『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー監督最新作『グリーン・ナイト』が11月25日(金)より全国公開される。本作をいち早く鑑賞した各界トップランナー14名からコメントが到着した。

<山田南平氏 描き下ろしイラスト

 コメントを寄せたのは、かねてよりデヴィッド・ロウリー監督の才能を高く評価してきた映画評論家の蓮實重彦氏や、『Fate』シリーズ原作者として知られるシナリオライター・小説家の奈須きのこ氏ら。

 また、たけもとあかる氏(イラストレーター)、ニヘイサリナ氏(アニメーション作家)氏ら3名からは、コメントとともに、書き下ろしのイラストも到着。主人公ガウェインや彼を取り巻くキャラクターについて、それぞれのタッチで魅力的に描き出されている。

 連載中の話題作『恋するMOON DOG』や『紅茶王子』で知られ、アーサー王伝説を主題とした『金色のマビノギオン』や、書籍『いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか』のカバーイラストなどガウェインと縁が深い少女漫画家の山田南平氏は、イラストと合わせて「ラストの緑の騎士が優しすぎてパパって呼びたくなりました」とコメントを寄せている。

 コメント全文やイラストは、下記から確認してほしい。

◆著名人コメント(順不同・敬称略)

▼たけもとあかる(イラストレーター)

画面を横切るひとつひとつが不穏に謎めいて美しく、息を詰めて観ました。

▼ニヘイサリナ(アニメーション作家)

シネマトグラフィーが壮大でとても美しく、映画でしか表現出来ないキングアーサーの神話性を監督らしく表現している作品だと思いました。コスチュームデザインも魅力的でしたが、個人的にはバリー・コーガンが出演していたことが嬉しかったです。

▼蓮實重彦(映画評論家)

ごくさりげなく見えながら実は凝りに凝ったファーストショットから、傑作の予感がフィルムの全域に漂う。実際、新鋭デヴィッド・ロウリーのこの新作は、21世紀のハリウッドが実現した最初の、ことによったら最後になるかもしれない傑作というほかない。

▼奈須きのこ(シナリオライター・小説家)

これは胸躍る冒険ではなく、胸を裂く巡礼の旅。
あまりにも難解な、しかし美しい幻想絵画。
怠惰なる若者よ、緑の騎士の問いに答えよ。

▼こがけん(芸人)

オーマイガー…なんて面白いんだ!
長い間決断を放棄してきた男の、真の覚悟が試される冒険譚。
魔法や呪いが機能する、ファンタジー好きにはたまらない壮大な世界観のなかで、まったく先の読めない旅が繰り広げられる。

もしやこれは悩める男の夢うつつな妄想ロードムービーなのか…!?

この上なく切れ味鮮やかなラストを、あなたは絶対に見逃してはいけない。

▼ヒグチユウコ(画家・絵本作家)

トールキン好きは必ず観てほしい。
アリシア・ヴィキャンデル、バリー・コーガンも好きな私には更に最高でした。
夢の中の2時間、ぜひ映画館にGOです!

▼小島秀夫(ゲームクリエイター)

高純度な世界観、絵画的なルック、荘厳な音楽!
右脳で体感する映像美学による幻想冒険譚!観賞後には、消化出来ない“緑”が胎内に残り続けるに違いない。それぞれが抱える“試練”と共に、長く寄り添うことになる。“ア・ネバーエンディング・ゴースト・ストーリー”。これはゴール無き放浪映画だ。

▼深緑野分(作家)

ねじれて見えても案外、紐解けば真っ直ぐだったりする。
見事な映像美と刺激的なストーリーテリング、骨の太い成長譚。面白かった!

▼上田文人(ゲームデザイナー)

‟弱さ”も含む人間味溢れる主人公による叙事詩。
子ども向けではないファンタジー。
喩えるならバターではなくハーブ…そんなところがA24らしい良い映画です

▼上田航平(ゾフィー)

言葉にできない教訓が幾つも刻まれたような感覚。これぞ千年を超えた昔話の貫禄。

▼中田クルミ(俳優)

A24×歴史ファンタジーなんて、考えただけで興奮しすぎて脳汁が溢れ出る!
時代も場所をも超えて愛され続けた『アーサー王物語』を重厚な映像美とダークな音楽、そして壮大な自然の中で描かれる。
中世絵画の世界に飛び込んだような世界は息を呑むほど美しければ、突然身体が凍りつくほど恐ろしい。

観た人の数だけそれぞれの解釈が溢れるような、不可解で底知れぬファンタジーを私は心の底から愛している。そう改めて思える作品だった。

▼丸屋九兵衛(万物評論家/ファンタジー愛読者)

我々が初めて目にする南アジア系のガウェイン! 
終盤の展開に原典愛好家としてはドキドキするが……ああ、そういうオチか。素敵!

▼OSRIN(映像作家/アートディレクター)

突きつけられたものに説明などいらない
ただの脳の神秘な幻想だった

◆映画情報

11月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー!

▼物語

その旅は、クリスマスの残酷な遊び事(ゲーム)からはじまった・・・
アーサー王の甥であるサー・ガウェインは、正式な騎士になれぬまま怠惰な日々を送っていた。クリスマスの日。円卓の騎士たちが集う王の宴に、まるで全身が草木に包まれたような風貌をした緑の騎士が現れ、恐ろしい首切りゲームを持ちかける。その挑発に乗ったガウェインは、緑の騎士の首を一振りで斬り落とすが、彼は転がる首を自身の手で拾い上げると「1年後に私を捜し出し、ひざまずいて、私からの一撃を受けるのだ」と言い残して去ってゆく。それは呪いと厳しい試練の始まりだった・・・1年後、ガウェインは約束を果たすべく、未知なる世界へと旅立ってゆく。

▼原題

The Green Knight

(2021年/アメリカ・カナダ・アイルランド/英語/130分/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch)

▼出演

  • デヴ・パテル
  • アリシア・ヴィキャンデル
  • ジョエル・エドガートン
  • サリタ・チョウドリー
  • ショーン・ハリス
  • ケイト・ディッキー
  • バリー・コーガン
  • ラルフ・アイネソン

▼スタッフ

  • 監督・脚本・編集:デヴィッド・ロウリー
  • 日本語字幕:松浦美奈
  • 字幕監修:岡本広毅
  • 配給:トランスフォーマー
  • 提供:トランスフォーマー、Filmarks、スカーレット

▼HP

https://transformer.co.jp/m/greenknight/

▼Twitter

https://twitter.com/GREENKNIGHT_jp

▼Instagram

https://www.instagram.com/greenknight_jp/

 

⇒オリジナルサイトで写真をもっと見る(全4枚)
© 2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.