TVアニメ『終末トレインどこへいく?』が6月17日(月)に予定していた第12話の放送を延期し総集編を放送しました。

 延期の理由は“制作上の都合”と発表しているのですが、実はより具体的な内情がSNS上では明かされています。

◆水島努監督が逼迫した制作状況を共有してくれていた?

 今回の放送延期について、『終末トレインどこへいく?』の水島努監督が自身のX(旧Twitter)のアカウントにて、TVアニメの公式の延期を伝えるポストに引用する形で“クオリティと物量のバランスが取れなかった私の責任です。申し訳ありません。”と投稿。そしてその直後に“「制作上の都合により」などとあいまいに書かれていますが、要するに間に合わなかっただけです。”とより具体的な放送延期の理由を伝えてくれています。

 制作が間に合わなかったために放送延期する前例こそあれど、監督が直々にその理由をSNS上で明かすのは珍しい話。そのまま監督の投稿を鵜呑みにして責任を押し付けるのもまた別の話だとは思いますが、少なくとも監督自身がその立場から責任を感じている状況は確かなようです。

 実は水島監督が制作状況を投稿するのはこれが初めてではありません。直前の第11話についても、6月10日の放送の直前である6月7日に自身のアカウントで完成を報告していました。すでに制作状況が逼迫していると感じられるだけに、今回の放送延期も“突然”というよりも、“然るべくして”といったニュースとなりました。

 今回、水島監督がXで状況を報告してくれた理由はその他にも、これまで『終末トレインどこへいく?』の放送に合わせて、監督自身が作中の設定や解説を投稿してくれていたので、視聴者の注目が集まっていたことも理由の一つでしょう。半ばアニメーションの公式アカウントばりの情報量ということもあり、いやが応にも今回の延期について監督も言及せざるを得ない状況だったというのも実際のところです。

 こういった前例があると監督自身の発信についても制作サイドから自粛するような声が上がってもおかしくないでしょう。ただ、監督が制作した内容について、自らの声で解説してくれるのは嬉しいので辞めないで欲しいというのも正直なところ。こうして毎回アニメの放送に合わせて解説してくれる手厚いファンサービスは、むしろ他のアニメーションでも実施してくれると観ているこちらの興味が増すのでどんどん続いて欲しいです。

◆公式サイトも閲覧不可能に?

 実は『終末トレインどこへいく?』の公式Webサイトは6月8日(土)から不正アクセスに伴うサーバー障害を受けて、閲覧ができない状態が続いていました(6月18日昼時点では閲覧可能)。

▼作品公式Webサイト

https://shumatsu-train.com/

 これに関しては『終末トレインどこへいく?』に限らずKADOKAWAグループのTVアニメ作品は同様に閲覧ができなくなっており、『ダンジョン飯』や『この素晴らしい世界に祝福を!』など複数のTVアニメが現在でも影響を受けています(6月18日昼時点)。

 最終回の放送シーズンに突入し、より注目度が増すであろうこの時期に閲覧できないのは他の作品たちにとっても辛い話です。

 しかし「放送延期」のような重要な内容を告知できない『終末トレインどこへいく?』はやはりより影響の度合いを強く感じさせます。頻繁に起こる出来事ではないとはいえ、こういったアクシデントも起こることを考えるとSNSの公式アカウントなどの発信の場が他にあることは幸いだったと言えます。

 『終末トレインどこへいく?』の最終回となる第12話の放送は6月24日を予定しているそうです。物語だけでなくTVアニメの放送自体の顛末がどこへ行ってしまうのか、といった事態になるとは始まった当初は想像できませんでした。

 とはいえ、これもある意味リアルタイムでTVアニメを観ているから体験できること。素敵な最終回が放送されることを期待して寛大な気持ちで待ちましょう。

 水島監督は第12話のカッティング(編集作業)が始まったことを発信しています。SNS上では“放送までのドラマ”ももしかしたらリアルタイムで体験できるかもしれません。

〈文/ネジムラ89〉

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレターを配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

 

※サムネイル画像:©apogeego/「終末トレインどこへいく?」製作委員会

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.