2021年4月から、おなじみの『名探偵コナン』シリーズの夕方の放送枠とは別に、深夜にも『名探偵コナン』シリーズが進出しています。それがスピンオフ作品『名探偵コナン ゼロの日常』

 この作品では、コナンが主役ではなく、レギュラーキャラクターの一人・安室透を主人公に描いた作品となっており、公安警察でもあり、黒ずくめの組織の一員でもあり、そして探偵でもある安室が、普段どんな生活を送っているのかを追う、従来のコナンシリーズとは一味違う物語となっています。

 さて、この『名探偵コナン ゼロの日常』というタイトルの中で「日常」という文字は、本来とは違った読み方があてられています。『ゼロの日常』の「日常」は次のうちなんと読むのが正しいでしょうか?

①デイオフ

②レストデイ

③ティータイム

◆コナンではおなじみの当て字シリーズ

 名探偵コナンの劇場版シリーズでは、「恋歌」と書いて「ラブレター」と読ませたり、「拳」と書いて「フィスト」と読ませたり、特殊な読み方のタイトルがもはや定番となっています。

 その傾向を踏まえて、スピンオフ作品の『名探偵コナン ゼロの日常』というタイトルでも、「日常」と書いて「ティータイム」と読ませています。つまり正解は③のティータイムです

 ちなみに原作コミックスの1巻では、帯に原作者の青山剛昌先生のコメントで、「タイトル...まさか、放課後ティータイムから頂いたとは、思うめぇ...(笑)」と書かれています。

 放課後ティータイムといえば、コナンとは全く別の作品であるアニメ化も果たした人気作品『けいおん!』に登場するバンド名。意外な作品が元ネタとなっていました。

〈文/ネジムラ89〉

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレターを配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

関連する記事


お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード