<この記事にはTVアニメ『ワンピース』と原作マンガ『ONE PIECE』のネタバレが含まれます。ご注意ください>

 TVアニメ『ワンピース』が1000話を迎えたというニュースを聞いて、間もないのですが、またしても『ワンピース』に大きな節目が訪れました。

 原作漫画における記念すべき1000話目「麦わらのルフィ」のTVアニメ化です。

 アニメ版でのタイトルはその名も『麦わらのルフィ 海賊王になる男』。原作漫画における重要なエピソードの一つということで、アニメーション化も見事な演出に溢れた内容となっていました。

 TVアニメ1015話『麦わらのルフィ 海賊王になる男』をレビューしていきます。

◆サボやゴール・D・ロジャーまでもが登場!?アニメーションオリジナル展開!

 1015話の前半は、光月おでんの航海日誌をモモの助に渡すヤマト、そして、ヤマトの口からエースとの思い出を語るシーンが描かれます。

 おでんが日誌に記述していた、未来にいずれやってくる次の時代を担う強力な海賊の存在。その筆頭をかつてはエースだと思っていたこと、そして実はそのエースの口からルフィの存在が語られていたこと、そして、ルフィこそカイドウを討つ存在と確信していることを語ります。

 驚かされるのが、ここで原作漫画にはないアニメオリジナルのシーンが挟まれているところ

 薄い青と緑を基調とした幼いサボと幼いエースが夢を語るシーンと、薄い赤と黄を基調とした若かりし光月おでんと白ひげがゴール・D・ロジャーが夢を語るシーンをヤマトが目の当たりにします。そしてついに幼いルフィが現れて語る言葉がゴール・D・ロジャーの言葉と重なった瞬間に、鳥たちが舞い上がりヤマトにビビットな鮮やかな色彩が戻ります。原作では、ルフィとゴール・D・ロジャーが同じ言葉を発したことが語られるのみだったシーンを、今回のアニメ化ではサボやゴール・D・ロジャーといった豪華なキャラクターを登場させつつ大胆なアレンジを加えています。

 原作でも未だ明かされていないルフィとロジャーのその“言葉”を隠しつつ、ヤマトの受けた衝撃をドラマティックにビジュアルで表現しているところが見事です。漫画にはなかった色という要素を活かしたこの演出は、まさにアニメだから出来た妙技と言えます。

 しかし驚くべきはここだけではありませんでした。

◆1015話の本当の盛りあがりは後半にまだ隠されていた!

 ヤマトが語る光月おでんの語りと重なるように、後半では鬼ヶ島の頂上へと舞台は移ります。キッドにキラー、ロー、そしてゾロ。続々とカイドウとビッグマムの待つ頂上へと集結していき、そしてついにルフィが現れます。挑発するカイドウとビッグマムにも目もくれず、ルフィは錦えもんへと駆け寄り、感極まった錦えもんは涙ながらにワノ国の未来をルフィに託します。

 大幅な追加シーンを設けた前半に対して、後半はおおよそ原作漫画と同じ内容が描かれているのですが、ここでまたアニメだからこそできる“色”の仕掛けが設けられています

 四皇二人が並ぶ威圧感は、異常なまでに濃い赤で表現されています。そして対照的にかつての錦えもんとの思い出は優しい淡い色で描かれます。その穏やかな雰囲気をカイドウがその大きな図体で遮ったかと思えば、異常なまでの赤い緊張はカイドウの攻撃で一気に解かれます。

 しかし、その攻撃を避けたルフィとそれに重なるように、ワノ国に至るまでの物語が次々と鮮やかな色彩でなぞられていき、モモの助の「カイドウを倒したい」のセリフを皮切りに、初代主題歌「ウィーアー!」が流れだし、ルフィの放つ“ゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)”がカイドウに叩きつけられる!最後にルフィによる「おれはモンキー・D・ルフィ」「お前らを超えて“海賊王”になる男だ」という決め台詞で記念すべき1015話が締められる……流れ自体は原作にあったものでありながら、色彩や音楽、細かなテンポに至るまで、これ以上ないぐらいに最後のルフィの攻撃が気持ちよく感じられるように配置されており、原作における記念すべきエピソードであることを知らなくても、この回がワンピースという作品にとって特別なものであることが分かる回となっていました。

◆この後、ワンピースのアニメはどうなってしまうのか?

 この1015回はいわばTVアニメワンピースの一つの最高到達点と言っても良いでしょう。

 物語のきっかけを作ったゴール・D・ロジャーと、およそ四半世紀をかけて紡がれてきた次世代のルフィの物語を結んだ、今回の極上の30分の放送枠。アニメにおけるルフィの物語が行き着いた先はどこだったのかの答えが、この1015話にしっかりと詰まっていました。

 そして驚くべきは、ここが終わりではないということです。カイドウvsルフィは始まったばかりです。これから戦いが始まるという時点で、こんなすごいものを見せられてしまったら、このあとはどうなってしまうのか想像もつきません。

 原作もまだ終わりを迎えていないワノ国編ですが、今回ここまでのことをやってしまったアニメ・ワンピースが、やがてやってくるその結末をいかにして描くのか。今から楽しみでなりません。

〈文/ネジムラ89〉

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレターを配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

関連する記事

お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード