TVアニメ『五等分の花嫁∬』のキャラクターソングのイラストと歌詞をもとにデザインされたオリジナルアイテムが新発売される。ポニーキャニオンの通販サイト「きゃにめ」にて、予約受付中だ。

 今回発売されるアイテムは、缶バッヂ、クリアファイル、スイーツプレート、アクリルスタンドの全5種。各キャラクターソングの中から一花、二乃、三玖、四葉、五月の印象的なフレーズを抜き出して盛り込んだこれまでにないアイテムに仕上がった。

 本キャラクターソングの作詞を手掛けた歌手・結城アイラさんは、「お話を聞いて、こんなことがあるんだと思いました!自分の詞がグッズになるなんて初めて。作詞家冥利に尽きます、すごく嬉しいです」とコメントしている。

 アイテムに使用された楽曲について「5人の“風太郎くん大好き”という恋心を中心に書いた」そうで、中でも一花の歌詞が一番大変だったと話す。

 アイテムに盛り込まれた歌詞については、「(一花の)<嘘つきのまま なんて嫌…>っていうのは、本編では嘘をつき通しているんですけど、本当の気持ちは嘘つきのままは嫌だったんじゃないかなと思って。(二乃の)<思いやる心を 理解してくれたから サナギのままじゃダメなんだと思えたのかもね> は、二乃は蝶の髪飾りとかを着けていて、きっと蝶々が好きなんだろうなというところから繋げています。(三玖は)風太郎への尊敬と感謝がポイントだなと思いました。なので、<“尊敬”してるだけじゃない>をグッズに抜粋いただいているのは、さすがです!(四葉は)彼女の性格が表れた歌詞を抜粋していただいているなと思いました。(五月は)出会った頃のツンツンな感じとは違う心の動きを描きたかったので、抜粋いたただいた<だけどたまに挫けそうで>のように、元気がないときほど風太郎の言葉が響いちゃうのはなんでだろうと思います」と教えてくれた。

 また、アイテムのデザインを目にした結城さんは、「よくスイーツを食べるので、スイーツプレートは絶対使います!五つ子のイラストもケーキを食べているので、一緒に食事している気分になれますね。クリアファイルは普段よく使うので重宝しそう。アクリルスタンドもお家の中で5人のメッセージが見られますし、缶バッヂもカバンに付けてオタバッグにできますね」と自身も愛用したいと語ってくれた。

 また、結城さんは現在公開中の映画『五等分の花嫁』のエンディングテーマ「五等分の花嫁~ありがとうの花~」の作詞も手掛けており、「この曲では結婚式と五つ子の話を書きたいなと思って。送り出す気持ち、送られる側の今までありがとうという気持ちで歌ってほしいとキャストのみなさんにお願いしました」と想いを語っている。

 アイテムとあわせて映画もぜひチェックしてほしい。

関連する記事


お知らせ

アニギャラ☆REWの

LINEアカウント登場!

職場や学校で盛り上がれる

アニメネタを配信中!!

▼友だち追加はこちらから

友だち追加


※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.

関連キーワード