アニメを観ていて、自分の好きな声優さんが出ているとテンションが上がりますよね。キャラクターの声を聴いて、「あっ、これは〇〇さんだ!」とすぐ分かるモノから、エンディングのテロップを観て気付くのもあったり。そういうのって結構楽しい。

 皆さんそれぞれに、好きな声優さんが心の中にいるかと思いますが、個人的にあげさせてもらうと、早見沙織さんです。

早見沙織 声優 画像

画像引用元:「Live Love Laugh」<CD+Blu-ray盤> 販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

 そこでここでは、2019年に早見沙織さんが演じたキャラクターを3人ピックアップ! 果たして皆さんの知っているキャラクターはノミネートされているのか??

ユンファ・ルー『彼方のアストラ』より

 親の躾の影響もあり、自分を表に出さず、目立たないように生きてきた17歳の女の子。

 何だか自信がなく、気弱な雰囲気に合わせた声のトーンは、ユンファにとてもぴったりでした。早見さんの落ち着いている声質に、暗さを付け加えた感じ。また、物語が進んでいくうえで、ユンファが自信を付け、大好きな歌を真っ直ぐ力強く唄う声音も素敵でした。裏表を感じさせないクリアな声。この声質も早見さんの持つ大きな魅力ですよね。

胡蝶しのぶ『鬼滅の刃』より

胡蝶しのぶ 鬼滅の刃 早見沙織

画像引用元:https://kimetsu.com/anime/story/?story=22 より引用掲載 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 声質的に明るいのに、なんだか黒い影を忍ばせたトーンは、ゾクゾクしてやばかったです。もちろん良い意味ですが。早見さんは、ヤンデレといいますか、裏表があるキャラを演じるのがお上手。透明感のある声質がよりそう感じさせてくれるのかもしれません。

アザゼル・アメリ『魔入りました!入間くん』より

 こちらはうってかわって、ツンデレという王道キャラ。凛とした張りのある声質で、キャラのツンさを見事に表現しています。それにかっこいい。それではただのツンキャラになってしましいますが、そこは早見さん、ちゃんとデレの愛らしさを出しています。今は少しだけですが、「キューン!」というセリフが可愛い。気になる方は、作品公式ホームページ第7話の予告をご覧になってみてください。

https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=iruma

 

――今後も、色んなアニメで活躍されるであろう早見沙織さん。筆者も含め、多くのファンを楽しませてくれるでしょう。もっといろんな声の演技を聞いて楽しみたい、今日このごろです。

Text/おみくじ Edit/ポン・三暗刻)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト

© 篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

魔入りました!入間くん | NHKアニメワールド

©西修(秋田書店)/NHK・NEP

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事