<※この記事には原作のネタバレが登場します。ご注意ください>

 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(以下『かぐや様』)は、主人公である白銀 御行と、四宮 かぐやがお互いに相手を想っているにも関わらず、己のプライド故に自分から告白出来ず、相手から告白させようと画策する物語です。

かぐや様 2期 画像<画像引用元:https://kaguya.love/story/?id=03 より引用掲載 ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会>

 この手の物語はなかなか登場人物の関係が進展せず、ヤキモキしますよね。『かぐや様』も同じようになかなか告白に移らず「いつになったら告白するんだ」「想いを伝えないまま終わるんじゃないか」と思っている視聴者も多いのではないでしょうか。

 しかし、原作には、ちゃんと2人が想いを伝え合う話が存在するのです。

 そこで今回は、原作で登場した白銀 御行と四宮 かぐやの恋愛頭脳戦に決着を付けたロマンチック過ぎる告白シーンを紹介していきます。

<※以下、原作のネタバレを含みます。ご注意ください>

あの「四宮 かぐや」からキスさせたロマンチックすぎるムード

四宮かぐや かわいい 画像<画像引用元:https://kaguya.love/story/?id=01 より引用掲載 ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会>

 白銀 御行と四宮 かぐやは、お互いに相手から告白させようと画策してきました。しかし、ある事情により2人は自分から告白しようと心に決めることになります。

 その事情とは、白銀 御行の海外進学です。彼は密かにスタンフォード大学を受験し合格しました。名門大学合格は2人にとって嬉しい出来事なのですが、問題は大学の入学時期が日本の高校の卒業時期と大きく異なることにあります。高校を卒業してからでは多くの時間を無為に過ごしてしまうため、彼は高校卒業を待たず1年飛び級での入学を決めました。

 そのため、一緒にいられる高校生活が短くなり、「このまま相手から告白を待っていたらラブラブな学生生活が送れない」と焦った2人は今までの相手から告白させる作戦から路線変更をして、相手から断られない告白をしようと画策することになります。

 そんな2人が告白するイベントに選んだのが文化祭最終日のキャンプファイアーです。あれだけ、相手から告白させようと、すれ違ってきた2人が告白に選んだ舞台が同じだなんて運命的でもありますよね。

 さて、白銀 御行の告白作戦ですが……。

 文化祭最終日、学園中に飾り付けられていたハート形の風船が全てなくなってしまいます。

 秀知院学園の文化祭には、期間中にハートの形をしたものを意中の相手に送り、愛を伝えるという伝統があります。

 風船がなくなったのは、その伝統に則り白銀 御行が大量のハートの風船を四宮 かぐやに送るためだったのです。それも、キャンプファイアーの最中にバラまくことによって、上昇気流に乗った数百の風船が上空に舞い上がるという非常に手の込んだ送り方をしました。

 それは、ある理由からどうしても自分から告白できない白銀 御行の想いを込めた風船だったのです。そして、ハートの風船に包まれる中、彼は一生で一度のお願いとして、四宮 かぐやに「スタンフォード大学を受験し、一緒にアメリカへ来い」と言います。

 人生を左右する決断なだけに重いセリフですよね。ストレートな告白ではありませんが、寧ろ普通の告白より遥かに想いのこもったセリフなのではないでしょうか。しかも、ハート形の風船が空に舞い踊っている中でのセリフです。すごくロマンチックですよね。

 四宮 かぐやは、この誘いを聞いて一瞬迷いますが、すぐに「わかりました」と返事をします。彼女の実家のことを考えれば、そんな勝手な判断が許されるはずありませんが、その返事の速さからは彼女の覚悟の大きさと想いの深さの伝わってきますよね。これは『かぐや様』の中で最もドキドキしてしまうシーンだと言えるでしょう。

かぐや様 四宮かぐや 画像<画像引用元:https://kaguya.love/1st/story/12.html より引用掲載 ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会>

 そして、白銀 御行の言葉に浮かれた四宮 かぐやは全ての答えとして、彼にキスをします……。

 文化祭最終日、キャンプファイアーの炎と空中に漂うハート形の風船に囲まれる中、一生の選択をお願いするなんてロマンチックですよね。しかも、それらの締めくくりとして、あの四宮 かぐやからキスをさせるなんて、さすが白銀 御行といったところではないでしょうか。

関連する記事


お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード