(Sponsored)

 毎年数多くの声優さんがデビューされる中、2018年夏アニメでなんと主演クラスのキャラクターに起用された新人声優さんがいらっしゃるのをご存知でしょうか?

 それが、島袋美由利さんです。

島袋美由利

<島袋美由利さん>
大沢事務所ホームページ http://osawa-inc.co.jp/women/shimabukuromiyuri/より引用掲載(2018年8月16日閲覧)

 今季では

・『ゆらぎ荘の幽奈さん』湯ノ花幽奈 役(主役)

・『はねバド!』荒垣なぎさ 役(主役)

・『はるかなレシーブ』遠井成美 役

・『音楽少女』具志堅シュープ 役

 に出演しており、そのうち2作品では堂々の主役に抜擢されている、まさに今年最も注目すべき声優さんです!

 今回は特に注目したい「演技」に焦点を当てて、島袋美由利さんについてを知っていきたいと思います。

(Sponsored)

島袋美由利さんのプロフィール

・沖縄県出身

・デビューは2017年

・大沢事務所所属

参照⇒http://osawa-inc.co.jp/women/shimabukuromiyuri/

 デビューが昨年であり、メディアへの出演も上記作品の宣伝番組が主であるため、詳細なプロフィールや趣味などといった情報はまだ知られておりません。

 これからラジオ出演なども増えていくかもしれないので、そこでどんな人かが分かっていくといいですね。

 ただ面白いのが、現在出演している作品のうち2作品が「沖縄」と接点があるという点です。

・『はるかなレシーブ』

→作品の舞台が「沖縄県」、遠井成美は以前沖縄に住んでいた

・『音楽少女』

→具志堅シュープは沖縄県那覇市出身

参照⇒http://ongaku-shoujo.jp/#character

 偶然なのか必然なのかは定かではありませんが、なにか運命的なものがある…と思いたいですね。では、続けて今回出演しているキャラクターの演技について見てみたいと思います。

湯ノ花幽奈、具志堅シューブ はとろけるような甘い声

 『ゆらぎ荘の幽奈さん』の湯ノ花幽奈は礼儀が正しくおっちょこちょいな性格の地縛霊。

 わずかにかすれめで、島袋さんの地声よりも高い声が魅力です。

 この作品はいわゆるサービスシーンが多く、主人公の冬空コガラシが幽奈をはじめとした女性キャラのハプニングに巻き込まれるシーンも見どころ。恥ずかしい姿を見られ叫ぶ幽奈、ちょっとえっちぃですよ!

 『音楽少女』の具志堅シュープも、沖縄生まれであることもあって方言が強い女の子です。

 おっとりとして見た目と特技の超絶メイクテクも相まって、高校1年生ながら大人な女性らしさを感じさせます。

 なお幽奈はエンディングを、シュープは(他の『音楽少女』キャラクターも同様ですが)ソロ曲を歌っています。こちらもキャラクターにマッチした甘い歌声でオススメです!

【動画引用元】

TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」エンディングテーマ「Happen~木枯らしに吹かれて~ 」 カップリング曲試聴動画 │ 2018.7.25 Release

配信元:アニプレックス

【動画引用元】

「輝けMake Up! Shine☆(CV.島袋美由利)

配信元:「KING AMUSEMENT CREATIVE」公式チャンネル

遠井成美、荒垣なぎさは低めのハスキーボイス

 上記に対し『はるかなレシーブ』『はねバド!』で担当している役では低めの声のキャラクターを演じています。

 『はるかなレシーブ』の遠井成美は、作中ではパートナーの立花彩紗とともに、ビーチバレーの高校生チャンピオンの一人として、主人公の大空遥、過去のパートナーである比嘉かなたに立ちはだかります。

 登場するキャラクターの中では落ち着いた性格なため、冷静な女の子っぽさがより際立っています。

 そして『はねバド!』の荒垣なぎさは、バドミントンでは全国クラスの実力を持つボーイッシュな女の子です。

荒垣なぎさ

画像引用元:テレビアニメ「はねバド!」公式サイト http://hanebad.com/character/より引用掲載(2018年8月16日閲覧)

 主人公の羽咲綾乃と比べ、持ち前の体格から放つジャンピングスマッシュを武器としたパワータイプの試合が得意です。

 物語当初は自身のスランプもあって、部員に対しても当たりがキツいこともありましたが、綾乃らと打ち解けたことと自分の弱点を理解できたことで自分のプレイスタイルを見直せるようになり、人間的にも成長していくようになります。

 双方ともスポーツを行っていて、ストイックな性格で強者である、また主演キャラ(成美はかなたに、なぎさは綾乃)に対し過去に因縁があるという接点があります。

 ちょっと暗めの背景とスポーツの強さを兼ね備えた実力者という難しいキャラクターが、島袋さんのハスキーな声とマッチしています!

個人的には荒垣なぎさのようなキャラクターの声をもっと聞きたい!

 4作品のキャラクターはかなり二極化したタイプであり、新人ながらも演じられる役の幅が広いなと感じました。その中で、特に好きだと思ったのは『はねバド!』の荒垣なぎさ役です。かっこいい女性キャラクターではあるものの、『攻殻機動隊』の草薙素子といった完成されたかっこよさではなく、青春真っ只中で悩ましい年頃の女の子であるというポイントと、同じくまだデビューして間もなく、完成された演技ではなく(悪い意味ではないですよ)様々な可能性を秘めた島袋さんという「これからもっと成長していく」感がすごく似通っているなぁと思いました。

 若手の女性声優さんでもハスキーな声を演じる人は少ない方ですので、これからもっとかっこいいキャラクターをもっと聞いてみたいです!

(Edit&Text/頭皮ぱっしょん)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


大沢事務所

© OFFICE OSAWA Co.,Ltd.

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事