(Sponsored)

 『ラブライブ!』シリーズの全楽曲、『涼宮ハルヒ』や『らき☆すた』シリーズの一部楽曲など、多くのアニメ/ゲームソングの作詞を手がけていることで知られる、作詞家・畑亜貴さん。

  彼女の歌詞は、畑節ともいえる、独特な言葉遣いや、言い回しがたびたび使われることで有名です。
独創的な作詞スタイルを貫き通す畑亜貴さんですが、手がけた歌詞はどれも、作品の世界観を深く理解したモノであり、キャラクターの心情を鮮明にリスナーに届けることから、多くの人にリスペクトされています。

 “カリスマポエマー”として注目を浴び続ける畑亜貴さんですが、自らボーカルや楽器演奏等を行い、これまでに、シングル6枚、アルバム3枚をリリースし、ミュージシャンとしても活動をしていることはあまり知られていません。

 そこで、作詞だけでなく、作曲、歌唱とマルチに才能を発揮する、畑亜貴さんの楽曲を5点、動画を交えご紹介!ミュージシャンとして自身の世界観をフルに表現する、畑亜貴さんの魅力を存分に堪能ください。

畑亜貴 愛するひとよ真実は誓わずにいよう

画像引用元:愛するひとよ真実は誓わずにいよう(DVD付)
畑亜貴
販売元:ランティス

アプリ『夢色キャスト』も畑亜貴さんが全作詞をしています!

(Sponsored)

毀レ世カイ終ワレ(こわれせかいおわれ)

【動画引用元】
畑 亜貴 / 毀レ世カイ終ワレ - Music Video
配信元: Lantis Channel



 畑亜貴さんの最新シングルにして、アニメ『ビッグオーダー』のED曲として起用された、ファンタジー色の強い楽曲。

 Aメロ、Bメロでは寂しげにピアノが鳴り響く中、畑亜貴さんのボーカルがミステリアスに響きます。しかし、サビでは一気に盛り上がりを見せ、幻想的なバラードに発展します。

 ここに引用掲載した、ミュージックビデオは非常に前衛的であり、畑亜貴さんに明るいイメージを持っている人は、そのギャップに驚くかもしれません。

拝金聖者我が町を進まん

【動画引用元】
畑亜貴「拝金聖者我が町を進まん」PV 90秒ver.
配信元:Lantis Channel


 5thシングル『拝金聖者我が町を進まん』収録のA面曲。テーマは「怒り」であり、歌詞には過激かつ暴力的な言葉が飛び交い、畑亜貴さんのパンクスピリットを感じます!

 『ラブライブ!』などで畑亜貴さんを知った人は、歌詞を聴いて、ちょっとショックを受けるかもしれません……。ですが、曲調は明るいテクノポップで、スムーズに聞くことができるので、畑亜貴入門曲としてはオススメです!

愛するひとよ真実は誓わずにいよう

【動画引用元】
【畑 亜貴】愛するひとよ真実は誓わずにいよう Music Clip Short ver.
配信元: Lantis Channel


 3rdアルバム『愛するひとよ真実は誓わずにいよう』収録の楽曲。

 「愛と真実は相いれない」をコンセプトとした歌詞に加え、荘厳なオーケストラ風のメロディーが鳴り響くこの曲は、畑亜貴さんの楽曲の中でも、“意味の深い”大作といえます。

 畑亜貴さんは、何を思ってこの曲を創ったのか、この曲にまつわるエピソードが気になります。しかし、残念ながら彼女はコンセプトしか語っていないため、リスナーの想像を膨らませます。

万能に滾る如何様

【動画引用元】
【畑 亜貴】万能に滾る如何様 Music Cli
配信元:Lantis Channel


 3rdシングル『万能に滾る如何様』収録のA面曲であり、前作『予感の天使を抱きしめて』からおおよそ10年の時を経てリリースされました。

 この楽曲は、畑亜貴さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『畑亜貴らじお〜万能に滾る何様〜?』(放送期間:’10年9月12日~’11年1月1日)の番組名の由来にもなっています。

 強烈な嫉妬やエゴを感じさせるネガティブな歌詞にも関わらず、ポップロックな曲調が心地よく、ヘビーローテーションしてしまう中毒性のある楽曲です!

 この曲も『愛するひとよ真実は誓わずにいよう』のように、畑亜貴さんの内に秘めた世界観を見事に表現した名曲です。

断崖の己惚れ屋

【動画引用元】
【畑 亜貴】断崖の己惚れ屋 Music Clip
配信元: Lantis Channel


 4thシングル『断崖の己惚れ屋』収録のA面曲。

 シンセサイザーが奏でるメロウな旋律に、畑亜貴さんの美声が重なり、全体を通して、ファンタスティックな味が出ています。

 曲の後半からロック調のギターソロが鳴り響き、爽快感を与えてくれます! PVも曲調に合わせ、幻想的な創りになっていて、疲れているときに観ると心を癒やしてくれます。

喜怒哀楽を言葉と音だけで伝える

 畑亜貴さんのソロ楽曲は、感情表現のメリハリがしっかりとしていて、喜怒哀楽どれも心に響いてきます。

 『ラブライブ!』などで畑亜貴さんに興味を持った人は、一度、彼女のソロ楽曲を聴き、畑亜貴ワールドを体感してみるといいでしょう。

 きっと今よりも、畑亜貴さんの作詞するアニメを深く観れるようになるはずです!

(Text/佐倉璃紗 Edit/水野高輝

【参照サイト】
Wikipedia 『畑亜貴』の項

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事