(Sponsored)

株式会社マリカーさんがいに任天堂に訴えられる報道が流れました。

マリオの登場キャラクターの衣装でカートに乗って町中を滑走できるというサービスを、提供していた会社です。東京に行くと度々、マリオの衣装を着た人がカートで走っていて、「面白いサービスだなぁ」なんて眺めておりました。

オフィシャルではないことはなんとなく感じられましたが、直々に任天堂さんから公に指摘を受けた以上、路上でマリオカートをしている姿はもう拝めなさそうな気はします。

マリカー

画像引用元:Wikimedia Commons
作者 MIKI Yoshihito (MARIO CART.) [CC BY 2.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

そんな矢先、「今度はディズニーキャラクターの衣装を貸し出して、同サービスを続けているなんて情報がありました・・・」。

ディズニーキャラクターなら、レースゲームがないから安心安心・・・んて言ってられないぐらい、ディズニーも版権には厳しかったりするので今度はディズニーから文句を言われるなんて事態もあるかもしれません。

で、今回はそんなディズニーキャラクターを使ったレースゲームが“実は存在する”のでそれを紹介します。

(Sponsored)

ディズニー版マインクラフト『ディズニーインフィニティ』

ディズニーインフィニティ

画像引用元:ディズニー インフィニティ スターター・パック - Wii U販売元:バンダイナムコエンターテインメント

ディズニーキャラクターを用いたレースゲームは実は複数あるのですが、中でも比較的新しめなゲームソフトが『ディズニーインフィニティ』です。

PlayStation3、Xbox360、WiiUなど複数のゲーム機向けにリリースされています。

内容はまさにディズニー版の『マインクラフト』(『マインクラフト』を知らない人はぐぐったりしてください)

連動したチップやフィギュアを専用の機械で読み込む事で、ディズニーに映画に登場したキャラクターや舞台、アイテムなどを自由自在に配置する事ができるサンドボックスゲームです。

注目はアニメキャラクターだけでなく、『パイレーツオブカリビアン』シリーズや、『アベンジャーズ』などのマーベル映画、『スター・ウォーズ』キャラクターなどディズニーの実写作品も登場します。

そして、少しテクニックは必要なものの、アクションゲームやシューティングゲーム、レースゲームになるようにプログラムする事も可能です。この『ディズニーインフィニティ』はまさにどんなディズニーゲームでも作れてしまう夢のゲームなんです。

「じゃあ、厳密にはレースゲームではないじゃないか!」

と言われてしまえばそうなんですが……実はあるチップを手に入れると、あっという間にレースゲームのプログラムを再現することができてしまいます。

簡単レースゲーム化チップ「トイボックススピードウェイ」

レースゲームをすぐ楽しめてしまうチップ・・・。

それがこの“トイボックススピードウェイ”です!

トイボックススピードウェイ

<著者私物>

<著者私物>

別売りのこのパッケージにはすでに制作されたレースゲーム用のプログラムが入ったチップが入っています。

これを読み込めば、あっという間にレースゲーム用のプログラムだけでなく、完成度の高いコースや、試合のモードなどが即座に楽しめます。

収録されたレースコースには『アナと雪の女王』『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『シュガーラッシュ』『ベイマックス』『モンスターズインク』など近年の作品も含む様々なディズニー作品をモチーフにしたコースが沢山入っています。

モチロン前述のフィギュアを読み込む事でミッキーやドナルドだけでなく、アナやベイマックスといったキャラクターでコースを走る事ができます。

アナ雪 ディズニーインフィニティ

ディズニーファンもビックリの光景だ!!
Disney Infinity Toy Box Set-Frozen (輸入版)販売元:Disney(ディズニー)

逆を言えば別にフィギュアも買わないといけなので、やや費用は嵩みますが、多くのシリーズを跨ぐ夢の競演を実現させた本作はまさに“ディズニーカート”と言えるゲームなのです。

ただ残念ながらこのチップは日本未発売!

私もわざわざ海外から取り寄せて、購入したものです(私物)。

こんな上質なゲームが楽しめるのに、日本向けに売ってくれないなんて、ちょっとずるいですよね。なぜそんな事態になっていたのでしょうか……。

(Sponsored)

実はサービス自体が終了したばかりのシリーズ

そもそも、売り上げに苦戦していたような気配もあった作品なのも確かだったりします。後期の「インサイドヘッド」「スター・ウォーズ」の連動フィギュアはAmazonさん限定販売だったり、『ズートピア』『ファインディングドリー』などそもそも日本未発売のキャラクターフィギュアも存在します。

『ディズニーインフィニティ』自体の知名度も日本では低く、販売状況に苦戦していそうな関連アイテムの販売状況となっておりました。

本国のアメリカでも遂に採算が合わなくなったようで、昨年このゲームシリーズの展開の終了を正式に発表しました。

長期間に渡るフィギュアとゲームを連動させた『ディズニーインフィニティ』は'13年末のスタートから、およそ3年の時を経て'16年に幕を閉じました。残念ながら任天堂のゲーム連動フィギュアamiboのような成功には至らなかったようです。

もしこの『ディズニーインフィニティ』がヒットしていれば、株式会社マリカーさんがディズニー衣装を貸し出している様を見て「ディズニーインフィニティみたい!」と叫ばれていたのでしょうか。そうじゃない未来を迎えてしまった今に、ディズニーインフィニティファンとして少し残念な気持ちを抱いております。

ディズニーキャラクターのレースゲームで遊びたいというそこのあなた!

ゲーム機、ゲームソフト、レースゲーム用チップ、キャラクターフィギュアetc.と揃える物が多くて、敷居は高いですが、ディズニーのレースゲームの決定版であることはマチガイナイので、ぜひこの『ディズニーインフィニティ』をオススメしますよ。

(Edit&Text,Photograph/ネジムラ89

【今この記事も読まれています】


Disney INFINITY
© 2013 Disney © 2013 Disney/Pixar

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事