『Re:ゼロから始める異世界生活』(略称、リゼロ)が大盛り上がりですよね。

 特にエキドナは大人気で、彼女が登場するシーンでは多くの視聴者が沸いています。

リゼロ エキドナ かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 そんなエキドナが登場するシーンの一つに、スバルとの契約を持ちかけるシーンがありますよね。結局スバルは断ってしまいますが、多くの視聴者から「勿体無い」との声が。

 例え、利用されたとしても、エキドナに人の感情が分からないとしても、最善の未来へ導いてくれるのなら契約するべきと考えた視聴者は大勢いるのではないでしょうか。

 そこで、今回はそんな未来が書かれたIFストーリー「ゼロカラカサネルイセカイセイカツ」を紹介していきます。

エキドナと契約したスバルがどうなるのかご確認ください。

(Sponsored)

◆エキドナと契約した、もしもの未来「ゼロカラカサネルイセカイセイカツ」とは?

リゼロ エキドナ かわいい 画像02<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 「ゼロカラカサネルイセカイセイカツ」(以下、エキドナIF)は、原作者の鼠色猫/長月達平氏によって2016年4月1日のエイプリルフール企画として制作されたIFストーリー。

 現在アニメで放送されている聖域編を解決し、そしてその後の話であるプリステラ編も解決した数年後の未来の話になります。

 エキドナIFでは、エキドナと契約したスバルの日常が描かれていますが、ただの日常風景ではありません。エキドナと契約したことで、歪んだ未来が描かれた物語となっているのです。

 物語の分岐点は『リゼロ』第37話の契約シーンからになります。

 第37話でエキドナはスバルにある契約を持ちかけていました。その契約とは、最善の未来を目指す協力をする対価に、スバルが見聞きしたものや得た感情を共有させて欲しいというもの。

 正規ストーリーでは、魔女たちの横槍が入ったことでエキドナの異常性に気づき、スバルは契約を断ります。しかし、エキドナIFでは、悩んだ末に「最善の未来のために必要だ」と、契約をすることに。そして……。物語は契約から数年経過したところから始まります。

 エキドナの協力により、一切の犠牲を出さず聖域編を解決したスバルは、全ての人間の命を救った英雄、エミリア陣営の切り札となっていました。この数年スバルは、聖域だけでなく、他のあらゆる困難を打ち破ってきたのです。数億回にも及ぶ死に戻りを代償として……。

リゼロ スバル 死に戻り 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 数え切れない程の死に戻りを経験したスバルに、今までのような表情はありません。疲労の残った顔、虚無感を漂わせる眼差し、気が抜けたような頬、まるでうつ病患者のような顔付きに。この未来を勝ち取るために、どれだけの苦労があったか推し量れますね。しかし、それでもスバルは皆に心配をかけまいと無理やり笑顔を作っていくのです。

「笑え、俺。できなきゃ、死ね」

 スバルの朝は、この死んだような表情を笑顔に擬態させるところから始まるのです。

 また、スバルが変わってしまったのは、表情だけの問題ではありません。その思考も随分と変化してしまいました。死に戻りを利用し最善の未来を手に入れることを目指したスバルは、「エミリアを王にする」「レムを目覚めさせる」そして「周りにいる人たちの命」それら以外に拘らなくなってしまうのです。

「――たとえ、救いたい相手が泣いたとしても、救いたい。」

 命があれば、希望がある、希望があれば明日がある、明日があれば未来を変えられる……。

 この考えによりスバルは、救いたい相手の心が傷ついても、命さえあればいつの日か回復すると信じて行動していきます。まるでロズワールのようですよね。その結果は後述しますが、とても幸福だと言える状態ではありません。

 死に戻りによる途方も無い試行回数、そして膨大な知識と高い智恵を持っているエキドナがついていながらどうして、このような未来になっているのでしょうか……。

リゼロ エキドナ かわいい 画像03<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 エキドナと契約したスバルは黒い結晶のペンダントを受け取ります。

 このペンダントを持っている限り、スバルはどこにいてもエキドナの茶会に参加でき、エキドナはスバルの見たものや感じたことを共有できるのです。

 エキドナIFでは、日常的にペンダントを通してスバルへ助言をしているエキドナが描かれています。スバルも四六時中ペンダントを持ち歩いているので、なにか不備があればいつでもエキドナが訂正してくれるハズです。エキドナが本当に最善の未来を選んでくれるのなら……

 最善の未来に導くと契約したエキドナでしたが、最適解を教えてくれるわけではありませんでした。エキドナは知識の探求のため、スバルに必要のない死に戻りを必要だと偽って行わせていたのです。

 例えば、聖域編。エキドナとの契約を断ったスバルは数回の死に戻りで聖域編を解決しますが、エキドナと契約したスバルは途方も無い数の死に戻りを経験します。それも、エキドナがあらゆる結果を知りたいがため……

 スバルはエキドナに遠回りをさせられているわけですね、しかも、エキドナの言う最善の未来とは全員の命がある未来のこと。つまり、実現可能な最上の未来ではないのです。しかし、エキドナに誘導されているスバルはこの事実に気がつきません。エキドナの言う通り、今自分が歩いている道が最善の未来へ繋がっていると信じてしまっているのです……。

(Sponsored)

◆ラインハルトが仲間になる!? 最強のエミリア陣営とは?

