(Sponsored)

 多くのバーチャルYoutuberが動画・配信のネタとして行うものに「ゲーム実況」というものがありますが、その中でも一際ゲーム実況に特化しているのは「ゲーム部プロジェクト」というグループでしょう。

 彼ら彼女らはそれぞれ『ポケットモンスター』、『スプラトゥーン』といったゲームで主に対人戦の実況を行っており、とりわけレベルの高い実力を持つ集団によるガチの実況が人気の一つとなっています。

 ただ、そんな彼らにはもう一つの魅力があります。

 それは、彼らの日常の姿を映した「非日常」というコント動画。

 バーチャルYoutuberだからこそ行える「普段ではありえない情景」を真面目? に演じる彼らも、「ゲーム部プロジェクト」の人気の一つであると言えます。

 今回は、筆者がオススメする非日常動画を紹介していきたいと思います!

(Sponsored)

樋口楓の場合

 『ポケットモンスターウルトラサン ウルトラムーン』の対戦実況でゲーム部を引っ張る楓部長。

 前期もシングル対戦でレート2153、最終4位という圧倒的な実力を見せた楓ちゃんですが、彼女の日常ではもっぱら「やばい人」扱いされていることが多いです。

 例えばこちらの動画。

【動画引用元】

【大変】みりあちゃんの頭がにじさんじ

配信元:ゲーム部プロジェクト


 ヘルメットが外れなくなったみりあちゃんに対し容赦なくチェーンソーを掲げる部長。冗談…ですよね?

樋口楓

【動画引用元】

子供が出来ちゃった…ぽよ♡

配信元:ゲーム部プロジェクト


 「ここあちゃん(晴翔くんの妹)と一緒に作ったんだよ☆」と笑顔で差し出す包丁。圧倒的不審者の極みです。

【動画引用元】

【ゲーマーの主張】『屋上へ行こう!』~秋のゲーム部SP 2018~

配信元:ゲーム部プロジェクト


 感謝の気持ちを込めて作ったクッキーですが、中身は何が入っているか分からない(以前作った時はエナジードリンク入り)危険物を平気で渡そうとする部長。内情を知る部員は当然拒否をするわけですが……。

【動画引用元】

【衝撃】アホピンクのツインテールを◯◯にした結果…

配信元:ゲーム部プロジェクト


 なおこの動画では普通に美味しいクッキーを振る舞っているようです。なんで普通のクッキーは作れるのにあえて変なことをするのか。これがわからない。

 この他にも、

・実は4人いる(脳内四天王)

・カイリキーになる(腕が4本)

・眩しい物に当たると溶ける(陰の人だから)

 ……という現象を確認しています。人間?

道明寺晴翔の場合

 ゲーム部プロジェクト唯一の男性(大嘘)で中二病の副部長の晴翔くん。

 意外にもゲーム部外での接点も多く、11月15日ににじさんじを卒業した笹木咲ちゃんのためにマリオカート8DXの引退試合生放送を用意したり、同ゲームで行われた「キズナアイ杯」でも知り合ったケリン氏が非日常動画に出演するなど、バーチャルYoutuber同士の繋がりを多く持つ気配り上手な一面も持っています。

 そんな晴翔くん。非日常動画ではこんなことになっています。

【動画引用元】 

【悲報】道明寺晴翔 死す

配信元:ゲーム部プロジェクト


 溺愛する妹のここあちゃんが心配で、霊体になってもなおここあちゃんを追いかける晴翔くんです。端から言ってキモい(褒め言葉)。

【動画引用元】

【ゲーマーの主張】『屋上へ行こう!』~秋のゲーム部SP 2018~

配信元:ゲーム部プロジェクト


 こちらでもここあちゃんに向けての愛を叫ぶ晴翔くんですが、あまりにも長いせいか数秒でカットされました。

 この他(最近は少なめ?)ですが、やたらと金的にダメージを受けることが多いです。

【動画引用元】

【大変】みりあちゃんの頭がにじさんじ

配信元:ゲーム部プロジェクト


 記念すべき一発目。部員同士、密室、何も起きないはずがなく……。

【動画引用元】

部員同士、密室、何も起きないはずがなく…

配信元:ゲーム部プロジェクト


 ここで金的が爆発しています。なぜ爆発したのかはもう考える必要は無いでしょう……。

道明寺晴翔

【動画引用元】

本能寺の変

配信元:ゲーム部プロジェクト


 ちなみに家も爆破されました。

【動画引用元】

白い~翼~つけて~く~ださ~い~♪

配信元:ゲーム部プロジェクト


 何故か屋上で絶体絶命の状況に置かれた晴翔くん。こんな状況でも冷静に部員に対してツッコミを行えるくらいにはタフな人間になっています。

 ツイッターでもやたらと芸人ぶりが加速する晴翔くんは、非日常動画でも芸人顔負けの体の張りようが目立っています。頑張れハルカス。

(Sponsored)

風見涼の場合

 ゲーム部唯一の男の娘(多分)で色んな方面から人気のくん。

 実はぷよぷよの対戦においても高い実力を発揮しており、10月25日に発売された『ぷよぷよeスポーツ』を実況した生放送では、発売直後ではあるものの世界レート2位まで上り詰めるほどの強さを見せたり、ぷよぷよでは「神」とも呼ばれる世界チャンピオンのあめみやたいよう氏にも善戦する実力を見せつけました。

 そんな涼くん。非日常動画ではよく「メロンパン狂」、「楓部長に好意を持っている」の一面を見せます。

【動画引用元】

世にも奇妙な物語?『メロンパン』

配信元:ゲーム部プロジェクト


 彼がメロンパン狂であることを世に証明した動画。(夢オチとはいえ)丸いものは全てメロンパンに見えるだけでなくメロンパンマンという謎の生物まで見えてしまう。

 いつもの可愛い涼くんも「やっぱりゲーム部なんだ」ということを教えてくれました。

【動画引用元】

メロンパンマン殺人事件(前編)

配信元:ゲーム部プロジェクト


 なおそのメロンパンマンは晴翔くんに殺されてしまいました。ちなみにまだ後編は公開されていません。

 ツイッターのつぶやきでもちょこちょこ語尾にメロンパンの絵文字が付いているあたり、本当にメロンパンが好きなんだろうなと想います。

【動画引用元】

ほんとにあった怖い話 その1~呪いのカメラ

配信元:ゲーム部プロジェクト


 呪いのカメラで何故かカメラの中に入ってしまった涼くん。楓部長のパンツが見えそうになるも、みりあちゃんに防がれて舌打ちをしたり、パンツが見えた(と思う)瞬間にレインボーの鼻血を撒き散らしています。

【動画引用元】

筋肉は裏切らない!ゲーム部で筋肉体操♪

配信元:ゲーム部プロジェクト


 上腕二頭筋を触ってみそ〜と自慢する楓部長にたじろぐ涼くん。初心なところがまた可愛らしいです。

 この他様々な場所で楓部長への好意を見せる涼くんですが、肝心の楓部長は狂人だからゲーム一直線なせいか、全く想いが届いていない様子なのが悲しいところ。果たして彼の恋は成就するのでしょうか。というか成就させる気はあるのでしょうか…。

桜樹みりあの場合

 楓部長と同じく『ポケットモンスター』の対戦実況を行うほか、「Little Nightmares」というホラーゲームを部員みんなと仲良く実況したみりあちゃん。

 ポケモンの実力も高く、楓部長とのフレンド対戦でも(反則負けになったとはいえ)勝利を収めるほどの潜在的な強さを持っています。

 そんなピンクの小悪魔みりあちゃん。意外にも非日常動画ではツッコミ役に回ることが多いのです。

【動画引用元】

メロンパンマン殺人事件(前編)

配信元:ゲーム部プロジェクト


 わずか1分の動画にもかかわらず「それプロレスじゃね?」「ていうかそいつ誰だよ!」「結構演技派なんだね!?」「まともなのは私だけかーっ!」と10個を超えるツッコミ(叫び?)を繰り出す異彩っぷり。

 基本的に非日常動画だと晴翔くんとみりあちゃんがツッコミ役になる(というかそれ以外が全員おかしくなる)ため、実は一番まともな存在なのかもしれないです。

 なんて思っていたかと思えば、やっぱりみりあちゃんもゲーム部の一員。彼女も当然普通ではない姿を見せてくれます。

【動画引用元】

子供が出来ちゃった…ぽよ♡

配信元:ゲーム部プロジェクト


 例えば「ムーンプリズム○ワー!」で魔法少女に変身して地球を滅ぼしたり。

【動画引用元】

本能寺の変

配信元:ゲーム部プロジェクト


  ロボットになっちゃったり。

【動画引用元】

学校の校庭に奇行種が大量発生した話

配信元:ゲーム部プロジェクト


 奇行種になったりと、ネタにも事欠かないところも彼女の魅力なのかもしれないです(いや多分違う)。

なぜ彼らの動画はこんなにもカオスなのか?

 ご覧いただいた方には分かるかと思いますが、とにかく彼らの非日常動画は「まるで意味が分からんぞ!」という内容ばかりでございます。

 学校や家が爆発するのは当たり前、地球が割れる、なんか知らない異星人がやってくる、共演したことのあるバーチャルYoutuberが(あえて雑な方法で)登場するなど、到底普通の感覚で説明しきれるものではありません。

 筆者も頑張って「なんでこんな動画ばかり上がってくるんだ……」と色々と想像はしてみたのですが、正直理由は思いつきませんでした。あえて言うとすれば、ゲーム部プロジェクトのスタッフの中にクレイジーな人がいるからだとしか思えない……。

 もう少し真面目な考察をするのならば、本来彼らは「ゲーム」を楽しみながらも本気で取り組む姿こそが一つの日常なのだから、ゲームをしていない別の一面であえて普通の高校生らしい姿を見せなくてもいいのかもしれないです。あと内容的にカオスな方が話題にもしやすいですよね。

 いや、実際には日常動画というのもあるんですよ(ゲーム部プロジェクトで再生リストも作られてます)。

 高校生らしくしりとりでイチャイチャしたり、甘酒に酔ったり、妹の愚痴を聞いたり、記憶喪失になったり、ハロウィンで何が入ってるか分からないクッキーを渡そうとしたり。

……あれ?

 とにもかくにも、彼ら彼女らの様々な(奇怪な)一面も含めて「ゲーム部プロジェクト」なのです。非日常の世界を楽しむ、本気でゲームに取り組む姿を楽しむ、バーチャルYoutuberだからこそ行えるエンターテイメント集団として、今後も見逃さないわけには行かないです!

 日常、非日常動画はどちらも1〜3分ほどのショートムービーが大半を占めるので、ちょっと暇なときがありましたら、皆さんもご覧くださいね。

(Edit&Text/頭皮ぱっしょん)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


ゲーム部プロジェクト

Copyright © 2018 ゲーム部プロジェクト

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事