忘れられないひと夏の思い出を描いた⻘春アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出⼝』の完成披露試写会が7⽉27⽇(水)都内で⾏われ、W主演を務める鈴⿅央⼠さんと飯豊まりえさん、企画・プロデュースを務めた⼩⼭直紀氏が参加した。

 ここではそのオフィシャルレポートを紹介していく。

〈以下、原文ママ〉

 ついに⼀般客への初お披露⽬!塔野カオル役の鈴⿅は本作が声優初挑戦で「⾃分が踏み⼊れていい世界なのかと思いつつの2⽇間のアフレコでした。でもその⼆⽇間が尊くて楽しくて、こんなに充実した時間があるんだなと。幸せな時間を過ごすことができました。声優初挑戦がこの作品で塔野カオルを演じることができた⾃分は幸せ者だなと思います」と⼿応えを得ていた。

 花城あんず役の飯豊は「周りの登場⼈物はプロの声優さんが演じているので、私が浮いてしまっているのではないかと不安でしたが、(鈴⿅と)⼆⼈で収録できたのが⼼強かったです」と鈴⿅とのアフレコ共演を喜んでいた。

 鈴⿅と飯豊は3回ものオーディションを経て本作に抜擢されたという。プロデューサーの⼩⼭は「純然たるオーディションで決めました。本作はアニメと実写の中間のような雰囲気を持った作品なので、お⼆⼈の演技がまさにハマっていました」と若⼿実⼒派である⼆⼈の起⽤理由を明かした。

 完成作について鈴⿅は「作画が綺麗!アフレコ時に⾒ていた⽩⿊の絵からキャラクターが動いて⾊がついて世界観が作られて…。こんなに美しい作品になったのかと感動。⾳楽も登場⼈物の⼼境に寄り添うような⾳楽で、こだわって作っていただけて良かったです」と納得の表情。飯豊も「⾳楽の⼒が凄くて、⿃肌が⽴ちました!」と⼤興奮だった。

 また夏の思い出についての話題になると鈴⿅は「重要なシーンで花⽕が出てきますが、僕も花⽕は思い出深いです。⺟⽅の祖⽗⺟の家が海に近い場所にあって、夏になると港から花⽕が打ち上げられる。それを家の前にイスを広げてみんなで寝そべって⾒るのが夏の楽しい思い出」と回想。劇中にはガラケーも重要なキーアイテムとなるが「⼩6の頃に⺟の使えなくなった電波の繋がらないガラケーを持って『携帯持っているよ』と友達にアピールしていました。ちょっと意地を張りたかったのかな?」と無邪気なエピソードも思い出していた。

 夏の思い出について飯豊は、地元・千葉での盆踊りを上げて「私は夏祭りで浴⾐を着て盆踊りを率先して踊るようなタイプでした。千葉のやっさほっさが盆踊りの代表曲だと思っていたので、千葉以外では知られていないことには驚きました」とローカルネタで笑いを誘っていた。

 本作に登場するウラシマトンネルは「欲しい物がなんでも⼿に⼊る不思議なトンネル」という設定。これにちなんでほしいものを聞かれた飯豊は「⺟と⼆⼈で⾏った⽔族館でお⼟産として買ってもらったイルカの⾵鈴。今どこにあるのかわからないので、その記憶と⺟と⼀緒に出掛けた記憶をもう⼀度取り戻したい」と妄想。

 ⼀⽅の鈴⿅は「⾞が好きだった⽗親が昔乗っていた魔改造した4⼈乗りの⾞がある。⼈⽣初マイカーとしてその魔改造された⾞に乗りたい」と明かした。しかし飯豊が「…魔改造?」と聞きなれない⾔葉に⾸をかしげると、鈴⿅は「魔改造…何て⾔うんでしょうか?屋根とか⾊々なパーツをいじって…あ、カスタムだ!フルカスタムされた⾞を⼿に⼊れたいということ。それを⼈⽣初のマイカーにしたい!」と改めてわかりやすく解説していた。

 最後に飯豊は「孤独な⼼を救ってくれるような作品。この作品が沢⼭の⽅に届いたら嬉しい」と封切りに期待。鈴⿅は「観客の皆さんは3⼈⽬の主⼈公です。皆さんの中でこの物語が続いていけば嬉しい。これからは皆さんとの共同戦線なので、この映画が公開されてからも是⾮とも宜しくお願いいたします!」と⼤ヒットを祈願していた。

関連する記事

お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード