや瞳が中学校を卒業したから良かったものの、1歩間違えば懲戒免職になってもおかしくなかったです。何事もなければ良い先生なのかもしれませんが、教師としての資質には大きな問題があり、いざトラブルが起こったときはまったく頼りになりません。

◆女子大生派のデキる女子高教師──『女子高生の無駄づかい』

画像引用元:Amazon.co.jpより

<画像引用元:Amazonより>

 さいのたま女子高等学校の数学教師、佐渡正敬(通称、ワセダ)は、始業式終了後のホームルームで12組の生徒たちにいきなり女子大生派であると宣言。と言いつつも成人男性が女子高生といかがわしい行為をすると淫行になる法律に対して、「しょせん女子高生との恋愛なんてファンタジーなんだよ」と怒りを露わにします。

 これによって初日にしてクラスの生徒全員から、ダメな教師だと思われることに。しかも、女子大生の中でも就活生のリクルートスーツ姿が好きという性癖を持っています。

 また、田中望(通称、バカ)と山本美波(ヤマイ)が顔ハメ写真板から頭が抜けなくなり、そのまま学校に来たときには記念写真を撮る茶目っ気を見せました。気持ちは分からなくないですが、教師の行動しては不適切です。

 しかし、ワセダは有名大学を卒業していて頭が良く、プライベートではボカロPとして曲を作るなど才能を見せています。また、中学生レベルの数学の問題が解けないバカの補習に付き合ったり、中二病で将来が心配なヤマイをたびたび指導したりと親身です。

 何よりクセがスゴくて問題児が多い12組の生徒たちの相手を、できている時点で有能といえるでしょう。特に頭の悪さと中二病全開でボケまくるバカとヤマイの言動に、的確にツッコんでいくツッコミスキルの高さには定評があります。

 彼ならきっと12組の問題児たちが、立派な女子大生になれるよう教育してくれるでしょう。

◆授業中に寝てばかりのグータラ教師──『のんのんびより』

画像引用元:Amazon.co.jpより

<画像引用元:Amazonより>

 旭丘分校の教師をしている宮内一穂は、小学1年生から中学3年生まで全校生徒5人を1つの教室で教えています。しかし、学年が異なるのを良いことに、基本的に問題集を使った自習という形にして、授業中はほとんど寝て過ごすグータラ教師です。

 寝坊による遅刻も多く、小学1年生の妹の宮内れんげには起こしても全然目覚めないと呆れられる始末。マイペースを通り越してだらしない面が多く、体力もなくてすぐバテるので生徒から頼りにされていません。

 そのいい加減さは、れんげたちを連れて海に行ったときにも発揮されました。迷子と勘違いされた越谷小鞠が保護されて戻って来ないと、行方不明になったと思い、今日は保護者としてではなく友達として来ていると責任逃れの発言をします。さらにその帰りには電車を待っている間に駅のホームで寝てしまい、れんげたちに置いて行かれました。

 しかし、楽をすることには抜け目がなく、遠足と称して生徒たちに自分の家の田植えを手伝わせるちゃっかりした性格です。のんびりした田舎だからこそ、教師としてやっていけているレベルだと思われます。

 ただ、一条蛍を元気づけようと皆をホタルを見れるスポットに案内したり、落ち込むれんげを気にかけたり、やさしいところも。教師としては責任感がなくズボラ過ぎなものの、近所にいたら楽しいお姉さんといった感じでしょう。

◆理不尽極まりない5-2担任教師──『苺ましまろ』

画像引用元:Amazon.co.jpより

<画像引用元:Amazonより>

 桜木茉莉やアナ・コッポラの担任の男性教師は、何も悪いことをしていない男子生徒の笹塚をやたら廊下に立たせます。「立ってろ笹塚」が口グセの理不尽極まりない教師です。

 今のご時世では、生徒を廊下に立たせて授業を受けさせないだけでも炎上もの。笹塚がまったく関係なく、アナが算数の問題を解いたら立たされ、松岡美羽がかっ飛ばしたボールが当たったときも立たされました。

 しかし、悪いことをすると自分に返ってくるのか、アナが伊藤千佳と笹塚をくっつけさせたいと彼に相談したときは悲劇に見舞われます。千佳の前でラッパーのような格好をして、笹塚に撃退させて格好良いところを演出するはずが、普通に通報されて連行されました。

 また、最終話では担任の理不尽な振る舞いに笹塚も鍛えられたのか、いつも通り廊下に立ってろと言われて「え、やです」と反抗。担任が静かに教室を出て行き、廊下に立っていました。

 あまりに意味不明で理不尽な行動は、ギャグを通りこして教師が生徒をいじめているようにも映ります。アニメが放送されていたのは2005年のため、今であればこのシーンは自粛対象となるかもしれません。

 

 ──日常系ギャグアニメにおいては、教師も重要なギャグ要員です。主役は生徒ですが、教師しか登場しないシーンもあります。

 そのため、ボケを担当する教師も必要になり、必然的にぶっ飛んだキャラも多くなるのでしょう。しっかり生徒への愛情を持っている教師もいますが、女子高生好きという間違った愛だけは勘弁してもらいたいものです。

〈文/諫山就〉

created by Rinker
¥1 (2024/07/20 03:48:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥614 (2024/07/20 03:48:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥574 (2024/07/20 03:48:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥518 (2024/07/20 03:48:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥593 (2024/07/20 13:06:49時点 Amazon調べ-詳細)

《諫山就》

フリーライターとして活動中。漫画・アニメ・医療・金融などの記事、YouTube用シナリオを執筆・編集しています。

 

※サムネイル画像:Amazonより

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.