公式からパロディネタにされる死亡フラグを立てたキャラも──。

 『週刊少年ジャンプ』は死亡フラグの宝庫で、アニメや漫画を見ていると、「あ、このキャラやられる……」とたびたび予感させられることがあります。歴代ジャンプキャラはどんな死亡フラグを立て、どんな最期をむかえたのでしょうか? 中には公式のネタにされる残念なキャラも……。

◆登場時間はたったの40秒弱!『鬼滅の刃』よりサイコロステーキ先輩

 『鬼滅の刃』に登場する通称、サイコロステーキ先輩。サイコロステーキ先輩は登場早々に死亡フラグを立てます。

 鬼が子どもの姿をしているのを見て、「お、丁度いいくらいの鬼がいるじゃねえか こんなガキの鬼なら俺でも殺れるぜ」と言って、彼は鬼の子どもに斬りかかろうとします。

 誰でも三下のようなこのセリフを聞いたら、「死亡フラグがたった!」と思うハズです。

 案の定、彼はその後のあだ名の由来になったサイコロステーキのように、賽の目に切られて亡くなってしまいます。

 登場早々死亡フラグを立て、見事回収していく姿は死亡フラグの見本と言ってもいいのではないでしょうか?

 そんなサイコロステーキ先輩ですが、ファンのなかでは根強い人気があります。彼がアニメで登場すればTwitterのトレンド1位に「サイコロステーキ先輩」が入り、2020年の「ネット流行語100」では、なんと13位にランイクインしているのです。

 公式Webラジオでも声優さんのネタにされ「エグいシーンなのにワクワクしてしまう」とコメントされていました。

 しかも、サイコロステーキ先輩の登場時間はわずか40秒弱。本名も不明のままに亡くなっていったキャラクターです。40秒弱という短い登場時間で、ここまで話題になったキャラクターもすごいですよね。

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.