『涼宮ハルヒ』シリーズ(著:谷川 流、イラスト:いとうのいぢ)の完全新作となる小説『涼宮ハルヒの直観』が、角川スニーカー文庫より2020年11月25日(水)に発売されることが発表された!

 それに合わせて、本日8月31日、『涼宮ハルヒの直観』作品ページとシリーズ初となる公式Twitterアカウントも開設された。

 『涼宮ハルヒ』シリーズは、累計2,000万部を超える角川スニーカー文庫の大人気作品。TVアニメ化・劇場アニメ化をはじめとする数多くのメディアミックスを果たした本作は、2000年代を代表するライトノベル作品として今もなお人気を集め続けている話題作だ。

 今回発売が発表された『涼宮ハルヒの直観』は、前作『涼宮ハルヒの驚愕』から9年半ぶりの完全新作であり、全国書店・ネット書店での予約受付が9月1日(火)0時より順次開始される。

 『涼宮ハルヒの直観』には、『いとうのいぢ画集 ハルヒ百花』収録の「あてずっぽナンバーズ」、『ザ・スニーカー LEGEND』収録の「七不思議オーバータイム」、そして250ページを超える完全書き下ろしエピソードとなる「鶴屋さんの挑戦」が収録されるという。

 最新情報は随時作品ページと公式Twitterアカウントから発信されるので、ぜひチェックしてみてほしい。

▼『涼宮ハルヒの直観』作品ページ

https://kimirano.jp/special/haruhi_chokkan/

▼「涼宮ハルヒ」シリーズ公式Twitter

https://twitter.com/haruhi_official/

(Sponsored)

◆『涼宮ハルヒの直観』書籍情報

 不思議も異変もない日常を、ハルヒとSOS団の「直観」が読み解く!

 250ページを超える完全書き下ろし「鶴屋さんの挑戦」に、画集・雑誌に収録された2編の短編を加えた待望の最新刊!

▼収録内容

■「あてずっぽナンバーズ」※『いとうのいぢ画集 ハルヒ百花』収録

 SOS団総出の初詣。鶴屋さんから借りたという着物に身を包んだ、ハルヒと長門と朝比奈さんはなかなか壮観だった。そんな中、古泉がふと呟いた数字の意味とは――

■「七不思議オーバータイム」※『ザ・スニーカー LEGEND』収録

 初夏の気配を感じる放課後。ハルヒ不在の部室に、ある珍客が訪れる。ミステリ研究部に所属する彼女が言うには、ハルヒが「学校の七不思議」に興味を持っているらしく――

■「鶴屋さんの挑戦」※書き下ろしエピソード

 滅多に使われないSOS団直通アドレスに、ふいにメールが届く。差出人は現在旅行中で学校を欠席している鶴屋さんだった。「問題を出すから、皆の衆には解答をお願いするよ」というメールに添付されていたのは、謎の旅の思い出話。それは、鶴屋さんからSOS団への挑戦状だった――

▼書籍情報

  • タイトル:『涼宮ハルヒの直観』
  • 著者:谷川 流 イラスト:いとうのいぢ
  • レーベル:角川スニーカー文庫 発行:株式会社KADOKAWA
  • 定価:本体720円+税 発売日:2020年11月25日
  • ISBN:9784041107928
(Sponsored)

◆関連情報

▼『涼宮ハルヒの直観』作品ページ

https://kimirano.jp/special/haruhi_chokkan/

▼「涼宮ハルヒ」シリーズ公式Twitter(@haruhi_official)

https://twitter.com/haruhi_official

▼角川スニーカー文庫公式サイト

https://sneakerbunko.jp/

▼角川スニーカー文庫公式Twitter

https://twitter.com/kadokawasneaker

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)
タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事