<この記事にはTVアニメ、原作漫画『葬送のフリーレン』のネタバレが含まれます。ご注意ください。>

 TVアニメ『葬送のフリーレン』では、断頭台のアウラ編で魔王直下の大魔族である七崩賢のアウラが登場し、彼女とフリーレンの迫力満点のバトルがファンの間で絶賛されました。

 今後も魔族とのバトルシーンに期待が高まっており、ほかの七崩賢のメンバーが登場するのではと考察するファンもいます。

 今後、本当に七崩賢がフリーレンらの前に立ちはだかるのでしょうか?

◆ほかの七崩賢のメンバーは登場する? 

 七崩賢はTVアニメだとまだアウラしか登場していませんが、原作ではほかのメンバーが明らかになっています。アウラのほかに黄金郷のマハト・不死なるベーゼ・奇跡のグラオザームがおり、あとの3人はまだ名前が分かっていません。

 しかし、名称不明こそ不明ですが、原作7巻「第63話 南の勇者」では人類最強の勇者と呼ばれている南の勇者とにらみ合う姿が描かれていました。

 アウラ以外にこれだけメンバーがいることから、今後の登場に期待するファンがいるかもしれません。

 しかし、実は物語の序盤から七崩賢は勇者ヒンメルに2人、南の勇者に3人に倒されており、この先にフリーレンたちと戦うのはマハトだけなのです。

 しかも、そのマハトも黄金郷のマハト編でフリーレンたちに倒されてしまい、事実上七崩賢は全滅してしまいます。

 このことから、今後、フリーレンたちの前に立ちはだかる魔族は、黄金郷のマハト編以降だと七崩賢以外の大魔族となるでしょう。しかし、七崩賢以外にフリーレンらと戦える大魔族はいるのでしょうか。

◆フリーレンたちに対抗できる大魔族は誰?  

 実は七崩賢以外にもフリーレンたちと戦える大魔族は存在しています。

 七崩賢は魔王直下であることから魔王の次に強い印象がありますが、実際にはそのようなことはありません。

 たとえば、TVアニメ「第3話 人を殺す魔法」でフリーレンとフェルンが倒した腐敗の賢老クヴァールは、ヒンメルらが戦ったときに強すぎて倒すことができず、封印したといわれています。

 ほかにも、南の勇者が倒したと言われる全知のシュラハトは、魔王の腹心で1000年後の未来が見える魔法を操っていました。

 例にあげた2人は倒されてしまいましたが、このように七崩賢と同等の実力か、またはそれ以上の実力を持った大魔族が存在しているのです。

 それでは、そんな実力を持った大魔族は誰が現存しているのでしょうか。

 フリーレンは黄金郷のマハト編で、現存する魔族にマハト・血塗られし軍神リヴァーレ・終極の聖女トートの名前をあげています。

 さらに、遭遇したものを皆殺しにしている無名の大魔族がいることにも触れ、実際にソリテールという大魔族が登場しました。

 マハトは先述したように黄金郷のマハト編でフリーレンたちに倒され、ソリテールも同様のエピソードで倒されてしまいます。このことから、現存する大魔族はほかに無名の大魔族が登場しない限り、リヴァーレとトートの2人だけでしょう。

◆フリーレンたちの前に立ちはだかる大魔族は?

 それでは、この先にフリーレンたちの前に立ちはだかる大魔族は誰でしょうか。

 結論からお伝えすると、先述したリヴァーレとトートの2人がフリーレンたちと戦うでしょう。特に、とある発言からトートはフリーレンたちと戦う可能性が高いと考えられます。

 トートはフリーレンがタイムスリップした過去で「あと百年もすれば、私の“呪い”はこの星を覆い尽くす」と言っていました。

 フリーレンがタイムスリップした時代はヒンメルの死の53年前で、タイムスリップする前の時代はヒンメルの死から31年が経過しています。

 このことから、トートの発言から既に84年が経過しており、トートの呪いが星を覆い尽くすまであと16年しかないことが分かります。おそらく、呪いが星を覆い尽くしてからでは遅いため、16年の間にトートと戦うのではないでしょうか。

 また、トートほどではありませんが、リヴァーレもフリーレンたちと戦う可能性があります。

 リヴァーレは魔族最強の戦士を自称しており、強い戦士との戦いを求め、彼が登場したタイムスリップ編では戦士アイゼンと戦いました。

 しかし、決着がつかなかったことから、今度はアイゼンの弟子であるシュタルクと戦うかもしれません。

 さらに、リヴァーレは大柄な体と大きな2本のツノ、大きなおのが特徴的ですが、このシルエットはシュタルクの故郷を襲った魔族と酷似しています。もし、シュタルクの村を襲ったのがリヴァーレだとしたら、シュタルクと戦う可能性は高いでしょう。

 ほかにも、タイムスリップ編では、現在の時間軸では倒されている七崩賢のグラオザームが、ヒンメルたちとの戦いを通じて何か収穫を得た描写がありました。

 どんな収穫だったのかはまだ明らかになっていませんが、もしかしたら未来に影響がある収穫かもしれません。もし、彼が得たものが未来へ影響するとしたら、過去に倒された七崩賢や魔王が復活する可能性も考えられるでしょう。

これらの考察から、今後もフリーレンたちと魔族の戦いは過酷なものになるハズ。フリーレンたちは無事に「魂の眠る地」へたどり着けるのでしょうか。

〈文/林星来 @seira_hayashi

《林星来》
フリーライターとして活動中。子供の頃から培ってきたアニメ知識を活かして、話題のアニメを中心に執筆。アニメ以外のジャンルでは、葬儀・遺品整理・金融・恋愛などの記事もさまざまなメディアで執筆しています。

 

※サムネイル画像:Amazonより


アニメ『葬送のフリーレン』公式サイト
© 山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.