現在4期にあたる「The Final Season 」が放送中のTVアニメ『進撃の巨人』

 本アニメは3期放送終了の時点で話数が59話あり、その中には数々の名シーンが登場します。

 例えば、母を亡くしたエレンが涙を流しながら「駆逐してやる」と呟いた名シーンは、TVアニメ『進撃の巨人』を観ていない方でも知っているのではないでしょうか?

 また、巨人化したエレンの戦術価値を説いたアルミンの啖呵は、ファンの間で名シーンとして語り継がれています。

 これら2つは、アニメで観ても漫画で読んでも楽しめる名シーンです。しかし、TVアニメ『進撃の巨人』には、迫力を際立たせた作画によって、漫画で目撃するよりも記憶に残るアツい名シーンが多く存在します。

 ここでは、TVアニメ『進撃の巨人』1〜3期までの名シーンを5つピックアップ。

 果たして皆さんの好きなあのシーンはここで紹介されているのか!?

◆度肝を抜く立体機動が魅力の最高にアツいシーン

進撃の巨人 名シーン かっこいい<画像引用元:https://shingeki.tv/season3/story/#/season1/11 より引用掲載 ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会>

 1期第11話では、エレンに眠る巨人の力を利用し、壁に空いた穴を塞ぐトロスト区奪還戦が描かれていました。

 トロスト区奪還戦は、エレンの戦術的価値を示すためにも、これ以上生存領域を脅かされないためにも、絶対に失敗できない作戦でした。

created by Rinker
¥550 (2022/12/02 18:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 11話後半のエレンの立体機動シーンでは、彼の派手な動きに合わせて街並みが流れ行くという演出がスピード感を生み出し、カッコ良く描かれています。

 そして、巨人に恐れをなす兵士に「我々人類にとっての大きな進撃になる!!」と発破をかけるピクシス司令のアツい演説は、上官としての威厳に満ちていました。上層部は腐っているという評判を覆す素晴らしいシーンです。

 この回は、ピクシス司令の演説とエレンの派手な立体機動が相まった最高にアツい名シーンとしてファンの間で語り継がれています。

関連する記事


お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード