人類の存続を賭けた異能力バトル漫画『列強戦線』の第1巻が、319日に発売されました。

『列強戦線』第1巻

 『月刊コミックゼノン』とWEB漫画サイト『ゼノン編集部』にて連載中のこちらの作品は、地球の存続が残り100年となった世界が舞台の物語。

 現存する諸国が、地球の寿命を延ばすために人口を減らすための戦争「亡国決定戦」を行い、滅ぼす国を決める戦いが繰り広げられます。

 亡国決定戦の勝敗の決め方は非常に単純。それぞれの国から「代理英雄」を選出し、トーナメントを行います。そして、試合に負けた最弱国が滅亡の運命を辿るというルール。

 始めは高みの見物をしていた各国の人々ですが、試合の調停役の人工知能・ガイアが、敗者となった国に不利となるルールを持ち出したことで世界は大混乱に陥ります。

 『列強戦線』の見どころは、そのような緊張感のある試合や、登場キャラクターたちの持つそれぞれの特殊能力。また、戦闘だけではなく、代理英雄に選ばれた者たちが背負う、それぞれの過去にもご注目。

 『列強戦線』第1巻では、日本の首相の息子である西苑蓮一と、イギリスの代理英雄との激戦が描かれています。

 トーナメント形式のバトル漫画が好きな人は、『列強戦線』第1巻を手に取ってみてはいかがでしょうか。

〈文/伊藤悠〉

▼「Episode:0 この星の対話」はこちらから読めます

https://comic-zenon.com/episode/14079602755481089896

◆書籍情報

created by Rinker
¥653 (2024/07/18 14:44:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • 書籍名:『列強戦線』第1巻
  • 著者:うるまなつこ
  • 価格:726円
  • 出版社:コアミックス

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.