「小説家になろう」にて1億7000万PVを叩き出し、電撃文庫(KADOKAWA刊)より刊行されアニメ化が決定している、シリーズ累計100万部突破の大人気痛快ノベル『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』(著:秋/イラスト:しずまよしのり)。

 その本作だが、この度2020年4月よりTVアニメ放送開始が決定した!

 合わせて制作・SILVER LINK.によるアニメ描き下ろしキービジュアルが解禁!

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ アニメ 画像

 さらに、双子のヒロインを演じるキャストが、ミーシャ・ネクロン役楠木ともりさん、サーシャ・ネクロン役夏吉ゆうこさんに決定、おふたりからのコメントも到着!

 そして総監督・大沼心氏ほかアニメ『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』を制作するスタッフ情報が公開された。キャストが発表されたメインキャラクター3名の設定画も公開! 2020年4月のTV放送が待ち遠しい。

(Sponsored)

スタッフ

総監督:大沼心
 監督:田村正文
 助監督:湊 未來
 キャラクターデザイン:山吉一幸
 シリーズ構成:田中 仁
 音響監督:納谷僚介
 音楽:井内啓二
 制作:SILVER LINK.

新キャスト・コメント

ミーシャ・ネクロン役 楠木ともりさん
===
ミーシャは、原作を読んでいて一番最初に「彼女のことをもっと知りたい!」と思ったキャラクターでしたので、紐解き演じられる事がとても嬉しいです。
感情をあまり出さない子ではありますが、彼女の繊細な感情変化にしっかりと寄り添い、皆様に愛して頂ける素敵な作品をつくっていければと思います。
私も今からとっても楽しみです!! 宜しくお願い致します!
===

サーシャ・ネクロン役 夏吉ゆうこさん
===
今回参加させて頂くことになってとても嬉しいです!!
オーディション用音声収録にあたり初めて原作を読んだ時、とても爽快で、時に笑えてほろりときて……と同時に、サーシャを演じたい! と勝手に思っていたのですが、まさかそれが叶うなんて……。本当に幸せです。
素敵なアニメになるお手伝いが少しでも出来れば! と思っています。よろしくお願いします!
=== 

キャラクター設定画

アノス・ヴォルディゴード(CV:鈴木達央)

泰然にして不敵、絶対の力と自信を備え、《暴虐の魔王》と恐れられた男が転生した姿。

現在の魔法技術ではその力が測りきれず、《不適合者》の烙印を押される。

ミーシャ・ネクロン(CV:楠木ともり)

魔族を統べる七魔皇老のひとり、アイヴィス・ネクロンの家系に連なる少女。

サーシャの双子の妹だが、なぜか混血と同じく卑賤な者として扱われている。

サーシャ・ネクロン(CV:夏吉ゆうこ)

ミーシャの双子の姉にして、ネクロン家直系の第十六代目。

両の瞳に万物を自壊させる《破滅の魔眼》を宿す、通称《破滅の魔女》。

原作書籍

「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」
著:秋 イラスト:しずまよしのり
電撃文庫(KADOKAWA刊)より、最新第5巻発売中

コミカライズ

「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」
原作:秋 漫画:かやはるか キャラクター原案:しずまよしのり
ガンガンコミックスUP!(スクウェア・エニックス刊)より、最新第3巻発売中

イントロダクション

二千年の時を経て蘇った暴虐の魔王――だが、魔王候補を育てる学院の適性――《不適合》!?
人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王「アノス・ヴォルディゴード」。しかし二千年後、転生した彼を待っていたのは平和に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々だった。
魔王の生まれ変わりと目される者を集め教育する“魔王学院”に入学したアノスだが、学院は彼の力を見抜けず不適合者の烙印を押す始末。さらには、伝説の魔王は自分とはまったくの別人という事になっていた。

誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者(魔王)が、魔族のヒエラルキーを駆け上がる!!
「摂理だろうと運命だろうと、奇跡だろうと、俺の眼前ではただひれ伏し消えるのみだ。」

【アニメ公式サイト】 URL:http://maohgakuin.com/
【アニメ公式Twitter】 Twitter:https://twitter.com/maohgakuin

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)

©2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事