自分と似ているタイプの人に出会うと「仲良くなれるかもしれない……!」と、なんだか嬉しくなり勢いで距離を縮めてしまったり、相手に少し踏み込み過ぎてしまうことも少なくありません。ですが、中には似ているからこそ相手をライバル視してしまっては、うさぎとモモンガのように振り回したりぶつかってしまうことがあるのです。

 そんな2人は自由人で食いしん坊という似ている部分を持っていますが、似ているからこそ「相手だけには負けたくない!」という想いを抱いているのでしょう。そのため、なかなか距離が縮まる様子はまだ見られませんが、似ている2人のやりとりには「かわいい!」と、思ってしまうシーンがあったのです。

◆初めましてで奇声攻撃してしまううさぎ

 一人で過ごすときも全力で楽しめるうさぎは「ウゥゥゥゥワァァァァラッ!」と、ターザンの真似っこをして登場します。

 上手に地面に着地すると腕をブンブン振りながら「ウ!ヤ!イ!ハ!」と、口ずさみながら楽しそうに歩いていました。すると、偶然にも通りかかったモモンガと初めましてをします。

 まだ顔を合わせたことがなかったため、もちろんお互いのことを何も知りません。そのため、普段グレーの子に絡むかのように「なんだァ、おまえ」と、少しうさぎに対して警戒心をあらわにしながら絡んでしまうモモンガ。

 そんな声をかけてきたモモンガに対して邪魔とでもいうように「ウララライィィィイイハァアッ!」と、うさぎはいつも以上の大声と奇声を発して応えます。

 ですが、あまりにも2人の距離感が近くだったこともあり、うさぎの奇声にびっくりしながらモモンガは「あっちいけッ!」といいながら思わず耳を塞いでしまったのでした。

 いつも一緒にいるちいかわやハチワレとはこれまで過ごした時間はもちろん、いつしか心から大切に想う関係をしっかりと築いていたのです。そのため、3人で過ごしているときにもむちゃなことをしてしまいますが、うさぎの自由な振る舞いの中にもきちんと思いやりが感じられました。

 モモンガとは初めましてということもあり、そんな中でのうさぎの奇声は「まだ気遣いはいらない」といった気持ちだったのかもしれません。いつもは自分優先で行動してしまうモモンガであるものの、そんなモモンガを上回るうさぎの自由さに押されてしまう様子にかわいく感じてしまったのではないでしょうか。

◆独占していた白米を奪われ「あっちいけッ!」

 たくさんの葉っぱの下に隠れていた「無限白米湧きドコロ」を見つけたモモンガは、地面に埋まっている炊飯器の前を陣取りながらご飯を独り占めしています。

 誰にも邪魔されることなくご飯を食べている姿を木の影から見つけると「ゲッ」と、声に出して嫌がっているモモンガを気にすることなく当然のようにご飯を奪ううさぎ。

 いつもは自分優先で自由な振る舞いをしては、他の子たちに迷惑をかけがちなモモンガ。ですが、モモンガを上回るうさぎのマイペースさに「あっちいけッ!」「握るなッ」などと、手や足でうさぎをポカポカと叩きながら怒ってしまいます。

 何度も「あっちいけッ!」といって本気で怒っているモモンガの声は一切耳に入っていないかのように「無限白米湧きドコロ」のご飯を夢中で握り続けるうさぎ。いつもは周りを振り回して労働の鎧さんに注意されてしまうことばかりのモモンガであるものの、どれほど怒っても言うことを聞いてくれず、やりたいことを通すうさぎに振り回されている姿に思わず笑みがこぼれてしまった人も多かったのではないでしょうか。

 同じ自由で食いしん坊という似ている部分を持っているからこそ、夢中になるタイミングなども合ってしまうため、どうしてもぶつかってしまうのかもしれません。

 まだ一緒に仲良くご飯を食べるまではできていないものの、いつもとは反対にモモンガが圧されるシーンに何だかかわいさを感じてしまうでしょう。

◆うさぎの登場に「ゲッ!」と本気で嫌がるモモンガ

 前回見つけた「無限白米湧きドコロ」のご飯に、ふりかけがかかっているのを発見するモモンガ。ふりかけの存在を知らなかったのか「ん? なんかかかってるぞッ?」と、不思議そうにしながらも食いしん坊のモモンガはご飯を手に取ります。

 すると、いつものあざとさではなく自然でかわいい表情を見せながら「しょっぱみがあってうまッ」と、ふりかけご飯のおいしさを伝えてくれました。

 そんな自然とかわいこぶれた自分の振る舞いにびっくりして、またかわいこぶれるようにモモンガが練習していると……モモンガの後ろの木の影から「ウラッ」と、姿を見せてくれたうさぎ。

 ですが、初めましてのときからうさぎに奇声だったりご飯を奪われているため、既にうさぎには警戒心を持っていたのでしょう。そのため、またいじわるされると思ってしまったのか先ほどまでのかわいい表情を崩すと「ゲッ……」と、モモンガは本気で嫌な表情を見せてくれました。

 そんなモモンガの反応はまったく気にならないというように自由人すぎるうさぎは、先ほどまでモモンガが食べていたふりかけご飯にカレーをかけてしまうのでした。

 空中パンチをしながらモモンガが「かけるなッ!」と怒っても、まったく見向きもしないうさぎにクスッとしてしまった人も多かったのではないでしょうか。

 普段であればグレーの子であったり労働の鎧さんにいじわるをして嫌がられてしまうモモンガですが、うさぎが相手だと反対に振り回されてしまう様子に癒された人も多いハズ。

◆煽られても煽り返してしまううさぎ

 パンを片手に「ウッラ〜!」と言いながら近くにできている木の実を手に取ると、きれいな木の実だけを選んでパンの上で潰し、熱い岩にパンを乗せてジャムパンを作るうさぎ。上手に作って満足そうに食べていたところ、今度はモモンガに後ろからねらわれてしまいます。

 背後からゆっくりと距離を縮めながらうさぎに近付くと「その、うまそうなの……よこせッ」と、うさぎが食べていたジャムパンをおねだりするモモンガ。ですが、モモンガだけではなくうさぎも食べることが大好きゆえにモモンガの要求を拒否するよう「ハァ? ハァ?」と、すこし煽るように答えてしまいます。

 そんなうさぎの答えに納得しないモモンガは何度も「よこせッ」とジャムパンをおねだりしますが、あげるだけでは損をしてしまうことでモモンガに交換条件を求めてしまううさぎ。

 相手がちいかわやハチワレだと友達だと2人のことを認めているため、うさぎ自らご飯の場所を教えてくれたり分けてくれたりなど、欲張りの中にも思いやりが感じられていました。

 ですが、モモンガのことはまだ友達だと認めていないこともあり、うさぎは交換条件を求めてしまったのかもしれません。そんなモモンガは自分のことを一番だと思っていることもあり、誰かに分けたり与えたりすることがありません。

 そのため、うさぎに交換条件を求められても「イーヤーヤダヤダッ」と、かわいいお尻をフリフリしながらうさぎを煽ってしまいます。そうして煽るモモンガの姿を見たうさぎも負けじと「ウーラーヤハヤハッ」と、同じようにかわいいお尻をフリフリして煽り返してしまうのでした。

 どんなことをしてもうさぎには効果がなく、結局はモモンガがイジられてしまう2人のやりとりにかわいさを抱いては癒されてしまうでしょう。

 

 ──モモンガもうさぎも自由で食いしん坊といった似ている性格をしていることで、ちいかわやハチワレのように心から信じ合える友達になれると思ってしまう人も多いでしょう。互いに共通点があるからこそ分かり合えることがあるものの、反対に同じだったり似ているからこそ衝突してしまうことも当然あるのです。

 多少なりとも気遣える部分を持っているものの、特にうさぎとモモンガは自分の気持ちを優先してしまうことが多いため、同じ2人はぶつかり合ってしまうのかもしれません。

 ですが、ただぶつかり合っているだけではなく、どう頑張ってもいつもうさぎに振り回されているモモンガには、思わず笑みがこぼれてしまいます。

〈文/柳瀬蓮 @_prince0807_

《柳瀬蓮》

元キャバ嬢ライター。脚本、エッセイ、アニメ以外では主にスピリチュアルや恋愛について、さまざまなメディアで執筆中。赤髪やピアスで派手な見た目をしているものの中身はふわふわしている人。誰かを傷つけてしまわないような記事を心がけています◎。10年の夜職経験を生かし『アニギャラ☆REW』では「アニメで学ぶ恋愛術」を連載中。

 

※サムネイル画像:Amazonより

©ナガノ/ちいかわ製作委員会

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.