(Sponsored)

 アニメ『鬼滅の刃』に登場する鬼殺隊には、それぞれに人語を話す鎹烏(カスガイカラス)が宛がわれています。

 にも関わらず、我妻善逸にはカラスではなくスズメがついていますよね! 可愛いけども!!! スズメなので「チュンチュン」としか鳴けず、意思疎通とままなりせん。なのになぜスズメ!? と気になっている人は多いのでは?

 そこで今回は、「なぜ善逸の鎹だけスズメなのか?」を真面目に考察してみました。

(Sponsored)

鎹烏とは?

 まずは、鎹烏についてざっくりまとめると……、鬼殺隊は全国に散らばって活動しているため、通信手段の構築は必要不可欠です。しかし、炭治郎や善逸が生きているのは大正の時代なので、電話やメールなんて普及していません。そこで、使われているのが鎹烏なのです。鎹烏は伝書鳩のような役割ですが、手紙を運ぶのではなく、直接カラスが人語を話すことで任務を伝えています。

鬼滅の刃 鎹烏 画像

画像引用元:https://kimetsu.com/anime/story/?story=11 より引用掲載 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 スズメは人語を話せないのにどうやって善逸に任務を伝えているのか疑問ですよね。第11話でなぜか炭治郎はスズメの言葉が理解でき、スズメが「善逸がずっとそんなふうに(任務に)行きたがらないし、女の子にすぐちょっかい出すし、イビキもうるさくて困ってる」と言っていました。このことから、スズメは話すのではなく伝書鳩のように手紙などで任務を伝えていると考えられます。

聴覚が特化している善逸に配慮した?

 善逸は、普通の人より優れた聴覚を持っていますよね。

善逸 鬼滅の刃 画像

画像引用元:https://kimetsu.com/anime/story/?story=11 より引用掲載 ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 そんな耳が良すぎる善逸にとってカラスの鳴き声は甲高く煩すぎるため、スズメになったのではないでしょうか。意思の疎通ができないのは、単純に相性が悪かっただけだったりして(笑)。

カラスが不足していた?

 鎹烏は鬼殺隊一人につき一羽は必要です。そんなにたくさんカラスを集めるのも育てるのも大変ですよね。だから不足を補うためにスズメが採用されたのではないでしょうか。

鎹烏 かすがい 画像 鬼滅の刃

画像引用元:https://kimetsu.com/anime/character/?chara=kasugaikarasu ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

伏線の可能性

 逢魔が時の別名に雀色時という言葉があります。逢魔が時は、昔から鬼や妖怪と遭遇する時間であると考えられてきました。さらに雷もまた不吉なイメージがあるので、雀・鬼・雷すべてに関係している善逸の身近なところ(例えば家族とか)で、不吉なことが起こるような・・・そんな伏線につながっている気がします。

 

――なぜ善逸の鎹だけスズメなのかを考察してみましたが、いかがでしたか?  難しいことを考えてみましたが、実は単に善逸にはスズメがピッタリだろうという原作者の遊び心なのかもしれませんね。

 かく言う私も善逸とスズメのコンビは大好きなので、今後の活躍を期待しながら観ていこうと思います♡

(Edit&Text/魔法使い鳥々エリー)

Amazon.co.jpで買う

2019年夏アニメ記事

◆関連する記事

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事