(Sponsored)

「リア充爆発しろ」

 「リアル(現実世界)が充実している人=リア充」に対するこのフレーズは、アニメや漫画などの仮想世界で生きるいわゆる“オタク”の人がよく使うネットスラングだったと思ったのですが、最近は全然そういったエンターテイメントに浸かっていない人も、日々が満たされている人を妬ましく思ったり、疎ましく思ったり、もしくは羨望の気持ちを込めて一般的に使うスラングになってきている様です。

 そんなこの言葉を使ったことがある人には、たまらないものがある映画がついに公開を迎えます。

 それが『きみと、波にのれたら』です。

きみと、波にのれたら 画像

画像引用元:https://kimi-nami.com/ より引用掲載 ©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

(Sponsored)

ラブラブな二人から始まる物語

 主人公は大学生の女の子、向水ひな子ちゃん。消防士の雛罌粟(ひなげし)港くんと出会い、あっという間に惹かれ合い、恋人同士へと発展していきます。ここからの流れが悶絶もの。二人がラブラブなひと時を過ごす幸せな映像が、二人が仲良く歌う主題歌の「Brand New Story」と共に流れます。見事なまでのリア充描写となっており、非リア充にとっては羨ましく思う夢のような映像か、はたまた拷問級の地獄のような映像か。どちらにしても無感情ではいられない姿を見せつけられます。

 実はこのシーン、物語のまだまだ序盤。こんなに早い段階で二人が幸せの絶頂を迎えるわけですから、必然と言えば必然なのですが、この直後、二人にとって決定的な辛い局面を迎える展開が待ち受けています。あれだけ仲の良かった二人が迎える展開ですので、たとえこの展開を予想できていても、衝撃を感じられるでしょう。

映画の作中にも登場する非リア充キャラクター?

 二人が具体的にどんな展開を迎えるかは、映画を観ていただくとして、物語の転機として二人にはある悲しい展開が待ち受けています。あれだけラブラブしていた二人に残酷な試練が訪れてしまうということに、素直に悲しいと思える人も居れば、ざまぁみろなんて思える人も居るのかもしれません。まさにリア充爆発しろ、の感情です。

 ただ、そんなリア充爆発しろ派に注目して欲しいキャラクターが居ます。それが作中、港くんの妹として登場する雛罌粟洋子ちゃんです。

 この洋子ちゃんがすごく魅力的なキャラクターなのです。なにを隠そう、この洋子ちゃんこそまさにリア充爆発しろサイドのキャラクターなのです。

 洋子ちゃんは、いつもぶっきらぼうな態度で「恋なんて」と思っている女の子。ひな子ちゃんと港くんのラブラブな様に対しても、冷めた態度で悪態をつきます。

 ですがそんな洋子ちゃんも、ある悲劇を迎える二人に対して、意外な立ち回りを見せます。落ち込むひな子ちゃんを乱暴ではありながら気遣う素振りも見せたり、導く役割を担っていくのです。そして実は洋子ちゃん本人も、打ち明けられないでいる秘めた思いや悩みがある、ことが明らかになっていきます。そんな人間味溢れる洋子ちゃんの姿は、映画の中でも特に魅力的なキャラクターとして映りました。

「リア充爆発しろ」と漏れてしまうあなたにこそ観て欲しい

 映画には、他人の迷惑や危険も顧みず、迷惑行為や不法行為に手を染める自分本位な若者たちが登場します。彼らもある意味、他人の人生を顧みない「爆発しろ」サイドの存在と言えるでしょう。同じ「爆発しろ」サイドでも、若者たちと洋子の明確な違いは、他者を傷つけてまで自分の気持ちを満たそうとするような行為を非難できる人間であるかかもしれません。口先では荒いことを言いながらも、周りのことを実は気にかけることができる洋子は、明確に彼らとは別の存在です。

 ひな子ちゃんと港くんの見ていられないほどのイチャつきぶりだけを切り取って眺めると、呆れてしまうという人も多いと思うのですが、出会いや悲劇の顛末のその後など、もっと長い軸で生きざまを眺めていくと、ひな子ちゃんや港くんに対して「リア充爆発しろ」なんて言えない気持ちも芽生えてくるのではないでしょうか。

 僻みや妬みを口に出してしまう人も、心のどこかで周りの人の人生を想像しながら生きてみると、なにか見え方が変わるような気もします。そんな教訓に気づくことができれば「爆発しろ」サイドのあなたも波に乗れる瞬間が訪れるのかもしれません。それは映画で洋子が迎える、ひな子達とはまた別の“とある結末”のように。

(Edit&Text/ネジムラ89)

【今この記事も読まれています】

Topページに戻る

(Sponsored)


映画『きみと、波にのれたら』【公式サイト】

©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

タイトルおよび画像の著作権はすべて著作者に帰属します
(Sponsored)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事