来る125日、新型コロナウイルス感染症による延期を超えて『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の上映がついにスタートします。

FGO 映画 キービジュ 2弾<画像引用元:https://anime.fate-go.jp/ep6-movie/special/kv2/ より引用掲載 ©TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT>

 本作は、人気スマートフォン用ゲーム『Fate/Grand Order』の1部第6章を映像化したもの。『FGO』ファンの間でも特に人気の高いエピソードとなっています。アルトリア・ペンドラゴンをはじめとした「円卓の騎士」のメンバーたちの登場、思いもよらぬドラマチックな物語、サーヴァントたちの心に残るセリフ、エピソードの中に楽しむ要素が数えきれないほどに詰まっているのが特徴です。

 そこでこの記事では、上映に先立って、本作の抑えておきたい3つのポイントをご紹介。

 ちなみに、ゲーム未プレイの方でもご安心を。『FGO』は基本無料でプレイできるので、今からでも十分追い付くことが可能です!

◆本作のあらすじ

  本作は、スマートフォン用ゲーム『Fate/Grand Order』(以下、FGO1部第6章を映像化した作品。

 『FGO』は、人類史を終わらせる可能性を内包した出来事・特異点を過去へ行って消滅させ、人類史を存続させることを目的とした物語です。

 「特異点」には大きな力を持つ魔術師や、過去の偉人たちを英霊としたサーヴァント、さらには魔神まで関わっており、1つの特異点を消滅させることは簡単ではありません。

 本作は、アーサー王の王国として知られる「キャメロット」に発生した特異点を消滅させる物語で、アーサー王と円卓の騎士たちを中心にさまざまなサーヴァントが活躍。

 人類史の存続を巡って多くの思惑が渦巻く中で、人類最後のマスター・藤丸立香とそのサーヴァントのマシュ・キリエライトが特異点消滅のために奮闘します。

(Sponsored)

◆2020年必修映画!抑えておきたい3つのポイント

FGO 映画 キービジュ<画像引用元:https://anime.fate-go.jp/ep6-movie/special/kv4/ より引用掲載 ©TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT>

 本作は2020年冬の必修映画と言っていいほどに見どころが詰まった作品です。

 ストーリー、キャラクター、声優、作画、主題歌など、とにかく見どころが数えきれないほどにあります。

 それこそ、『FGO』プレイヤーからしたら見どころが無限に出てくるレベルではないでしょうか。

 そこでここからは、無数にある見どころの中から、抑えておきたい3つのポイントを紹介していきます。

▼円卓メンバーや玄奘三蔵・オジマンディアスも動いてしゃべる!

FGO 映画 キービジュ 3弾<画像引用元:https://anime.fate-go.jp/ep6-movie/special/kv3/ より引用掲載 ©TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT>

 『FGO』ファン最大の見どころと言えば、やっぱりサーヴァントたちが動いてしゃべることだと思います。

 ゲームの名台詞を、実際にフルボイスでしゃべってくれるのは、言葉にしがたい感動があります。

 本作には、アルトリア・ペンドラゴンと円卓の騎士たちはモチロン、女性サーヴァントの中でも特に人気の高い「玄奘三蔵」や、絶対的「王」である「オジマンディアス」、古代ペルシャの大英雄「アーラシュ」などが登場。

 自分の推しサーヴァントを劇場で見たいと、多くのプレイヤーたちが上映を待ちわびていました。

 ちなみに、サーヴァントたちに声を当てるのは小松未可子さん(玄奘三蔵)、子安武人さん(オジマンディアス)、鶴岡聡さん(アーラシュ)など、豪華な顔ぶれ。ほかにも、置鮎龍太郎さんや沢城みゆきさんなど、多くの人気声優さんが登場します。

▼圧倒的ストーリースケール! 人類史存亡をかけた物語

 本作のストーリーは「人類史の存続」を目的にするという、圧倒的スケールで描かれた物語です。

 序盤では、その恐ろしさの全貌は分からないのですが、ストーリーが進んでいくにつれて、事の重大さが露呈してきます。

 これが『FGO』シナリオの面白さで、最初は謎に満ちたところから始まり、1つ、また1つとヒントになるピースを見つけていくと、あるところでストーリーの壮大さに気がつくのです。

  この壮大なストリー性に気付く瞬間は、鳥肌が立つほど。劇場でぜひその衝撃を体感してください。

▼主題歌は坂本真綾さんが担当!『FGO』を支える歌声を楽しもう

  本作の主題歌を歌うのは、ゲームの1部、2部と主題歌を担当してきた坂本真綾さん。

 原作ファンにとってはこれ以上無いほど嬉しいことではないでしょうか。

 坂本真綾さんの歌声は、透き通った高音と柔らかい声質が同居した、幻想的な雰囲気に満ちた声。

 彼女は、過去に『ラーゼフォン』や『ロードス島戦記』など、ファンタジックな作品に楽曲を提供した実績を持っています。

 また、坂本真綾さんは声優としても登場します。

 役は、メインメンバーの一人、レオナルド・ダヴィンチ。主人公たちをバックアップするとても重要なポジションなので、お見逃しなく。

(Sponsored)

◆2020年の締めは『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の視聴がマスト!

  125日に上映を控えた『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』。2020年を締めるなら、本作の視聴はマスト! 原作ファンの方はモチロン、まだゲームに触れたことが無い方も、今からゲームをプレイしてぜひ映画館へと足を運んでみてください。

(Edit&Text/からすけ)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

「Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」公式サイト

©TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事