秋から冬にかけて「ここまでヒットするのか」と驚かされたTVアニメが『薬屋のひとりごと』。金曜ロードショーとの連携を行なった『葬送のフリーレン』のような施策をしたわけでもないこのアニメが、ここまで高い人気を獲得しているのは驚きです。なぜこれほどまでに人気作となったのか。そこにはいくつかの秘密があります。

◆知る人ぞ知る名作だった!? 既に秘めていたポテンシャル

 まず大前提としてTVアニメ化以前から『薬屋のひとりごと』という作品は知る人ぞ知る人気作品だったことを知っておかねばなりません。

 もともとTVアニメ『薬屋のひとりごと』は日本最大の小説投稿サイト「小説家になろう」で日向夏(ひゅうが なつ)さんが発表した同名の小説を原作とするいわゆる“なろう系”と称される作品でした。発表は2011年にまでさかのぼり、当時からその人気により翌年には単行本化を果たしています。

 2017年にはアニメ化に先駆けて、漫画化を果たします。ここでも異例なのが『月刊ビッグガンガン』と『月刊サンデーGX』という2種類の別出版社のコミック誌でまったく別のコミカライズが始まっている点です。

 作中の恋愛要素にフォーカスした前者に対し、後者はミステリー要素にフィーチャーした作風で連載され、既に一つのコンテンツで二つの軸が備わっていることが漫画化の時点で目に見える形となっていました。

 この連載はどちらも2024年現在も連載が続いて単行本は10巻以上発売されている人気作となっており、小説だけでなく漫画から本作を知ったというファンも培ってきた作品なのです。

◆実はかなりのジャンルミックス作品だった!

 小説や漫画などの人気が現在のヒットを生み出したのか、と言われればそれだけではないでしょう。それとなく見始めた人も引きつける“作品力”を持った作品だったこともこのアニメが広まった要因です。

 もともとは身分が低かった猫猫が、まだ医療知識が広まっていない世界で知識を武器に活躍していく様子は、昨今の流行ジャンルでもある別世界では最強の主人公がその才能で活躍し、成り上がっていくタイプの作品に通じるものがあります。

 かと思えば、後宮でも大人気の美形の宦官・壬士に猫猫はなぜか気に入られるものの、そんな猫猫は周囲に反してまったく壬士に興味を持たなかったのですが、数々の事件を経て次第に親密になっていく二人の関係は、まさに王道なラブストーリーでもあります。

 回を追っていくと猫猫がわざと醜くなる化粧を施していたり、壬士がただの宦官ではなかったと明らかになるなど、徐々に二人の秘密が明らかになっていくなど、話の推進力を途絶えさせない見せ方も見事です。

 そもそも世界観的には後宮物でもあるのですが、国設定などは架空のものなのでファンタジージャンルでもあったり、そこに推理物としての面白さが加わっていきます。

 このように多くのジャンルが盛り込まれていて実はかなり訴求力の高い内容となっていたのです。

◆映像化の本気! しっかり面白く魅せるアニメ化

 そして輪をかけて見事なのが、その高いポテンシャルを活かす手堅いアニメーションです。

 派手なバトルこそないものの、古代中国の生活自体が面白く見えるような日常芝居でも楽しませ、個性的なキャラクターの豊かな喜怒哀楽と緩急をつけたディフォルメ・シリアスのビジュアルの変化のリズムが気持ち良いです。

 このアニメの制作は社名を新たに再出発を果たしたTOHO animation STUDIOと、『ポケットモンスター』シリーズで知られるOLM社のタッグ。無数のアニメーション制作会社が活躍する中で、満を持して“東宝”の名を冠した会社で打ち出していくタイミングでの作品なので、企画としても気合が入っていることでしょう。

 毎話の簡潔な“事件”を描いていくことで、見ている側を飽きさせないのもTVアニメという媒体にバッチリはまっています。

 簡潔と言っても一話完結の物語かと思ったエピソードすら、しっかり後に活きてくるのだからこれがまた見事。見れば見るほど面白くなっていく『薬屋のひとりごと』は実は然るべくしてヒットした企画でした。

 これまでこそ“知る人ぞ知る”作品だった『薬屋のひとりごと』ですが、このヒットはもはやこのアニメを“誰もが存在を知る”作品に押し上げたと言っても過言ではないでしょう。

〈文/ネジムラ89〉

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレターを配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

 

※サムネイル画像:https://kusuriyanohitorigoto.jp/episodes/21.htmlより


アニメ「薬屋のひとりごと」公式サイト
©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

関連する記事

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.