(Sponsored)

チアキ「バカなこども」とあだ名をつけられ、ぞんざいな扱いを受けている(マコちゃん)。

「俺には溢れ出すワイルドさと生まれ持ったダンディズムがあるから!!

と、自分自身を男らしいと思っているのに、全然そうじゃないあたりが乙女心をくすぐります♡

節分を知らないなど一般常識に乏しく、勉強もあまりできませんが、カナの手によりマコちゃんが誕生してからというもの、新たな才能を発揮し始めました。

(Sponsored)

真の大いなる可能性とは!?

南家に出入りするには女装が必要不可欠になった真は、マコちゃんになったからこそ身についたスキルがあり、それには、真の意外な才能と将来性が見え隠れしているのです!!

本記事では、将来マコトが大物になるであろうポイントを列挙。

さまになった女装姿

チアキに廊下に立ってろと言われたらずーっと立っているほど元々単純で従順なマコトですが、その適応能力はすごい。

初めはチアキの家に堂々と遊びに行くため!! と、戸惑いながらも仕方なく女装をしていたものの、後に女装用の服を自分で買いに行ったり、座り方やスカートを押さえる仕草がどんどん女の子らしくなってきたりと、みなみけの登場キャラで一番かわいいと呼び声高い存在になっていきます。

強制的に女装させられているとはいえ、一回踏み込むと極めるタイプなのでしょうか(笑)。

女装を重ねるごとに、マコちゃんのオシャレ度がアップしていると感じているのは私だけではないハズ。

女の子が何人もいる中で、番オシャレな時も多いですよね。

ハルカやチアキに女装だとまったく気づかれないほどの完成度から見て分かる通り、確実にファッションセンスは磨かれています。

マコちゃんでいる間は、見事に女の子として周りに適応しているのです。

(Sponsored)

料理

みなみけ マコちゃん ハルカ

マコちゃん(左)とハルカ(右)
画像引用元:みなみけ|WonderGOO特典ポストカード ◆ハルカ マコちゃん|桜場コハル 講談社 週刊ヤングマガジン (C) 桜場コハル/講談社

ハルカに一目惚れし、少しでもお近づきになりたい!!という思いが、マコトが女装することになったきっかけのひとつ。率先してハルカの料理の手伝いをしたり、料理本の貸し借りをしたりと、料理を通してハルカとの仲を深めていますよね。

女子に混ざってバレンタインチョコを作るというシュールな場面でも、割と器用に手際よく作業していて、今後もハルカとの関係を深めるべく、順調に料理の腕を上げていくはず。

迫り来るピンチを乗り切るマコちゃんの活躍には期待大!

マコちゃんとして過ごす上でよく起こるのが、マコちゃんがマコトであることを知らない人からの急接近によるハプニング。

女装だということがバレると南家に出入りできなくなるため、マコトにとっては死活問題。

ハルカたちの生着替えをし始め、居ても立ってもいられず外に飛び出したり、マコちゃんの状態で藤岡と男湯で鉢合わせしてしまったり……。

みんなで海水浴に行き、ハルカにオイルを塗るように頼まれて死ぬほどドキドキしたりも(笑)。

マコちゃんの正体を知っているカナや内田の助けも借りつつ、毎回なんとかバレずにやり過ごせているという奇跡。

幾度となく危機(?)を回避し、ピンチを乗り切る力をつけているマコトなのです。

マコちゃんになっていなかったら身につかなかったであろうスキルの習得により、「バカなこども」では片づけられない、様々な才能が開花していることが分かります。

また、ハチを撃退したり、海で溺れそうになったチアキを助けたりと、マコちゃんでいるときの方が男らしい一面を見せたりも。

日頃語っている男らしさよりも、着実に向上していく女子力。マコちゃんを通して見出した、マコトの可能性とこれからの活躍に期待大です。

マコちゃんの正体、バレないといいね!

(Edit&Text/倉橋つばき)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


みなみけ - KING AMUSEMENT CREATIVE

© 桜場コハル・講談社/みなみけ製作委員会/© 桜場コハル・講談社/みなみけ おかわり製作委員会
© 桜場コハル・講談社/「みなみけ おかえり」製作委員会/© 桜場コハル・講談社/「みなみけ ただいま」製作委員会
© Copyright King Record.Co.,Ltd.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事