リゼロ ラインハルト かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 エキドナに操られ変わってしまったスバルですが、変わってしまったのは彼だけではありません。エキドナIFでは、エミリア陣営の様相も大きく変化しているのです。

 まず、フェルト陣営の騎士であったはずのラインハルトがエミリア陣営に加わっています。あのラインハルトが味方とは、心強い。しかし、なぜラインハルトがフェルトからエミリアに鞍替えしたか気になりますよね。どんなことがあってもフェルトのそばを離れそうになかったラインハルトに何があったのでしょうか。

 その原因は、フェルトが姿をくらましてしまったことにあります。しかも、フェルトはラインハルトに何も告げず、姿をくらましたようで……。その結果、ラインハルトはフェルトの騎士として信頼を得ることが出来なかったと心を痛めてしまいます。騎士として生きるラインハルトにとってそれは、相当堪えたようで、自分を見失うまでの状態に。

 そんな失意の底にあったラインハルトを励まし、立ち直らせたのがスバルでした。そして、幾度の説得を経てラインハルトはエミリアのため剣を取ることを選ぶのです。

 聞く限りでは、とてもアツい話ですよね。『リゼロ』世界最強の剣聖が仲間になるなんて盛り上がる展開です。スバルの死に戻りに加えラインハルトの戦闘力が加われば、あらゆる困難にも立ち向かえるでしょう。しかし、ちょっとエミリア陣営(スバル)にとって都合が良過ぎる展開だと思いませんか?

 死に戻りで最も苦戦するのが、純粋な戦闘力の差です。どんな策を弄しようとも相手が強過ぎては、どうしようもありません。そんな存在筆頭であり、強大な力を持つ敵に対抗するための手段となるラインハルトが仲間になる……偶然? 運命?

……。

 いいえ、違います。実はこれ、スバルとエキドナが死に戻りによって仕組んだことなのです。どの辺りが? 全てです。一から十まで全部スバルが死に戻りによって引き起こしたことになります。

 そう、フェルトがラインハルトの前から姿を消すこと自体がスバルの策略……。スバルは最強の剣を手に入れるために、邪魔なフェルトを王選から退かせたのです。そして、フェルトに捨てられたラインハルトをスバルが拾うまでが、スバルの計画。

 何度も何度も死に戻りをし、時としてはラインハルトに殺されることもありながら、スバルはラインハルトを味方にするため、エキドナとあらゆる策を弄したのです。これによりエキドナIFでは、ラインハルトがエミリア陣営に加わっています。

 心強いとは言え、正しい手段でないことは間違いありません。ラインハルトは何も知らず、スバルに救われたと思っていますが、真実を知ればどう思うでしょうか……。

リゼロ エルザ かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 ラインハルトが加わるだけでも、エミリア陣営に取っては大き過ぎる戦力アップですが、なんとあのエルザもエミリア陣営に加わっています。

 あの殺人鬼がどうして? と思いますよね。それは、スバルの手先として公にできない出来事の解決、汚い手段を取るためです。よって、あくまでスバルの個人的な刺客としてエルザは協力することに。

 これは、本来なら聖域編で死んでいたエルザをスバルが救い出したことによって歪められた出来事です。スバルとエキドナは死に戻りを利用して暗躍していくために、自分以外にも汚い手段を実行できる人間が必要だと考えたのでしょう。

 そんなエルザには汚れ仕事以外にも、もう1つ別の役割があります。それはスバルを殺すこと。スバルは自在に死に戻りを使うため、命じれば簡単に自分を殺してくれる存在としてエルザを手元に置いているのです。

 そこまでする必要があるのか……。ラインハルトを仲間にした手段もそうですが、スバルは既に通常の心を持ち合わせていないのです。守ると決めた命を守るためならば、例えどんな手段でも取る存在になってしまいした。そのため、ラインハルトも利用し、エルザも利用するようになったのです。

 しかし、このエキドナIFのエミリア陣営が最強であるのは間違いありません。手段を問わなければ、これほどまでに陣営を強化できるなんて死に戻りの力は本当に恐ろしいですね。

(Sponsored)

◆「最善の未来」と「最善の道」の違い…エキドナが関わらなかった未来とどう違うのか?

