みなさん、『Fate』はどのシリーズから観始めましたか?

 いろいろパターンはあるでしょうが、おそらく、一番多いのが『Fate[UBW]』や『Fate/Zero』辺りから観始めた視聴者なのではないでしょうか。

 この2作品は放送中大きな話題となっていましたよね。また、『Fate』の中でも非常に完成度が高い作品となっています。

 そのため、この2作品から『Fate』シリーズを観始めた視聴者は多いのは当然でしょう。

 しかし、その2作品よりも前に放送された原点とも言える『Fate』作品を観たことのある方は意外と少ないです。

 そこで今回は、『Fate』原点を観たことがない方々に最も古い作品『Fate/stay night』を紹介していきたいと思います。

Fate セイバー 画像

<画像引用元:https://type-moon-museum.com/ より引用掲載 © TYPE-MOON All Rights Reserved.>

(Sponsored)

◆始まりの物語 凛でも桜でもないセイバーがヒロインのルートとは?

Fate セイバー 画像02<画像引用元:https://fate-15th.com/ より引用掲載 © TYPE-MOON All Rights Reserved.>

 セイバールートとは、原作PCゲーム『Fate/stay night』の最初のルートであり、『Fate』シリーズで一番初めにアニメ化されたルートになります。

 他のルートである『Fate[UBW]』(凛ルート、)『Fate[HF]』(桜ルート)との元となる物語ですが、実はそれほど知名度の高いアニメではありません。

 それは、放送が2006年と非常に古いことが原因です。

 現在最も新しい『Fate』作品は桜ルートです。また、古く感じる凛ルートですら、放送開始日が2014年となっています。

 つまり、2作品ともセイバールートと10年近い開きがあるのです。

 これでは、知名度が低くても仕方がありませんよね。

 さて、前置きが長くなりましたが、セイバールートがどんな物語なのかを紹介していきましょう。

 物語の大筋ですが、基本的には凛ルートの聖杯戦争と同じ成り行きです。

 魔術師として素人である士郎がセイバーを召喚し、聖杯戦争に巻き込まれてしまう……。そんな物語になります。

 大きく違う点は、焦点を当てられるキャラクターです。

 当たり前ですが、セイバーのルートなので、セイバーに大きく焦点が当てられ、サーヴァントとして以上に深く士郎と関わっていくことになります。

 例えば、

・他のルートでは、あっさり衛宮家の居候となったセイバーでしたが、セイバールートでは猛反対に合う展開

・他のルート以上に士郎がセイバーを女の子扱いし、守ろうとする展開

・セイバーの魔力不足がより深刻に描写されており、どう対策する議論する展開

・士郎がセイバーの湯浴みを覗いてしまう展開

・士郎の正義感とセイバーの騎士道精神の食い違いにより喧嘩なる展開

 などなどです。このように凛ルートや桜ルートでは簡単に流されていたセイバー関連の話が、詳しく説明されています。

Fate セイバー 画像03<画像引用元:https://www.fate-sn.com/ubw/story/03.html より引用掲載 ©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC ©TYPE-MOON>

 他のルートにはなかったような関係を築いる士郎とセイバーですが、基本的にセイバーの士郎への接し方が変わったわけではありません。大きく変化しているのは士郎がセイバーを意識している点です。そのため、士郎はかなりセイバーにアタックをかけます。

 しかし、セイバーはマスターを守る騎士です。士郎の想いに全く答えようとはしません。士郎はセイバーを守ろうとし、セイバーも士郎を守ろうとする、そんなちぐはぐの関係がセイバールートの魅力と言えるでしょう。

 このようにセイバーを守ろうとする士郎ですが、実は他のルートにあるようなカッコイイシーンがあるわけではありません。本当に最後のみ活躍しますが、それ以外の士郎は終始格好の悪い姿ばかりを見せます。

 セイバーとの距離感に悩んだり、セイバーを守ろうとしてボロボロになったりと本当に酷い様子です。まさに、セイバールートは初めのルートといった感じで、他のルートの士郎は「2周目だから強かったんだ」と感じるのではないでしょうか。

 セイバールートでは、他のルートとはまた違う展開が楽しめるルートとなっています。少し古いですが、機会があれば観てみるのも面白いのではないでしょうか。

(Sponsored)

◆イリヤが唯一助かるルート? 有名な凛ルートや桜ルートとの違いは?

Fate イリヤ かわいい 画像<画像引用元:https://www.fate-sn.com/ubw/story/04.html より引用掲載 ©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC ©TYPE-MOON>

 セイバールートが凛ルート、桜ルートと違うのは何も士郎とセイバーの関係だけではありません。それ以外にも多くのことが違っています。

 ここでは、そういった違いについて紹介していきましょう。

▼士郎の投影する武器が違う

 凛ルートではアーチャーの「干将・莫耶(かんしょう・ばくや)」を基本に、桜ルートでは、バーサーカーの武器やアーチャーの武器など多彩な武器を投影していましたよね。

 そんな士郎がセイバールートでは、なんと選定の剣「勝利すべき黄金の剣(カリバーン)」を投影し戦う場面が。

 また、非常に強力な宝具でありながら他のルートでは、蘇生道具としてしか活躍しない「全て遠き理想郷(アヴァロン)」も大活躍します。

 それは「なんでこんなにも強い宝具を他のルートでは使わないんだよ」と思ってしまうほど。

▼セイバーの活躍が違う

Fate セイバー 画像04<画像引用元:https://www.fate-sn.com/ubw/story/14.html より引用掲載 ©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC ©TYPE-MOON>

 他のルートのセイバーは序盤こそ活躍しますが、それ以降はキャスターに囚われたり、聖杯に飲み込まれたりと、かなり不遇な扱いですよね。

 しかし、セイバールートでは最後まで士郎のサーヴァントとして活躍することになります。

 また、ほとんど振るわれることのなかった「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」を何度か振るう機会もあり、魔力不足がなければ最強のサーヴァントだという風格を見せつけていました。

 また、士郎から「全て遠き理想郷(アヴァロン)」を返還された後は無敵で、あのギルガメッシュですら撃破してしまう強さを見せます。

▼キャラクターの生死が違う

 士郎や凛、桜はどのルートでも生き残りますが、同じくらい人気キャラクターであるイリヤはなぜか、凛ルートでも桜ルートでも死んでしまいますよね。

 そんなイリヤが、なんとセイバールートでは普通に生き残ります。そして、完結後も士郎の家族として一緒に住むことに。

 凛ルートや桜ルートで悲しい思いをしたイリヤファンの方はぜひ、セイバールートみてください。元気に生きているイリヤの姿を観ることができます。

(Sponsored)

◆決して叶わぬマスターとサーヴァントの恋愛 士郎とセイバーの結末とは?

Fate セイバー かわいい 画像<画像引用元:https://www.fate-sn.com/ubw/story/02.html より引用掲載 ©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC ©TYPE-MOON>

 セイバールートでは、セイバーと士郎がデートをする様なシーンも描かれており、衛宮家以外でのセイバーがみることができます。

 2人はマスターとサーヴァントという関係から本当に少しずつ距離を詰めますが、恋愛モノにあるようなイチャイチャした雰囲気は全くありません。

 士郎が少し押すとセイバーが引いてしまうような展開がずっと続きます。あまりのくっつかなさに観ていてイライラするほどですが、セイバーは男として騎士として、そして王として生きてきた女性です。そんな女性に恋をするのですから、当然の展開なのかもしれませんね。

 最終的には、聖杯戦争が終結しセイバーが自分の時間へ帰ってしまう瞬間に

「士郎、あなたを愛している」

 と伝え消えるというなんとも切ない最後を迎えます。

 手段によっては現世に残れないこともなかったのですが、自分の意思よりも危険な聖杯を破壊し世界を守ることを選んだセイバーの意思を士郎も尊重した結果、このような悲しい結果となりました。

 しかし、雰囲気的にはバッドエンドというわけではなく、士郎も未練はないと言い切り、前を向いて生きていく様子が描かれています。また、セイバーも今まで拘っていた王の選定をやり直すという願いを諦め、エクスカリバーは湖に沈めるという伝承通りの最後を……。

 士郎は、セイバーの高潔な生き方を目標として前向きに人生を歩み、セイバーは今まで縛られていた、後悔と自責の念から解き放たれる……。

 というのがセイバールートの結末です。

 トゥルーエンドなのに、主人公とヒロインが結ばれない今では珍しい展開ですが、綺麗にまとまっているので、改めてみると意外と面白い作品です。

 

 ――以上が、セイバールートの紹介になります。

 セイバールートは凛ルートや桜ルートとは、また一味違うルートですが、2つのルートに負けないくらい面白い話です。

 スマホゲーム『Fate/stay night[Realta Nua]』では、このセイバールートが無料公開されているので、興味がある方はぜひプレイしてみてください。

(Edit&Text/天乃ひる)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事