『彼女、お借りします』(略称、かのかり)第7話で更科 瑠夏ちゃんの特殊EDが入ったのを覚えていますか?

 瑠夏ちゃんは登場して間もないにも関わらず、木ノ下 和也に好意を寄せる様子が描かれていましたよね。なぜ、これほどの短期間で和也に好意を寄せることになったのでしょうか。

かのかり 更科 瑠夏 かわいい 画像<画像引用元:https://kanokari-official.com/story/ より引用掲載 © 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会>

 その説明が特殊EDで流れた瑠夏ちゃんの過去編になるのですが、EDなので音声もなし、時間も短いのであまり瑠夏ちゃんの思いを描ききれていないなと感じました。

 そこで、今回その特殊EDの詳細な解説と、瑠夏ちゃんが和也に惚れた詳細な要因、そしてこれからの瑠夏ちゃんと和也の恋愛模様について紹介していきます。

(Sponsored)

◆更科 瑠夏の過去について 彼女が抱える心臓の病気とは?

かのかり 更科 瑠夏 かわいい 画像02<画像引用元:https://kanokari-official.com/story/ より引用掲載 © 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会>

 作中では元気そうに騒いでいる瑠夏ちゃんですが、彼女は心臓に病気を抱えています。

 それは先天性の徐脈と呼ばれるもので、1分間に60回未満しか心拍しない人を示すそうです。瑠夏ちゃんはそれを産まれた時から患っており、小さい頃は大きなハンデとなっていました。

 時々瑠夏ちゃんの見ている数字が心拍計になります。普段は60回未満の心拍がどれくらいドキドキしていたのかを示しているわけですね。

 この徐脈、健康な人間からすれば心拍数が少ないくらい、それほど影響が無いように思えます。しかし、これは脳に送る血液が少なくなってしまうため、眩暈やふらつき、そして時には失神などの症状を示すこともある病気なのです。また、同様に理解力や記憶力の低下などもみられ、症状の重さによってはペースメーカーが必要になることも……。

 幸い瑠夏ちゃんはそれほど重い徐脈ではありませんが、幼い頃は運動や興奮した時に、眩暈、息切れをよく起こしていたようです。

 日常的に生活するには支障ないものの、周りから気を使われて生活していました。そのため、瑠夏ちゃんは周りの人間が当たり前にやっている、運動や遊びを控えて生活していたのです。

 その影響もあって幼い頃の瑠夏ちゃんの夢は、目一杯ドキドキすることに。

 そう、瑠夏ちゃんは、「みんなと同じように遊びたい、でも我慢しなければならない」そんな思いを抱えて幼少期を送っていたのです。

 ドキドキしてはいけない……。そんな幼少期を送っていた瑠夏ちゃんも成長するにつれ、徐脈の影響も小さくなってきました。それは日常に差し支えないどころか、多少はしゃぎまわっても影響がないほどに。

 しかし、その時既に、瑠夏ちゃんはドキドキしないことが当たり前になってしまっていました。

 何をしてもドキドキしない。友達はあんなに楽しそうにしているのに……。自分の心臓はいつもと同じ。何をしても動じないロボットのよう……。

 それはいつしか瑠夏ちゃんのコンプレックスのようなものになっていました。

 そんなある日、友達の恋愛話を聞きます。その話によると恋愛は友達にとって心臓がバクバクするとても嬉しい出来事だったようで……。

 そこで瑠夏ちゃんは、自分も恋ならばドキドキできるのでは? と考えレンタル彼女に興味を持ったのです。

 そこで、レンタル彼女を選ぶ辺りちょっとよく感覚が分かりませんが、これくらいの年齢の女の子は同い年の男の子が子供に見えるもの。大人が相手をしてくれるレンタル彼女の方がドキドキできると考えたのかもしれませんね。

 こうして瑠夏ちゃんは、レンタル彼女にドキドキするような恋を求めていったのです。

(Sponsored)

◆アニメの内容補完 その病気と主人公を好きになることには、どんな関係があったの?

