2020年7月8日、声優の花澤香菜さんと、同じく声優の小野賢章さんが結婚したことを発表しました。お二人は2017年に交際を公表していましたが、この度、晴れて結婚ということになりました。

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 今もなお声優業だけに限らず歌手活動やラジオ番組などその活躍も多岐に渡る彼女ですが、せっかくなのでこれを機に花澤香菜さんのこれまでの活躍をおさらいしていきましょう。

花澤香菜 ココベース 画像

<画像引用元:ココベース(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし) CD+DVD, 限定版 販売元:SACRA MUSIC>

花澤香菜さんが演じてきたキャラクターたち

 花澤さんは元々子役として芸能界デビューしました。『やっぱりさんま大先生』にレギュラーするなどの活躍を経て、声優業に携わるのはその後。花澤さんは14歳の時にTVアニメ『LAST EXILE』ホリー・マドセイン役で声優デビューを果たします。

 その後、高校を卒業するタイミングで、レギュラーのアニメ番組がある中、芸能界の引退を考えていたそうなのですが、事務所のマネージャーに引き止められたことが声優を志すきっかけであったことをインタビューで語ったことがあります。

 以降、花澤さんは子役事務所から声優事務所へと移り、現在のように本格的に声優の道を歩んでいくことになります。

 ここでは、花澤さんが演じてきた代表キャラクターを振り返っていきます。

◆『<物語>シリーズ』/ 千石撫子

千石撫子 花澤香菜 画像<画像引用元:ブロッコリーキャラクタースリーブ 〈物語〉シリーズ ぷくぷく「千石 撫子」 販売元:ブロッコリー(BROCCOLI)>

 2009年放送の『化物語』よりTVアニメシリーズの放送をスタートした『<物語>シリーズ』。花澤さんは本作のヒロインの一人、千石撫子(せんごく なでこ)役で出演しました。

 人見知りで恥ずかしがり屋な一方で、主人公の阿良々木暦に好意を寄せており、大胆な行動に出る一面もある妹系キャラクター。後述のキャラクターソング「恋愛サーキュレーション」がヒットソングとなるなど、花澤さんと言えばこのキャラクターのことを思い出す人も多いのではないでしょうか。

◆『PSYCHO-PASS』/ 常守朱

常守朱 PSYCHO-PASS 画像<画像引用元:ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.498 PSYCHO-PASS サイコパス 『常守 朱』 販売元:ブシロード(BUSHIROAD)>

 人気近未来SFアクションアニメ『PSYCHO-PASS』シリーズの1期・2期でヒロイン、そして主人公として活躍する常守朱(つねもり あかね)。シリーズ当初は新人監視官としてあどけなさの残るキャラクターだったのですが、数々の事件を経て、2期シリーズでは刑事課一係のリーダーにまで成長しました。すっかりキャラクターも一変しているようなキャラクターなのですが、花澤さんが見事に演じきっています。

◆『言の葉の庭』/ユキノ

言の葉の庭 ユキノ 画像<画像引用元:https://www.kotonohanoniwa.jp/page/characters.html より引用掲載 ©Makoto Shinkai / CoMix Wave Films>

 アニメ映画ばかり観ている身として、挙げさせてほしいのが『君の名は。』でおなじみの新海誠監督のアニメーション映画『言の葉の庭』ユキノ役。それまで内気な女の子役の印象が強かった花澤さんが、もっと大人の女性を演じるという驚きのあった作品でした。

 ユキノという役は27歳という設定だったので、当時は25歳以上の声優さんを対象に募集をかけていたそうです。当時花澤さんは23歳でオーディションの対象外だったのですが、花澤さん自身の強い要望でテープを送り、最終的に役を勝ち取ったという逸話が印象的です。

 他にも多くのキャラクターを演じてきているので、その全てはとてもじゃないですが紹介しきれないのですが、ぜひ「このキャラクターも!」などあればコメント欄などにお寄せいただければと思います。

