<この記事にはTVアニメ『ワンピース』と原作漫画『ONE PIECE』のネタバレが含まれます。ご注意ください。>

 ウソップのピンチに駆けつけた意外な人物とは? CP-0と最悪の世代の行方は? そしてルフィとカイドウの戦いは今どうなった? その答えが続々明らかに──!

 クイーン、キングといった大看板の二人が敗北し、残すはカイドウとビッグ・マムの四皇二人のみ。

 しかし、鬼ヶ島城内はその戦いに終わらず各地で乱戦や危機が迫ります。次々と戦況が変わっていく城内の様子が描かれた第1063話『ルフィ躍動!新時代の分岐点!では、そんな目まぐるしい戦況がいくつも描かれる回となっていました。

◆状況整理!vs.カイドウ以外の二つの危機とは?

 前回、前々回とたっぷりとサンジとゾロの戦いが描かれましたが、その決着は早々にCP-0の元に情報が集まります。

 大看板・飛び六胞の百獣海賊団の全滅はやはりCP-0にとっても驚きのできごとのようで事態の異様さを口にします。

 しかし一方で、まだ生き残っている“怪物”と称されるカイドウとビッグ・マムであれば状況を覆せる余地があることが語られます。四皇という戦力の異常さがこのCP-0の評価からもわかります。

 そしてここで改めてナレーションによる状況を整理する解説が入ります。

 四皇との戦いに加え、もしカイドウに勝利したとしても鬼ヶ島を支える焔(ほむら)雲が消えて、鬼ヶ島が花の都に墜落してしまうという1つ目の危機と、カン十郎の“燃える怨念”火前坊が鬼ヶ島の空中爆発を目論んでいるという2つ目の危機が語られました。

 モモの助とヤマトの2人だけがこの危機の阻止に奔走しているわけですが、事態が事態なだけに動ける味方陣営のメンバーもどうにかここに合流してほしいところです。

created by Rinker
¥502 (2024/07/22 12:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

 そんなヤマトは無事、火前坊よりも早く武器庫に到着。門番にはナンバーズの六鬼がいたのですが、二牙(フーガ)の体当たりによりあっという間に突破することに成功しました。二牙の合流は偶然だったのですが、結果的にこの合流はかなりラッキーな結果となりました。

 ちなみにカイドウがパンクハザードから買い取ったとされる古代巨人族の失敗作・ナンバーズはそれぞれ意味深に名前の番号に振られているのですが、今回の六鬼の登場で一から十までが揃いました。ナンバーズはもしかするとこれで全員かもしれないですね。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.