<PR>

TVアニメ『アストロノート』

◆オープニング映像が伏線だった!しっかりハッピーエンドへ

 実はこのあとの禰豆子の顛末も、オープニング映像と連動した仕掛けが用意されていました。

 禰豆子の犠牲をもって無事に炭治郎は半天狗の首を刈ることに成功します。普段なら喜ぶところなのですが、炭治郎は禰豆子を失ったショックに倒れ込んでしまいます。しかし、ここで奇跡が起こります。禰豆子は陽の光を克服し、炭治郎の前に再び現れます。最悪の結果から、最高の結果へと転じる感動的な場面でした。

 実はこの結末はオープニング映像からすでに伏線が張られていました。

 オープニング映像の最後のシーンでは、優しく切ない笑顔で佇む炭治郎と甘露寺蜜璃や時透無一郎、不死川玄弥や刀鍛冶の里の面々までが並んで立っていますが、唯一そこには禰豆子だけがいません。そして最後のカットに残されているのが、地面に転がっている禰豆子が口枷として使っていた竹筒です。

 このカットは禰豆子が犠牲となっていなくなってしまう顛末にも受け取れますし、最終話のこの顛末を見ると炭治郎の視線の先と笑顔の真意が分かるようになっています。

 最後までハラハラさせる仕掛けでもあり、終わってみると禰豆子が陽の光を克服する展開が示唆されていたのかと気づける仕掛けだったわけですね。残念ながら第11話ではオープニング映像は流れないので、映像配信サービスや今後のディスクリリース時に見返してみるとよいでしょう。

◆しっかり大団円を迎えた物語はまだまだ続く

 フィナーレを迎えた『「鬼滅の刃」 刀鍛冶の里編』は、最後に禰豆子や甘露寺がなんども口にするように「よかったね」という声が自分達からも漏れるような大団円のシリーズとなりました。ここまでシリーズを追ってきた人たちも多幸感に満たされる、結末だったでしょう。

 そんな『鬼滅の刃』シリーズは早くも続編TVシリーズの制作を発表しました。その名も「柱稽古編」。詳しい放送時期などはまだ発表されていないものの、今回の刀鍛冶の里には現れなかった柱の面々の描き下ろしティザービジュアルが早くも発表されています。

 本編の中以外でも嬉しいサプライズを用意してくれているのがさすが『鬼滅の刃』。最終回だからとただ放送時間を長くしたわけでなく、粋な演出や様々なサプライズを用意してくれた制作陣の手厚さに拍手を送るとともに、今後の展開にも大いに期待をしていきたいところです。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。

〈文/ネジムラ89〉

created by Rinker
¥481 (2024/06/16 06:18:49時点 Amazon調べ-詳細)

《ネジムラ89》

アニメ映画ライター。FILMAGA、めるも、リアルサウンド映画部、映画ひとっとび、ムービーナーズなど現在複数のメディア媒体でアニメーション映画を中心とした話題を発信中。缶バッチ専門販売ネットショップ・カンバーバッチの運営やnoteでは読むと“アニメ映画”知識が結構増えるラブレターを配信中です。Twitter⇒@nejimakikoibumi

※サムネイル画像:YouTubeチャンネル『アニプレックス チャンネル』より


アニメ「鬼滅の刃」公式ポータルサイト
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

※タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します

※無断複写・転載を禁止します

※Reproduction is prohibited.

※禁止私自轉載、加工

※무단 전재는 금지입니다.