花澤香菜さんの歌手としての活動

 花澤さんは声優業だけでなく、歌手活動でも活躍する人物の一人。キャラクターソングから、自身名義の曲までいくつもの楽曲を歌ってきました。本人名義でのリリースは2020年現在でシングル13枚、アルバム5枚をリリースしています。

 ここでは、代表曲をいくつか紹介していきます。

◆恋愛サーキュレーション

恋愛サーキュレーション かわいい 画像<画像引用元:恋愛サーキュレーション(化物語)

 TVアニメ『化物語』第10話のオープニング曲として起用された、千石撫子のイメージソングともなっている一曲。キャラクターソングの一つのような存在でありながら、他の番組などに起用されるなど、カルト的な人気を誇り、今もなお花澤さんの代表曲として存在する歌です。

◆こきゅうとす

 2014年のクリスマスイブにリリースした、花澤さん名義での4thシングルが「こきゅうとす」。花澤さん自身もファンであるというやくしまるえつこさんが作詞・作曲などの楽曲提供だけでなく、ミュージックビデオやアートワークに至るまでトータルプロデュースを務めた曲です。ガーリーな雰囲気が花澤さんの声にうまくハマった一曲となっています。

◆恋する感覚-Feat.花澤香菜

 ロックバンドであるBaseBallBearとのコラボレーション曲にも花澤さんは参加しています。この曲ではメインボーカルの小出祐介さんは歌わず、ベース担当の関根史織さんと花澤さんの女性二人のみとなっている、バンド内の曲でも異質な曲。ギターロックに花澤さんの声が乗るとこんな感じなのか! という不思議な気持ちにもなる爽やかな歌です。

◆まじかる☆まーじゃん☆ワールドver.玄

 ちなみに代表曲というとちょっと違うのでしょうが、個人的にすごく思い入れのある花澤さんの曲がありまして、それが「まじかる☆まーじゃん☆ワールドver.玄」

 美少女麻雀漫画『咲-Saki-』のTVアニメ化の際に松実玄役として出演した花澤さんが歌ったキャラクターソングです。

 リリース当時、花澤さん好きの友人宅で麻雀ばかりやっていた時期があり、その時、BGMとしてひたすらこの曲を流していました。花澤さんの掛け声と共にロンをしたのが良い思い出です。私の青春の一ページには花澤さんとの麻雀の日々が刻まれているのです。

海外人気の大きさ

 花澤さんの人気は今や日本だけには収まりません。

 中でも中国での人気は絶大。2019年には、日本人女性ソロ・アーティストでは初となる中国・上海メルセデスベンツアリーナ公演“KANA HANAZAWA Concert 2019 in SHANGHAI”を開催したり、2年連続で中国の国民的人気年越し番組に出演するなど、目覚ましい活躍をしています。アニメに詳しくない人も、花澤さんの顔は一種のネットミーム化もしており、圧倒的な知名度を誇ります。中国との縁の深さから、2020年3月に発売した写真集「How to go?」では撮影を中国・重慶で行なっています。

How to go? 花澤香菜 画像<画像引用元:花澤香菜写真集「How to go?」 (B.L.T.MOOK) (日本語) ムック 出版社:東京ニュース通信社>

 今回の結婚の発表に至っても、実は中国版Twitterとも言えるサービス・微博(ウェイボー)にて、花澤さん自身もアカウントを持っており、中国語にて、今回の結婚の発表メッセージを投稿しています。中国のファンからも多くの祝福のメッセージが送られました。

 

 ――人気声優の二人の結婚ということで、驚きのニュースとなりましたが、新型コロナなどで大変なニュースも多い時期に嬉しい知らせにもなりましたね。

 最後になりますが、花澤香菜さん、小野賢章さん末長くお幸せに! お二人の今後の活躍も期待しております!

(Edit&Text/ネジムラ89)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事