<PR>

TVアニメ『アストロノート』

<この記事にはTVアニメ『ワンピース』と原作漫画『ONE PIECE』のネタバレが含まれます。ご注意ください。>

 クイーンの攻撃をモロに身体で受けてしまったサンジ! しかし平気な姿で立ち上がる彼の身には一体なにが起きているのか──!?

 ダンスフロアを舞台に繰り広げられるサンジとクイーンの対決は、サンジがどう考えても死んでしまうという攻撃を受けてしまう事態に陥ります。

 しかしそこには明らかに平気そうではない姿で平然と立ち上がる異常な姿のサンジがいました。サンジの身に異様な現象が起きる第1053話「サンジの異変 両翼黄色信号!」ではタイトルの通り不穏な展開へと突入していきます。

◆早くもヤマトとモモの助が離ればなれに!モモは一人で大丈夫!?

 まず描かれたのは、鬼ヶ島が既に崩壊をはじめ危険な状態にあることに唯一気づいたヤマトとモモの助の二人。

 協力して鬼ヶ島を止めるのかと思いきや、ドーム地下にある無数の爆薬を誰かがどうにかしないといけないことに気づいたヤマトはその場をモモの助に頼んで自身が爆薬を処理する役目をすることを決意し、彼にあとを託します

 それを聞いたときのモモの助の反応がやけにリアル。「えぇー!?」というドン引きする素直な声や買いかぶりすぎだとうったえる様子は情けなくも見えますが、事態が事態なだけに一人でやらなければいけないという恐怖は共感ができるところです。最初は一人で焦るモモの助でしたがヤマトが鼓舞してくれた言葉を胸に、必死に鬼ヶ島を押し返すべく焔雲の生成に挑みます。

created by Rinker
¥502 (2024/06/22 02:22:03時点 Amazon調べ-詳細)

 一方のヤマトもカイドウとの一騎打ちを経たあとだというのに爆薬に向けて全力疾走。つくづくヤマトも異常な体力の持ち主であることが分かります。

 ちなみに疾走するヤマトはついに悪魔の実の能力による獣型の姿がお披露目となりました。巨大な狼と間違われるその姿はこれまたカッコいい姿となっています。ヤマトの食べたイヌイヌの実・幻獣種のモデルの大口真神といえばニホンオオカミが神格化された存在。背中の仁王襷(におうだすき)も相まって神聖な雰囲気が感じられます。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.