TVアニメ『葬送のフリーレン』では早くも第8話でタイトルの意味が回収され、ファンの中で「神回だ」と話題になりました。

 しかしこの作品では、公式が明かしたタイトルの意味とは別に、もうひとつ隠された意味があるとファンの間で考察されています。どのような意味が隠されているのでしょうか?

◆公式が解説する『葬送のフリーレン』の意味

 公式が解説する『葬送のフリーレン』の意味とはどんなものでしょうか?

 公式が解説する『葬送のフリーレン』の意味が判明したのは、アニメ第8話『葬送のフリーレン』です。この回ではグラナト伯爵領へ訪れたフリーレンたちが断頭台のアウラたちと対峙し、魔族たちとぶつかり合いました。

 当初、アウラの部下であるリュグナーはフリーレンのことを忘れていましたが、襲撃をしてきたフェルンがかつて戦ったフリーレンの姿と重なり彼女のことを思い出します。

 そして、彼は彼女が歴史上で最も多くの魔族を葬り去った魔法使いであり、「葬送のフリーレン」と呼ばれていたことを語りました。

 通常、「葬送」は死者を墓所まで送り出すことを意味しますが、魔族は死亡すると魔力の粒子になって消えるため、実質魔族を殺したフリーレンが最期を見送ります。葬送の意味から考えても、ふさわしい二つ名といえるでしょう。

 第8話ではこの意味が明らかになるシーンで締めくくられており、最後にアニメオリジナルの演出としてサブタイトルの「葬送のフリーレン」が表示され、より意味を強調したものになっていました。

 ほかにもアニメオリジナルの演出はあり、フェルンの背後に満月を描くことで、アウラと対峙しているフリーレンと姿が重なり、より2人の存在を印象付けています。

created by Rinker
¥594 (2024/07/14 15:59:31時点 Amazon調べ-詳細)

 このタイトル回収やアニメオリジナルの演出はSNSを中心に大きく話題になり、「神回だった」「見事なタイトル回収に鳥肌がたった」とファンの間では好評だったようです。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.