かのかり 更科 瑠夏 かわいい 画像03<画像引用元:https://kanokari-official.com/story/ より引用掲載 © 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会>

 レンタル彼女にドキドキを求めた瑠夏ちゃんでしたが、何人の男性とデートをしても心拍数が変わることはありませんでした。

 そこで遅まきながら、こんな所(レンタル彼女)で本当にドキドキできる出会いなどないことに気づきます。

 また、同時に自分がドキドキできることは、この世にないと諦めてしまうことに。そして、瑠夏ちゃんはドキドキしない、灰色の世界で生きていく覚悟を決めたのでした。

 ……。

 しかし、ある時出会ってしまったのです。自分と同じレンタル彼女相手に本気になっている男の子に……。

 その男の子は、なんとレンタル彼女のためにずっとこっちを追っかけて、ついには土下座までしてしまうのです。

「なんでそこまで本気に?」

 そんな男の子の気迫に、いつしか瑠夏ちゃんの心臓はドキドキしており……。

 ドキドキ、ドキドキ、

「あぁ自分でもドキドキすることがあるんだ」

「自分はロボットじゃなかった」

 ついに瑠夏ちゃんは見つけたのです。何があってもドキドキしなかった自分が唯一ドキドキするものを……。

 それが、和也なのです。

 和也と一緒にいる時、和也を考えている時、その時だけが大きく弾まない彼女の心臓を躍らせることになります。

 だから、瑠夏ちゃんはさらなるドキドキを求めて、和也と共にいようと決めたのです。

 これは結構理屈っぽい理由にも思えますが、自分が唯一ドキドキする相手に恋をするのは必然のようにも感じますよね。

 瑠夏ちゃん登場から「和也好き」まで怒涛の展開でしたので、なんで和也に惚れたのか疑問に思っていた視聴者もいたのではないでしょうか。

 そんな視聴者は予想以上に重い過去や乙女な瑠夏ちゃんの姿に驚いたことでしょう。

 アニメも残り少なくなってきましたが、まだまだ瑠夏ちゃんの可愛らしいシーンは残っています。ぜひ、注目してみてください。

(Sponsored)

◆これからはずっとドキドキ 更科 瑠夏と木ノ下 和也の恋の行方は?

かのかり 更科 瑠夏 かわいい 画像04<画像引用元:https://kanokari-official.com/story/ より引用掲載 © 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会>

 今までの人生で、ドキドキしてこなかった瑠夏ちゃんは和也と出会いドキドキを知ることになりました。

 ドキドキはとっても気持ちよくて楽しいもの。それを知った瑠夏ちゃんはもう止まりません。和也に驚くほどの猛アタックを繰り返していくことに!!

 ここでは、その一部を紹介していこうと思います。

 ▼彼氏のバイト先見つけちゃった事件

 いつどんな時も和也と一緒にいたい瑠夏ちゃんは、ついに禁断の方法を取ってしまいます。それは、彼氏と同じバイト先でバイトをすること。しかも、和也には内緒で。

 新人バイトとして瑠夏ちゃんが紹介された時の和也の慌てっぷりには少し同情してしまいます。

▼私、和也君の彼女です事件

 ある日、和也のバイト先に元カノである麻美ちゃんが来ることになります。

 ただの知り合いかと思っていた瑠夏ちゃんですが、麻美ちゃんの「和くん」呼びにライバル心を刺激される事態に……。

 ついには麻美ちゃんに2人がどういう関係か尋ね、自分が今の彼女だから和也君は私のものと宣言し修羅場になってしまいます。

▼和也の誕生日、プレゼント事件

かのかり 更科 瑠夏 かわいい 画像05<画像引用元:https://kanokari-official.com/story/ より引用掲載 © 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会>

 和也の誕生日に瑠夏ちゃんは、所用で来られない千鶴の代わりに乗り込んでいきます。

 千鶴がいない間は超ご機嫌だったのですが、途中で所用を片付けて千鶴が誕生会に合流してから雲行きが怪しく……。

 自分の対応より遥かに大人な対応をする千鶴に対抗心を刺激された瑠夏ちゃんは、なんと和也を暗がりに連れ込みキスをするという大胆なプレゼントを渡します。

 

 このようにアタックに次ぐアタックを重ねる瑠夏ちゃんですが、和也の心はどんどん千鶴に惹かれていってしまいます。一時期は、もしかすると、という展開もあったのですが、今ではもう旗色が悪いと言わざるを得ません。

 と言いますか、『彼女、お借りします』のヒロインは千鶴ただ1人。何をどう間違っても瑠夏ちゃんと和也が結ばれるエンドはないでしょう。

 瑠夏ちゃんの負けヒロインっぷりは可哀相ですが、それでも健気にアピールを続ける姿はとっても可愛らしいので、応援してあげてください。

 

 ――以上が、更科 瑠夏の過去と病気の影響と和也に関わる一連の要因になります。

 アニメでは、ちょっと勢いで好きになっている感がありますが、瑠夏ちゃんの気持ちがどれほど真剣であるかわかっていただけたでしょうか。

 原作でも、瑠夏ちゃんは可愛らしい姿をいっぱい見せてくれているので、気になった方はぜひ、読んで確かめてくださいね。

(Edit&Text/天乃ひる)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

TVアニメ『彼女、お借りします』公式サイト

© 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事