【コナンクイズ】松本清長の後任として登場した人物は?

 松本清長は、初登場時の階級は警視であり、捜査一課の管理官として活躍していました。顔に大きな刀傷があり体格も良いことから、怖い人物にも見えますが、非常に正義感の強い人物です。

 ストーリーの途中で警視正に昇進し、管理官から離れることになりました。後任として新たなキャラクターが登場しましたが、その人物とは誰でしょうか?

①脇田兼則
②大和敢助
③黒田兵衛

 

◆大柄で義眼が特徴

 黒田が初めて登場したのは「県警の黒い闇」です。当時は長野県警捜査一課の人物として登場しましたが、その後、松本清長の後任として警視庁捜査一課の管理官に就任しました。つまり正解は③です。

 黒田の特徴は、大きな体と右目が義眼である点です。この特徴が、黒の組織のラムの特徴と一致していたため、コナンは警戒していました。その一方で、黒田はコナンのことを高く評価しており、「眠りの小五郎の知恵袋」と呼んでいます。

 ①の脇田兼則は、毛利探偵事務所の隣にある寿司屋で働く板前です。左目に付けた眼帯と出っ歯が特徴で、自らを「アッシ」と呼んでいます。小五郎の弟子となっていますが、その正体は黒の組織のナンバー2であるラムであることが分かっています。

 ②の大和敢助は、長野県警の警部です。片目が隻眼であること、杖を使用していることが特徴です。同じく長野県警の諸伏高明とは小学校からの同級生であり、常にライバル視しています。また、隻眼であることから、コナンはラムではないかと疑っていた時期がありました。

〈文/アニギャラ☆REW編集部 @anigala01

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.