リゼロ スバル かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 どんな汚い手段でも取るようになったスバルが死に戻りの末に手に入れたものとは一体何なのでしょうか。スバルが最善の未来と信じて選んでいった結果あのキャラクターは……。

 正規ストーリーとエキドナIFを比較して紹介していきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ▼エミリア

 正規ストーリーでは、エミリアは全ての試練に向かい合い、己の過去を越え、精神的に大きく成長を遂げます。誰かに依存することなく自立し、時としてはスバルを助けることも。今までは未熟な部分の目立っていたエミリアですが、聖域編を越えたことによってやっと王候補者の器として大成するのです。

 しかし、エキドナIFでは……。

 エミリアは精神的に不安定な存在となっています。その姿は第36話で登場した闇リア(心を病んだエミリア)そのもので、聖域編が始まる前よりも悪くなっているのです。

 そんなエミリアの状態を示すセリフがこれになります。

「それじゃ、教えて、スバル。――私、今日は何をしたらいい?」

 エキドナIFのエミリアは、自分で物事を決めることができません。何をするにもスバルの許可を求めます。これではまるで人形のようですよね。最善の未来を目指したハズが、手に入れたのはエミリアの命だけ。他は全て落としてしまいました。その心さえも……。

▼ガーフィール

リゼロ ガーフィール かっこいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 正規ストーリーでは、敵対することになったガーフィールとスバルでしたが、オットーやラムの協力を経て、ぶつかり合い和解することに成功。そして、スバルの心意気に惚れ込んだガーフィールはスバルを兄貴分として慕い心強い仲間となります。

 しかし、エキドナIFでは……。

 聖域編のガーフィールは終始除け者にされ、スバルとぶつかり合うこともありません。

 全ての問題が片付いた後、ラムとフレデリカの説得によってエミリア陣営に加わりますが、スバルとの関係は険悪なまま。スバルに対する態度は聖域編の頃とほとんど変わっていません。兄貴分と慕う未来もあったハズなのに、どうして……。

 ▼ベアトリス

 正規ストーリーでは、エキドナとの契約を守れなくなるベアトリスですが、スバルと新たに契約することによって400年囚われた彼女の心は救われます。その後のベアトリスはスバルの契約精霊として行動し、スバルを助ける存在として常に一緒にいるほど親しい関係に。

 しかし、エキドナIFでは……。

 ベアトリスは、正規ストーリーと同じように禁書庫を失いますが、スバルと契約することはありません。固くなに禁書庫を動かなかったベアトリスを無理やりスバルが連れ出した形になってしまいます。

 そのため、契約を失ったベアトリスは無気力状態に。禁書庫も失い、一般書庫の端っこで膝を抱えて涙を流す日々を送っています。しかも、契約を失う原因を作ったスバルに恨みをぶつけることも。

 確かに死を望んでいたベアトリスを救いましたが、これでは……。

 ▼オットー

リゼロ オットー かわいい 画像<画像引用元:http://re-zero-anime.jp/tv/story/ より引用掲載 ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会>

 正規ストーリーでは、スバルの友人として、大活躍するオットー。何度も命をかけスバルの味方をしてくれます。また、スバルに1人で抱え込まず、相談しろと教えてくれることも。

 聖域編後は、有耶無耶の内にエミリア陣営に取り込まれ、執政官として頭脳面でエミリア陣営を支える重要なキャラクターになっていきます。

 しかし、エキドナIFでは……。

 なんと、聖域編後はスバルの元を去ってしまいます。オットーは誰の助けも求めず、1人で全てを乗り越えようとするスバルに、自分の力など必要ないと考えるのです。むしろ、全てを命懸けで守るスバルにこれ以上負担をかけまいと自分からスバルの元を離れます。

 頼れる仲間になるはずが……。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 エキドナIFでは、これらの結果をスバルは最善の未来だと信じています。エキドナに導かれ何十何百という死に戻りを経験した結果得た最善の未来だと……。

 しかし、正規ストーリーの紹介も一緒に読んだ方ならわかると思いますが、全然いい未来ではありませんよね。むしろ、かなり悪い未来と言えます。

 そして、全てはエキドナと契約したがために訪れた未来なのです。

 エキドナは、好奇心を満たすためスバルに必要のない試行錯誤をさせ、自分の望む未来へ導こうと操っていたのでした……。

 

 ――以上が、強欲の魔女エキドナと契約した際に訪れる恐ろしい未来のお話になります。

 エキドナと契約すればいいじゃないかと考えていた視聴者の方は驚いたのではないでしょうか。

 アニメでエキドナは大人気ですが、実は悪い魔女だったわけですね。憤怒の魔女ミネルヴァが必死になって契約を阻止しようとした理由がわかります。

 ギリギリのところで契約しなかったスバルは本当にラッキーでしたね。

(Edit&Text/天乃ひる)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活1製作委員会©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事