『魔法科高校の劣等生』の名物と言えば、お兄様の無双ですよね。誰が相手だろうと負ける気配が微塵もないお兄様は観ていて爽快がありますし、安心感もあります。そこが、この作品の魅力ともなっているのでしょう。

 そして、名物と言えば、深雪が持つ達也への過剰な愛も忘れてはいけませんよね。

魔法科 深雪 かわいい 画像<画像引用元:https://mahouka.jp/story/?id=ep06 より引用掲載 ©2019 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校2製作委員会>

 『魔法科高校の劣等生』の別名となったこのセリフ「さすがはお兄様です」(さすおに)を発した深雪の達也への愛は兄妹とは思えないほど深いもの。特に2期でのバレンタイン回では、深雪の重すぎるバレンタインに多くの視聴者がドン引きしていました。

 しかし、所詮は兄妹。これ以上関係が発展することはないハズ。そう常識ではないハズ……。ですが、その常識を破るのがこの『魔法科高校の劣等生』。

 なんと、今後の展開では達也と深雪が婚約する超展開を迎えるのです。

 今回は、そんな達也と深雪の婚約について、そして兄妹2人の想いや過去について紹介していきます。

※以下、原作のネタバレを含みます。

◆兄妹にも関わらず婚約ってどうなっているの?

魔法科 深雪 かわいい 画像02<画像引用元:https://mahouka.jp/1st/story/e01.html より引用掲載 ©2013 佐島 勤・KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会>

 「婚約ってマジ?」「いつのこと?」「兄妹なのにどうやって」などの疑問が浮かんでいることでしょう。ここではそれらの疑問を一つ一つ解消していこうと思います。

 まず、婚約に関しては、ガチです。一時的なものや偽装婚約でもなく、本当に婚約してしまいます。結婚自体はまだですが、原作最新刊では、そろそろ結婚回が描かれてもおかしくはない雰囲気に。

 しかも、婚約の話は、達也と深雪の間だけの話ではなく、2人の生家である四葉家から発表されたもの。モチロン、達也と深雪の友達全員も知っており、また魔法師界公認の出来事となっています。

 今後の展開的に2人の関係をどうするのか疑問ではありましたが、まさか婚約させるなんて驚きですよね。まぁ、達也の隣に深雪以外がいるのも違和感があるので、収まりがいいと言えるかもしれませんね。

 そして、この婚約がいつの話になるのかですが、まず2期では語られることはないでしょう。現在放送中の2期、来訪者編が原作で9巻から11巻の話です。婚約はさらに未来の話。原作16巻で語られる四葉継承編の話になります。

 少し巻数に開きがありますよね。もし『魔法科高校の劣等生』に3期があれば、語られることになるのではないでしょうか。

魔法科 深雪 かわいい 画像03

<画像引用元:https://mahouka.jp/1st/story/e16.html より引用掲載 ©2013 佐島 勤・KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会>

 ここからは、一番の謎「兄妹なのに婚約なんてどういうこと?」について紹介していきます。

 兄妹の婚約、深雪にとっては嬉しいでしょうが、世間的に考えれば、おかしな話ですよね。タブーとも言えます。ちなみに兄妹の婚約、結婚が許されないのは『魔法科高校の劣等生』世界でも同じです。世界観が違うわけではありません。

 まず、この婚約の話が持ち上がったのは、この巻の主題である四葉を継承するために必要なことだからです。四葉継承の話と婚約の話を同時にすると少し複雑な内容になるので、最初に四葉継承の簡単な疑問を解決していきましょう。

 「誰が四葉次期当主になるの?」……深雪

「現在の当主は誰だっけ?」……四葉真夜

「四葉継承編では、当主争いはあるの?」……現当主を深雪を指名し、一族満場一致なので、当主争いはなし

「達也の方が強いのに、なぜ深雪が当主なの?」……四葉家の当主は最強の魔法師ではなく、最も優れた魔法師がなるという決まりがあるから

 以上のことから深雪が四葉次期当主となるのですが、問題は婚約者。当主ともなれば、誰か適切な婚約者が必要ですよね。何もなければ、深雪には達也以外の男性が婚約者としてあてがわれてしまいます。兄妹の恋愛が御法度である以上、深雪も仕方がないと思ってはいるものの、心のそこでは納得していませんでした。

 しかし、当主になれば家から出来損ないの魔法師として虐げられている達也の地位を回復することができる……。

 異なる2つの思いの間で悩む深雪。

 そこへ、現当主四葉真夜が驚きの話を達也と深雪に打ち明けます。

 それは、達也は深雪の実の兄ではないと言うこと。そして、達也は自分(真夜)の息子であると言うのです。

「???」

「今までの話と違いすぎない?」

 と思いますよね。

 まず、少し四葉家の関係から整理しましょう。現当主である四葉真夜は深雪からみれば叔母にあたります。つまり、深雪と達也は現当主の姉(深夜)の子と言うこと(深夜は故人)。

 しかし、実はそうではなく、深夜の子は深雪だけで、達也は真夜の子供であると言うのです。これが本当ならば、達也と深雪は兄妹ではなく、従兄妹。

 まぁまぁ驚きの出来事ですよね。ですが、ここまでなら、それほどややこしくはありません。ただ、達也が真夜の隠し子で、姉(深夜)の子供だと偽られていただけです。

 複雑なのはここからで、深雪と達也が兄妹ではなく従兄妹であるという話は、達也と深雪を婚約させるための作り話。嘘だと言うこと。

 「今までの話はなんだったんだ」「どれが真実なんだよ」となりますが、「深雪と達也が実は従兄妹だった」は世間を騙すための嘘ということになります。兄妹ではなく、従兄妹ならば、婚約しても問題はありません。つまり、これらの嘘は達也と深雪に正式な婚約を結ばせるためということになります。

 真夜が達也と深雪を婚約させる思惑はまた別にあるのですが、ここでは置いておいて、兄妹である達也と深雪が婚約できたのは、この嘘のお陰です。

 「こんな嘘、通用するのか?」とも思われますが、最終的にはみんな納得してしまっています。モチロン、魔法師の中には、異議を唱えるものもいましたが、強引に納得させられていました。

 むしろ、世界最強の魔法師の1人と言われている四葉真夜の息子なら、達也の強さも納得できるという感じです。一連の内容は、16巻にまとめられているので、興味がある方は読んでみてください。

関連する記事


お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード