(Sponsored)

 来年は令和2年になります。その年に、平成初期に人気を集めた猫アニメキャラクターの擬人化作品の放送が決定! それも、「ノイタミナ」枠で放送されます。

 同時季に、戦国武将が犬化するアニメもスタート!

 ここでは、2020年冬放送の“動物系アニメ”2作品の魅力に迫りたいと思います!

(Sponsored)

懐かしのアニメの擬人化『うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜』

うちタマ 画像

©ソニー・クリエイティブプロダクツ/「うちタマ?!」製作委員会 ©Sony Creative Products Inc.

  20201月からの「ノイタミナ」枠のアニメがある意味スゴイです。

 この作品を知ったとき、衝撃を受けました。擬人化アニメはこれまでにもありましたが、『うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜』(以下、うちタマ?!)には、元ネタがあります!

 タイトルになんとなく聞き覚えがある人もいるかも。

 『うちタマ?!』は、ソニー・クリエイティブプロダクツによるキャラクター群の『タマ&フレンズ ~うちのタマ知りませんか?~』から生まれた擬人化アニメです。

 1993年に『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』というアニメがあり、アラサーの筆者はどんぴしゃ世代で、物凄く好きなアニメでした。

 それが擬人化するなんて……! 雷に打たれたかのような衝撃でした。

 同世代の方は、驚いていると思いるのではないでしょうか?

 純粋な気持ちで観ていたあのアニメの猫たち。オタクに磨きをかけた今、あの猫たちの擬人化アニメを観られるとは。きっとニヤニヤしながら観てしまうと思います。

 公式PVを観ると、なんとなくですが、猫たちのキャラクター、個性をそのままに擬人化しているようですね。しかも、声優陣も豪華で、若手から中堅まで、良い声が揃っています。

(Sponsored)

戦国武将が犬になったら?『織田シナモン信長』

織田シナモン信長 1巻 画像

画像引用元:織田シナモン信長 1 (ゼノンコミックス) 出版社:徳間書店

  最近は猫ブームですが、「私は犬派!」という方にはこちらの作品をオススメします。

 『織田シナモン信長』は、「月刊コミックゼノン」で連載、「WEBコミックぜにょん」でも配信されているギャグマンガです。

 織田信長をはじめとする戦国時代の名将たちが、現代の日本に犬として転生した作品。異種の転生ものアニメです。

 戦国武将が現代にタイムスリップする話は、実写化している映画などにありますが、犬化の転生は新しいですよね(笑)。

 犬化の転生はさすがにアニメじゃないと映像化は厳しいですね! だからこそ、注目のアニメ。

  こちらのアニメも良い声の声優さんが揃っています。

 堀内犬友さん、犬川登志夫さん、犬田哲章さんと、渋い声の役者さん揃い。キャスティングがまた、オモシロイです。「犬」という字に合うように選ばれたのか?

 斬新な歴史ものアニメに期待しています。犬の行動に癒されつつ、くだらない(いい意味で)ギャグに笑えそう。

――どちらも、ストーリーは癒しとほんわか。ゆるいアニメなので、疲れているときでも観やすいアニメになりそうです。映像と良い声に癒される、そんなアニメになっていることを期待しています! 皆さんもぜひ、チェックしてみてください。

Text/佐東未帆 Edit/りかりん)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


TVアニメ「うちタマ⁈ ~うちのタマ知りませんか?~」公式サイト

©ソニー・クリエイティブプロダクツ/「うちタマ?!」製作委員会 ©Sony Creative Products Inc.

TVアニメ「織田シナモン信長」公式サイト

©目黒川うな/NSP,織田シナモン信長製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事