仮面ライダーシリーズや乃木坂46総出演ドラマなど数多くの作品を手がける鈴村展弘監督が率いる劇団「アソビドラマティック」の旗揚げ公演『Witch Trial 卒業ライブ殺人事件』に、人気コスプレイヤーのすみれおじさんが出演することがわかった。

 同劇団「アソビドラマティック」は、株式会社アセティアが企画・制作をおこなう新機軸エンターテインメントを提唱する集団。2020年11月26日(木)〜29日(日)に「四谷アウトブレイク」で開催される舞台公演で、朗読劇を観覧しながらスマホやパソコンで謎解きゲームを楽しむ仕組みがとられている。

 スタッフ陣は非常に豪華で、前述の鈴村監督のほか、『ファイナルファンタジー』シリーズのシナリオなども務める脚本家・塩味鷹虎氏、人気謎作家・ぺよん潤氏などが参加している。

 すみれおじさんは本公演が初の舞台出演となる。出演についての意気込みを尋ねると、

「演技をするのははじめてなので、すごく緊張しています。でも、コスプレってすごく演技との親和性が高いんだなって感じました!  鈴村監督ともお話をしたんですけど、キャラクターを深く理解して再現するというのが感覚的にはすごく近くて、すごく楽しく演じられています」

 と、笑顔で語ってくれた。

 現在、1日5〜7時間の集中稽古に集中するだけでなく、自主練習の成果もあってか、既にほかのキャストに比べても遜色のないレベルにまで仕上がっている。

 同舞台にはキャストの一人として『ガンダムZZ』主人公のジュドー・アーシタ役や『ONE PIECE』フランキー役などを務める声優・矢尾一樹氏も出演する。

 舞台の公演チケットはまもなく発売を予定している。劇場での観覧は1日3ステージおこなわれるが、コロナ対策をおこなっているため1ステージあたり40席のみとなっている。

 一方、ゲームを楽しめる「オンライン捜査」での観劇も用意されている。チケットの発売情報は公式サイトを常にチェックしておくと良いだろう。

▼劇団「アソビドラマティック」公式サイト

https://www.asobi-dramatic.net/

▼公式ツイッター

https://twitter.com/asobi_dramatic

▼公演情報

日時:2020年11月26日(木)~29日(日)

*11月28日のみオンライン限定公演

会場:四谷アウトブレイク

(〒160-0004 東京都新宿区四谷2-10 第2太郎ビルB1F)

※丸の内線・四谷3丁目駅/4番出口から徒歩5分

※JR・四ッ谷駅/四谷口から徒歩6分

▼チケット情報

2020年11月中旬発売予定

▼STORY(あらすじ)

アイドルグループ『ミラライラ』のリーダーが卒業するライブの日、彼女たちのプロデューサーが、何者かの手によって“殺害”されてしまった。

その場にいた誰もが困惑するなか『ミラライラ』のメンバーとマネージャーは突如、不思議な法廷へと召喚される。

それも、全員がこの事件の容疑者として——

犯人は誰なのか。そして、事件の裏に隠された真相とは?

『ミラライラ』の運命、そして結末を決めるのは……“客席のあなた”。

真実を暴く“時の法廷”が、まもなく開廷する!

■主要スタッフ

▼監督/鈴村展弘

舞台演出を担当する鈴村展弘監督オダギリジョー主演・特撮ドラマ『仮面ライダークウガ(’00年)』にて監督デビュー。以降、仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズの監督として活躍。北川景子等主演・特撮ドラマ『美少女戦士セーラームーン(’03年)』、新垣結衣主演ドラマ『sh15uya(’05年)』、乃木坂46総出演ドラマ『初森ベマーズ(‘15年)』、『湘南純愛組! YOUNG GTO!(‘20年)』などを監督する。

代表作:
仮面ライダークウガ/仮面ライダーアギト/美少女戦士セーラームーン/炎神戦隊ゴーオンジャー/天装戦隊ゴセイジャー/大魔神カノン/スーパー戦隊VSシリーズ劇場/パワーレンジャー・サムライ/パワーレンジャー・スーパーサムライ/非公認戦隊アキバレンジャー/非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛/ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜/仮面ライダードライブ/初森ベマーズ/仮面ライダーゴースト ほか多数

▼脚本/塩味鷹虎

JAGSA(日本ゲームシナリオライター協会)所属の脚本家。これまでに実写映像、アニメ、イベント、ゲーム、書籍など多数手がける。脚本を担当した映画作品『ヒーローズユナイト』は、スペインの映画祭「AsianSummer Film Festival」で高い評価を受けた。

代表作:
ヒーローズユナイト/中国放映アニメ ビショップ(大主宰)/房州電撃!!ライデンマル/怪人会議〜shall we Villains?/沸騰のロマネスカ(シナリオ協力)/明智光秀×歴史リアル謎解きゲームシリーズ/ファイナルファンタジーグランドマスターズ/週刊少年マンガJ誌超話題作×リアル謎解きゲーム ほか多数

▼制作監修/ぺよん潤

日本大学芸術学部演劇学科卒のお笑い芸人。“ 本物の偽ヨン様 ” として一世を風靡した。現在は芸能活動と並行して、謎解き作家として様々な人気作を生み出し注目を浴びている。

代表作:
カイトアンサ(テレビアニメ)/Who killed the brave ~誰が勇者を殺したか?〜/モブX/怪人会議〜shall we Villains?/ 沸騰のロマネスカ ほか多数

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)
タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事