絶賛放送中の秋アニメ『半妖の夜叉姫』。高橋留美子先生原作のアニメ『犬夜叉』の続編ということで、放送前からかなり話題になっていました。

半妖の夜叉姫 アニメ 画像<画像引用元:http://hanyo-yashahime.com/ より引用掲載 ©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020>

 まだ観たことが無くても、気になっている方はかなりいるのではないでしょうか?

 実際、放送が始まってみると、キャラクターや物語の設定にファンを喜ばせるポイントがたくさんある名作だと判明! SNS上では多くの喜びの声が見受けられました。

 そこでこの記事では、『半妖の夜叉姫』の概要や魅力を紹介! パパっと予習して、見逃し配信で今から追いつきましょう!

 また、117日から開催される展示会「犬夜叉-アニメの軌跡展-」の情報もお届けしますのでお見逃しなく。

◆16年ぶりの続編!殺生丸の娘が主人公の『半妖の夜叉姫』

半妖の夜叉姫 とわ かっこいい 画像<画像引用元:http://hanyo-yashahime.com/episode/03/ よより引用掲載 ©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020>

  『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の次の世代を描いた作品。殺生丸の娘「とわ」と「せつな」、犬夜叉とかごめの娘「もろは」を主人公に物語が展開する、『犬夜叉』の続編作品です。

 犬夜叉とかごめは、『犬夜叉』のラストで結婚していますので、娘の登場は「分かる」といったところですが、殺生丸の娘が2人も出てくる展開には正直「まさか」といったところ。

 となると、気になるのがとわとせつなの母親ですが、今現在母親は明らかにされていません。『犬夜叉』のラストでりんと親密な仲になっていたのでその筋が濃厚ですが、まだそれを証明する確証が無い状態です。

 彼女たちは戦国時代と現代の両方で妖怪退治を繰り広げますが、その常人離れした強さは、やはり殺生丸や犬夜叉の子どもといったところ。まるで『犬夜叉』の戦闘シーンを見返しているようです。

 また、『犬夜叉』に登場したキャラクターたちも多く登場! かつてのキャラクターたちのその後を見届けられる点も嬉しいところです。

◆『犬夜叉』を思い出して感動するファンが続出

半妖の夜叉姫 かっこいい 画像02

  覚えているでしょうか? 16年前、『犬夜叉』の後に『名探偵コナン』が放送されていたことを。『半妖の夜叉姫』の後も『名探偵コナン』が放送されており、実に16年ぶりに『犬夜叉』から『名探偵コナン』の流れが再現されたのです。

 これには『犬夜叉』のファンも思わずほろり。SNS上では、『犬夜叉』放送当時を思い出して懐かしむ声が多く見受けられました。

 また、前作から物語が連続しているのも『犬夜叉』ファンに嬉しいところ。

 珊瑚、弥勒、雲母などの、かつて活躍したキャラクターたちが多く登場しますし、世界観の基本設定も前作と変わらないため、設定を引き継いでその先を見せるという、ファンが本当に見たかった物語となっています。

 そして、『犬夜叉』で登場したキャラクターたちが、時が経っても不幸になっていないのも大きなポイント。推しキャラがいるファンを泣かせることのない、嬉しい配慮と言えます。

 そのほかにも、物語の各所に『犬夜叉』ファンが「あっ!」と喜ぶポイントが散りばめられています。16年前、『犬夜叉』に夢中になっていた方は、絶対に視聴すべきアニメとなっています。

◆東京・池袋パルコで117日から展示会開催!『半妖の夜叉姫』の原画も

犬夜叉-アニメの軌跡展- 画像<画像引用元:https://www.inuyasha-anime-exhibition.com/ より引用掲載 ©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2009>

 ここで皆様に嬉しいお知らせが!

 なんと、来る11月7日、東京・池袋パルコにて『犬夜叉』初の展示会・『犬夜叉-アニメの軌跡展-』が開催されます!

⇒オリジナルサイトで全ての写真を見る

 会場では『半妖の夜叉姫』の原画や絵コンテなどが公開されるほか、『犬夜叉』に登場したキャラクターの立像、物語のきっかけである「骨喰いの井戸」の展示、殺生丸の愛刀である「鉄砕牙」や「天生牙」の展示などが予定されています。

犬夜叉-アニメの軌跡展- 画像02<画像引用元:https://www.inuyasha-anime-exhibition.com/ より引用掲載 ©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2009>

  開催までもう少し時間があるので、『半妖の夜叉姫』の履修と『犬夜叉』を復習をして、今年の秋は『犬夜叉』の「井戸」にハマってみるのはいかがでしょうか?

犬夜叉 -アニメの軌跡展- 公式サイト

(Edit&Text/からすけ)

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る


半妖の夜叉姫

©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事